また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1317872 全員に公開 ハイキング氷ノ山

氷ノ山[ヒョウノセン] … 84座(184座)目の二百名山を最短コースから

日程 2017年11月18日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 飛行機
養父市の関宮で国道9号線から県道87号(関宮小代線)に入り、出合から鵜縄線に入って安井・鵜縄を通り、そのまま進んで瀞川氷ノ山林道に入り道標に従って大段ヶ平(オオダンガナル)に向かうと大段ヶ平に広い駐車場と公衆トイレが有り、そのすぐ先に大段ヶ平登山口が有ります。
*当初の計画では氷ノ山スキー場の東尾根登山口から登って福定親水公園登山口に下り、東尾根登山口手前の駐車場に戻る予定でしたが、福定親水公園手前の奈良尾で通行止めとなっていたので出合まで引き返して大段ヶ平登山口から登ることに変更しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間24分
休憩
56分
合計
3時間20分
S大段ケ平登山口09:3110:02避難小屋10:22神大ヒュッテ10:3811:12氷ノ山11:4012:07神大ヒュッテ12:19避難小屋12:3112:51大段ケ平登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は有りませんでした。
登山ポストは見当たりませんでした。

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

東尾根登山口を目指したものの福定の手前の奈良尾辺りで通行止めの案内板が出てきました。雨も降っているため東尾根登山口からの登山を諦め、最短コースの大段ヶ平(オオダンガナル)登山口から登ることにしてUターンしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東尾根登山口を目指したものの福定の手前の奈良尾辺りで通行止めの案内板が出てきました。雨も降っているため東尾根登山口からの登山を諦め、最短コースの大段ヶ平(オオダンガナル)登山口から登ることにしてUターンしました。
8時50分、大段ヶ平登山口の駐車場に到着、雨が降っているため公衆トイレの前に駐車しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時50分、大段ヶ平登山口の駐車場に到着、雨が降っているため公衆トイレの前に駐車しました。
大段ヶ平の駐車場です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大段ヶ平の駐車場です。
1
公衆トイレは冬季閉鎖中でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公衆トイレは冬季閉鎖中でした。
9時31分、大段ヶ平登山口に向かうところから登山を開始しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時31分、大段ヶ平登山口に向かうところから登山を開始しました。
大段ヶ平登山口です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大段ヶ平登山口です。
登山口には氷ノ山頂上まで2.8kmの標識が有りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口には氷ノ山頂上まで2.8kmの標識が有りました。
1
登り始めの登山道の様子です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めの登山道の様子です。
3
標高1,160m付近で山頂まで2.5kmの標識が出てきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1,160m付近で山頂まで2.5kmの標識が出てきました。
1
ほぼ平に近いなだらかな登山道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ平に近いなだらかな登山道です。
ガスが薄くなりこれから向かう尾根が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが薄くなりこれから向かう尾根が見えてきました。
階段も出てきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段も出てきました。
1
標高1,190m付近のこのコースでは一番傾斜の急な場所の階段登りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1,190m付近のこのコースでは一番傾斜の急な場所の階段登りです。
1
再び平に近い緩やかな登りとなり、頂上まで2kmの標識が出てきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び平に近い緩やかな登りとなり、頂上まで2kmの標識が出てきました。
歩き始めて30分、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めて30分、
10時2分に標高1,240m付近にある大屋町避難小屋に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時2分に標高1,240m付近にある大屋町避難小屋に到着。
3
大屋町避難小屋です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大屋町避難小屋です。
大屋町避難小屋の内部です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大屋町避難小屋の内部です。
再び泥濘帯を通り、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び泥濘帯を通り、
標高1,300m付近で頂上まで1.5kmの標識が出てきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1,300m付近で頂上まで1.5kmの標識が出てきました。
登山道に石が現れると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に石が現れると、
1
間もなく小屋が見えてきて、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間もなく小屋が見えてきて、
10時22分に東尾根からのコースとの合流点にある神大ヒュッテに到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時22分に東尾根からのコースとの合流点にある神大ヒュッテに到着。
1
正式名称は神戸大学氷ノ山体育所のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正式名称は神戸大学氷ノ山体育所のようです。
中には入れないので屋根付きテラスで38分まで休憩しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中には入れないので屋根付きテラスで38分まで休憩しました。
ヒュッテの前には頂上まで1kmの標識がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテの前には頂上まで1kmの標識がありました。
ヒュッテからは少しの階段登りの後、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテからは少しの階段登りの後、
木道が出てきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道が出てきました。
1
標高1,370m付近の木道の登りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1,370m付近の木道の登りです。
標高1,390m付近で「千本杉」という案内標識が出てきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1,390m付近で「千本杉」という案内標識が出てきました。
3
杉の原生林のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の原生林のようです。
登山道脇の杉の木の下でKさんを。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道脇の杉の木の下でKさんを。
1
標高1,410m付近からは石や岩が露出している道となりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1,410m付近からは石や岩が露出している道となりました。
標高1,430m付近で、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1,430m付近で、
頂上まで0.5kmの標識が出てきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上まで0.5kmの標識が出てきました。
標高1,470m付近で「古千本杉」という標識と杉林が再び現れてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1,470m付近で「古千本杉」という標識と杉林が再び現れてきました。
2
再び木道となり、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び木道となり、
標高1,480m付近で「みたらしの池」という案内標識が出てきましたがパスしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1,480m付近で「みたらしの池」という案内標識が出てきましたがパスしました。
そのすぐ先には「古生沼」の案内標識が出てきて、ここもパスし、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのすぐ先には「古生沼」の案内標識が出てきて、ここもパスし、
150mほど進むと頂上の避難小屋が見えてきて、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
150mほど進むと頂上の避難小屋が見えてきて、
氷ノ山頂上に着きました。三角点と山頂避難小屋、頂上標識のところでKさんを。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷ノ山頂上に着きました。三角点と山頂避難小屋、頂上標識のところでKさんを。
3
避難小屋の内部です。ここで11時40分まで休憩しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋の内部です。ここで11時40分まで休憩しました。
ガスっていて全く周囲の眺望が利かない中で記念に頂上標識の脇で。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスっていて全く周囲の眺望が利かない中で記念に頂上標識の脇で。
2
頂上標識の脇でKさんを。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上標識の脇でKさんを。
4
頂上標識の脇でKさんに撮って貰いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上標識の脇でKさんに撮って貰いました。
2
頂上南方に薄っすらとトイレ建屋が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上南方に薄っすらとトイレ建屋が見えました。
三ノ丸への案内標識とトイレ建屋です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ丸への案内標識とトイレ建屋です。
11時44分「古生沼」の標識まで戻ってきて、沼に寄ってみることにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時44分「古生沼」の標識まで戻ってきて、沼に寄ってみることにしました。
登山道から右折して進むと直ぐにネットが見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道から右折して進むと直ぐにネットが見えてきました。
ネットの左側が沼らしいものの一面草に覆われていて水は僅かしか見えませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネットの左側が沼らしいものの一面草に覆われていて水は僅かしか見えませんでした。
1
古生沼の標識と古生沼への道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古生沼の標識と古生沼への道です。
続いて「みたらしの池」の案内標識地点に戻ってきたので、こちらにも寄ってみることにして、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて「みたらしの池」の案内標識地点に戻ってきたので、こちらにも寄ってみることにして、
進んでみると直ぐに急な下りとなったので行くのを止めて引き返すことにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進んでみると直ぐに急な下りとなったので行くのを止めて引き返すことにしました。
12時7分に神大ヒュッテまで戻ってきました。建屋内に入れないので大屋町避難小屋を目指すことにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時7分に神大ヒュッテまで戻ってきました。建屋内に入れないので大屋町避難小屋を目指すことにしました。
大段ヶ平と東尾根の分岐標識です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大段ヶ平と東尾根の分岐標識です。
大屋町避難小屋を目指して下ると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大屋町避難小屋を目指して下ると、
大屋町避難小屋が見えてきて、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大屋町避難小屋が見えてきて、
12時19分、大屋町避難小屋に戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時19分、大屋町避難小屋に戻ってきました。
1
避難小屋内に貼ってあった登山案内地図です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋内に貼ってあった登山案内地図です。
ここで12時31分まで小屋で休憩しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで12時31分まで小屋で休憩しました。
登山口が近づいてきて、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口が近づいてきて、
2
登山口と林道が見えてきて、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口と林道が見えてきて、
1
12時51分、駐車場に下山しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時51分、駐車場に下山しました。
<扇ノ山>関係画像
翌日、扇ノ山の河合谷コースを登るため、河合谷林道で河合谷登山口を目指しましたが、河合谷牧場前で通行止めとなっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<扇ノ山>関係画像
翌日、扇ノ山の河合谷コースを登るため、河合谷林道で河合谷登山口を目指しましたが、河合谷牧場前で通行止めとなっていました。
<扇ノ山>関係画像
通行止め地点から来た方向を見た様子です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<扇ノ山>関係画像
通行止め地点から来た方向を見た様子です。
1
<扇ノ山>関係画像
河合谷林道を引き返し「ふるさとの森登山口」に向かいましたが、積雪によりノーマルタイヤでは進めなくなり「八東ふるさとの森」の手前で引き返すことにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<扇ノ山>関係画像
河合谷林道を引き返し「ふるさとの森登山口」に向かいましたが、積雪によりノーマルタイヤでは進めなくなり「八東ふるさとの森」の手前で引き返すことにしました。
<扇ノ山>関係画像
上ってきた方向を見た様子です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<扇ノ山>関係画像
上ってきた方向を見た様子です。
1

感想/記録

今年は天候不順で計画通りに登山できなかったことが多いなかで氷ノ山と扇ノ山の登山は旅行も兼ねて計画し、4月には航空機、宿泊先等の手配を終えてしまっていたので18日、19日は寒気が流入し雨との予報が出ていたものの変更は出来ず、天気予報が外れてくれることを期待しながら17日に岡山空港に入りました。
岡山空港でレンタカーを借り、17日は良い天気のもとで姫路城、竹田城跡を訪れ朝来市に宿泊しました。

翌18日は曇ってはいるものの雨は降っていない中を立雲峡に行き、そこの展望台から竹田城跡を眺めた後、東尾根登山口から氷ノ山に登るため氷ノ山国際スキー場を目指しました。
国道9号線から県道87号線に入った頃から雨が降り出し、奈良尾の氷ノ山国際スキー場の駐車場入口に差し掛かったところで通行止めの標識が出てきました。台風18号による林道決壊により福定親水公園方面には行けないとのことでした。
計画は東尾根登山口から氷ノ山に登り、氷ノ山越から福定親水公園に下って東尾根登山口に戻るというものでしたが、登山口まで車で行けないこと及び雨が降っていることにより最短コースに変更することにして出合まで戻り、安井・鵜縄を通って大段ヶ平(オオダンガナル)登山口を目指しました。

大段ヶ平までの瀞川氷ノ山林道は舗装部分と未舗装部分が交互に現れましたが凹凸は殆ど無くスムーズに走れ、8時50分に大段ヶ平に着きました。
大段ヶ平には広い駐車場と公衆トイレ(冬期閉鎖中)、四阿が有り、駐車している車が1台も無かったので庇のあるトイレ前に駐車して車中及び四阿で雨具等を装着して9時31分に登山を開始しました。

登山口には頂上まで2.8kmの標識が有り、高度差が400mしかないため平均斜度が8度程度の緩やかな上りの山でした。
雨とガスで何も見えない登山となりましたが、登山道は整備されていて道幅も広く、足を高く持ち上げるような急なところもなく、天気が良ければ子供連れでも楽に登れて頂上からの眺めも良さそうに感じました。

この後、鳥取砂丘を訪れて鳥取市に泊まり、翌日河合谷コース登山口から扇ノ山に登ろうと河合谷林道で登山口を目指しましたが、こちらも台風の影響で河合谷牧場手前で通行止めとなっており、前日同様に登山ルートを変更して「ふるさとの森」登山口を目指しましたが、扇ノ山林道に入った頃から降雪が激しくなり、路面の積雪も増えて「八頭ふるさとの森」に着く前からスリップサインが頻繁に表示されるようになったため、ノーマルタイヤで登山口まで行くのは無理と判断して登山を断念しました。

日程変更が難しいとは言え、事前に道路状況を確認する必要性があるということが今回の反省点です。
訪問者数:253人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ