また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1317798 全員に公開 沢登り箱根・湯河原

未知の滝を探して-深沢左股↑-中尾沢↓ すごい滝があった

日程 2017年11月21日(火) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
幕山の無料駐車場に駐車。朝7:30で仕事車が数台のみ。帰りには満車だった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間5分
休憩
58分
合計
7時間3分
S幕山登山口07:4607:57吉浜財産区記念碑08:09大石ヶ平08:1308:38土肥大杉跡分岐12:40六方の滝13:3013:34六方の滝分岐13:3813:54土肥大杉跡分岐14:18大石ヶ平14:30吉浜財産区記念碑14:48幕山登山口14:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
(1)幕山〜深沢横断地点:最初は舗装林道、ダンプが通るので注意。林道からは、笹が刈りはらわれた道。
(2)深沢横断点〜深沢〜二股:水量はかなりある。大きな岩や倒木が多いので、遡行には時間がかかる。沢水は膝下位。
(3)二股〜左岸大滝:右股に入ってすぐには3m+5m滝がある。(左股の支沢の間違い)左股は、左岸から25m位の大きな滝が落ち、その下はわさび畑跡。さらに進むと40mの大滝が左岸に落ちる。2条になっており、ガータゴヤの滝より大きい。期待していたが、こんな滝があるとは本当にびっくりした。すごい、まさに幻の滝だ。中尾沢の柱状節理滝を六方の滝と言うなら、これは立方の滝だ。深沢の水量は大部分はこの滝からくるようだ。その後、水量は極端に減り、その先は8mの涸れ棚に妨げられる。棚下段からとりつき、移って右の溝状から上がれる。
(4)深沢上部〜すごい藪尾根〜中尾沢上部:どこを上っても、びっしり生えた熊笹に四苦八苦。おまけに、中に野イバラやタラの木があり、手袋でも痛い。手首、首筋に擦り傷多数。尾根上でも熊笹がびっしりで、歩けるような状態ではない。無理やり尾根を越えて下ると、林道があった。林道は中尾沢上部を横切っていた。地図にはない。逆に地図にあるはずの破線経路は多分無いだろう。
(5)中尾沢:これと言った滝は無いので下るのは安全。最後は柱状節理滝で終わる。その後新崎川左岸経路を歩いて帰った。

写真

工事ヶ所。右の経路に入る。
2017年11月21日 08:22撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工事ヶ所。右の経路に入る。
なるほど。Jスリット堰堤を作っているのか。数年前から作っているようだが。
2017年11月21日 08:24撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なるほど。Jスリット堰堤を作っているのか。数年前から作っているようだが。
深沢の横断点。ここから遡行開始。
2017年11月21日 08:44撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深沢の横断点。ここから遡行開始。
小滝。水量はかなりある。小さな沢なのに、何故水量が豊富なのか?後で分かる事になる。
2017年11月21日 08:48撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝。水量はかなりある。小さな沢なのに、何故水量が豊富なのか?後で分かる事になる。
1
きれいな沢床。
2017年11月21日 08:55撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな沢床。
1
少し開けた所。
2017年11月21日 08:55撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し開けた所。
大きな石があり、遡行しにくい。
2017年11月21日 08:59撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな石があり、遡行しにくい。
2条小滝。
2017年11月21日 09:02撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2条小滝。
アレッ!わさびか?
2017年11月21日 09:14撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アレッ!わさびか?
5
小滝が続く。
2017年11月21日 09:15撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝が続く。
たまに三脚とND+コンデジ夜景モードで写真を撮る。
2017年11月21日 09:19撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまに三脚とND+コンデジ夜景モードで写真を撮る。
3
ここはきれい。
2017年11月21日 09:32撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはきれい。
8
小滝の連続。
2017年11月21日 09:38撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝の連続。
リラックスできる所。
2017年11月21日 09:43撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リラックスできる所。
またまた、わさび。(後に理由が分かる。)
2017年11月21日 09:46撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた、わさび。(後に理由が分かる。)
2
小滝と淵。
2017年11月21日 09:50撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝と淵。
2
斜め小滝。この滝は面白い形をしている。この先が二股の様だが、良くわからなかった。
2017年11月21日 10:03撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜め小滝。この滝は面白い形をしている。この先が二股の様だが、良くわからなかった。
4
左股に入ってすぐに左岸から2段の滝が見えたので行ってみると、かなりの水量の滝、2m+5mだった。
2017年11月21日 10:11撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左股に入ってすぐに左岸から2段の滝が見えたので行ってみると、かなりの水量の滝、2m+5mだった。
2段、2m+5m位かな。この先にもまだ滝があるようですが、この時は知らなかったので、先に行きませんでした。
2017年11月21日 10:14撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段、2m+5m位かな。この先にもまだ滝があるようですが、この時は知らなかったので、先に行きませんでした。
左股に戻ります。
2017年11月21日 10:20撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左股に戻ります。
下る途中。これはクレソンかな?毒セリでなければいいんだが。
2017年11月21日 10:21撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下る途中。これはクレソンかな?毒セリでなければいいんだが。
1
左股を遡行します。
2017年11月21日 10:22撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左股を遡行します。
左岸に石積が出て来た。なんだ?
2017年11月21日 10:23撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸に石積が出て来た。なんだ?
アッ! わさび田跡だ。昔、こんな所に人が入っていたのか!
2017年11月21日 10:28撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アッ! わさび田跡だ。昔、こんな所に人が入っていたのか!
7
わさび田の上は25m位の大きな滝になっている。写真ではわかりにくいが、この滝もすごい。この滝の水を利用してるんだな。
2017年11月21日 10:28撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わさび田の上は25m位の大きな滝になっている。写真ではわかりにくいが、この滝もすごい。この滝の水を利用してるんだな。
3
確かにわさび田跡だ。
2017年11月21日 10:37撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確かにわさび田跡だ。
3
さらに遡行します。
2017年11月21日 10:39撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに遡行します。
出てきた−!!すごい。これを期待してたんだ!滝部分だけでも35m位ある。下まで入れると40m以上だ。それも2条になっている。
2017年11月21日 10:43撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出てきた−!!すごい。これを期待してたんだ!滝部分だけでも35m位ある。下まで入れると40m以上だ。それも2条になっている。
9
左側。中尾沢の柱状節理滝を六方の滝とするなら、これは立方(または正方)の滝だ。
2017年11月21日 10:48撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側。中尾沢の柱状節理滝を六方の滝とするなら、これは立方(または正方)の滝だ。
7
画角に入りきらない。ガータゴヤの滝よりもずっと大きい。
2017年11月21日 10:49撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
画角に入りきらない。ガータゴヤの滝よりもずっと大きい。
9
もう一つ。
2017年11月21日 10:50撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一つ。
1
2条の右の滝。
2017年11月21日 10:53撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2条の右の滝。
2
名残惜しいが、最後にもう一枚。すごいな!(写真ではこのスケールがわかり難い。)
2017年11月21日 10:53撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいが、最後にもう一枚。すごいな!(写真ではこのスケールがわかり難い。)
5
さらに遡行します。オッ、水量がぐっと減る。やはり前の立方の滝が深沢の水量の主要因だな。
2017年11月21日 11:00撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに遡行します。オッ、水量がぐっと減る。やはり前の立方の滝が深沢の水量の主要因だな。
倒木も煩わしくなる。
2017年11月21日 11:06撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木も煩わしくなる。
8m涸れ棚に阻まれる。中央からとりつき、右に移って、右の溝状を上った。
2017年11月21日 11:08撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8m涸れ棚に阻まれる。中央からとりつき、右に移って、右の溝状を上った。
涸れ棚の上は普通の沢の源頭。
2017年11月21日 11:16撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸れ棚の上は普通の沢の源頭。
地図に記載されている破線経路がどこだか全く分からない。
2017年11月21日 11:21撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図に記載されている破線経路がどこだか全く分からない。
適当に尾根に向かって登る。この先はどこを登っても熊笹がびっしりと生えている。おまけにイバラやタラの木が痛い。
2017年11月21日 11:46撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
適当に尾根に向かって登る。この先はどこを登っても熊笹がびっしりと生えている。おまけにイバラやタラの木が痛い。
藪が少しまばらになって、やっと写真が撮れた所。これはましな方。ここまで、あちこち歩けそうなところを探しながら登るも、傷だらけ。
2017年11月21日 11:51撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪が少しまばらになって、やっと写真が撮れた所。これはましな方。ここまで、あちこち歩けそうなところを探しながら登るも、傷だらけ。
やっと尾根を超えたら、なんと!林道があった。
2017年11月21日 12:04撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと尾根を超えたら、なんと!林道があった。
降りてきた尾根を振り返って。
2017年11月21日 12:20撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてきた尾根を振り返って。
1
林道は中尾沢上部を横切るので、ここから中尾沢に入渓。
2017年11月21日 12:25撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道は中尾沢上部を横切るので、ここから中尾沢に入渓。
中尾沢は危険はない。
2017年11月21日 12:33撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中尾沢は危険はない。
気を付けて降りる。
2017年11月21日 12:35撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気を付けて降りる。
下方に柱状節理滝の落ち口が見えてきた。
2017年11月21日 12:42撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下方に柱状節理滝の落ち口が見えてきた。
右岸を降りながら写真を撮る。
2017年11月21日 12:47撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸を降りながら写真を撮る。
3
途中から。虹が架かっていた。
2017年11月21日 13:02撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から。虹が架かっていた。
7
スロー撮影にすると虹は映らないようだ。
2017年11月21日 13:03撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スロー撮影にすると虹は映らないようだ。
1
紅葉+柱状節理滝。それでは降ります。
2017年11月21日 13:05撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉+柱状節理滝。それでは降ります。
13
左股の滝。(こっちの沢もいつか遡行しよう。)
2017年11月21日 13:23撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左股の滝。(こっちの沢もいつか遡行しよう。)
1
右股下部の滝。きょうはこれで帰ります。
2017年11月21日 13:27撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右股下部の滝。きょうはこれで帰ります。
2
新崎川のサラサラ滝。
2017年11月21日 13:43撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新崎川のサラサラ滝。
深沢の横断点の木橋。
2017年11月21日 13:49撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深沢の横断点の木橋。
向こうは幕山かな?
2017年11月21日 13:58撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうは幕山かな?
今日も、このトレランシューズが活躍してくれました。
2017年11月21日 14:17撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も、このトレランシューズが活躍してくれました。
5
山の神にお礼を言って駐車場へ帰ります。平日だけど帰りは満車でした。みなさんボルダリングですね。
2017年11月21日 14:30撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の神にお礼を言って駐車場へ帰ります。平日だけど帰りは満車でした。みなさんボルダリングですね。
2
今回のおもなルートです。
2017年11月23日 16:21撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のおもなルートです。

感想/記録

以前、深沢の途中まで遡行しましたが、今日は其の先まで歩く事にしました。何故?って、地図を見ると深沢の左股の左岸には、等高線の詰まった沢が2か所、合わさっている所があり、そこに誰も知らない大きな滝があるのでは?と思って遡行しました。二股の所は良くわかりませんでした。
左股に入るとすぐに、左岸に2段の滝が落ちてました。かなりの水量です。この滝の上にも滝があるようですが、行きませんでした。次に出てくる左岸の滝は、わさび田に利用されているようで、25m位の大きな滝でした。それよりも、こんなところにわさび田跡があることにびっくりです。途中にわさびが生えていたのは納得できました。
三番目に左岸から落ちる滝は、見事な大滝でした。丹沢で例えるなら、ガータゴヤの滝のスケールをさらに大きくしたような滝で、それは見事でした。(滝が得意な人なら登れるかもしれません。)
その後は、深沢の上部から左の尾根を越えて中尾沢へと言う行程ですが、地図にはあるはずの経路がどこにあるのか全く分かりません。(この辺は地図と随分違う事は前から分かっていました。)
適当に尾根を目指すも、どこを上ってもびっしりと生えた熊笹との格闘です。おまけに中に野イバラやタラの木があり、手袋してても痛いです。(帰宅後、風呂で確認すると、両手首と首すじは切り傷だらけでした。)
中尾沢は以前、滝上まで登って、沢自体は問題ないことを知っていたので、そのまま、柱状節理滝まで下りました。
今日は大変でしたが、ほぼ満足のゆく沢歩きでした。
本当に藪が好きな人以外は行かないほうがいいです。藪の中で途方にくれます。


訪問者数:240人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2007/9/15
投稿数: 3396
2017/11/22 14:46
 これはなかなか良い滝で
old-diverさん、こんにちは。

よくこんなマイナーな所を見つけましたね。素晴らしいレコです ちょっと自分では見つけられなかったでしょう。ありがとうございます。
お気に入りに登録して、いつか登ってみたいと思います
登録日: 2012/10/10
投稿数: 139
2017/11/22 15:04
 Re: これはなかなか良い滝で
Futaroさん、こんにちは。自分もびっくりの滝でした。ガータゴヤの滝は周りが開けていて、全体が良く見えますが、この滝は開けてないので、全体の把握が難しいです。左股の最初の支沢の2段の滝を、二股の右股と勘違いしたのですが、地形図をよく見ると、2段の滝の先にもう一つ滝があるみたいで、次にもう一度見ようかと思っています。でも問題はその後、逃げる所がどこにもなく、密集した熊笹との格闘が必要です。突破にはゴーグルや厚手の手袋が必要でしょう。

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ