また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1320476 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

西上州:ルート無しのしれいた山&信仰の山金剛萱を歩く

日程 2017年11月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間43分
休憩
1時間27分
合計
5時間10分
Sスタート地点09:0310:16しれいた山10:4011:10二俣尾根頂部11:3211:45林道12:10宮室の逆転層12:2012:30駐車地(ゴール)12:4013:00金剛萱林道(スタート)13:0613:35金剛萱13:5014:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
しれいた山はルート無し。目印らしきものが少々あるが林業用のものとの判別はつかない。基本的には尾根(岩稜あり)歩きとなる。

金剛萱も目印はあるが踏み跡不明瞭。下山時注意。

写真

路肩に駐車し出発💨
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路肩に駐車し出発💨
1
里山風景の中を取り付き点へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
里山風景の中を取り付き点へ
1
取り付き点  しれいた山から東に続く尾根の末端
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付き点  しれいた山から東に続く尾根の末端
3
すぐ植林帯の急登となる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ植林帯の急登となる
傾斜が緩むと竹林となった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜が緩むと竹林となった
竹林が終わると尾根がはっきりしてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹林が終わると尾根がはっきりしてきた
この辺は歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は歩きやすい
2
地形図上の488mピーク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図上の488mピーク
こういうはっきりした尾根歩きは気持ちいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういうはっきりした尾根歩きは気持ちいい
6
植林帯を抜けるときれいなモミジが多くなってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯を抜けるときれいなモミジが多くなってきた
16
モミジの斜面  
紅葉はこれから
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジの斜面  
紅葉はこれから
何かと思ってよく見ると銀杏の実  
フンに混じっている  クマか?  
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何かと思ってよく見ると銀杏の実  
フンに混じっている  クマか?  
3
紅葉のオンパレード
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉のオンパレード
8
モミジ斜面の上はコナラの林
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジ斜面の上はコナラの林
ヤセ尾根状になってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤセ尾根状になってきた
1
蟻の戸渡り的な尾根  
でも木があるので怖くない(^^;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蟻の戸渡り的な尾根  
でも木があるので怖くない(^^;
5
しれいた山到着(^O^)  
東峰です 山頂標識なし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しれいた山到着(^O^)  
東峰です 山頂標識なし
6
東峰から西峰ごしに四ッ又山と鹿岳 
今年の春に登りました(^O^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峰から西峰ごしに四ッ又山と鹿岳 
今年の春に登りました(^O^)
15
鹿岳アップで 
まさにラクダのコブ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿岳アップで 
まさにラクダのコブ
19
四ッ又山アップで 
見事な四つのピーク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四ッ又山アップで 
見事な四つのピーク
11
西峰とのキレット鞍部から見たしれいた山の岩壁 
漢字では「白板山」らしい 
白色の絶壁
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西峰とのキレット鞍部から見たしれいた山の岩壁 
漢字では「白板山」らしい 
白色の絶壁
4
鞍部から西峰へはこんなところを登る 
残置ロープがあるが古そうなので使わなかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部から西峰へはこんなところを登る 
残置ロープがあるが古そうなので使わなかった
4
西峰から妙義山 
手前の影はしれいた山の影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西峰から妙義山 
手前の影はしれいた山の影
11
下を覗き込んでみる  
ストレートに落ちてる 怖っ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下を覗き込んでみる  
ストレートに落ちてる 怖っ
4
もう一度 四ッ又山と鹿岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度 四ッ又山と鹿岳
5
西峰からの下り  
風化してモロいので慎重に下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西峰からの下り  
風化してモロいので慎重に下る
1
こんなところを降りてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところを降りてきた
3
足元に赤い実  
何だろう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元に赤い実  
何だろう?
1
やっと落ち着いた場所に出た 
ここから左(南)に派生する尾根を下山する
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと落ち着いた場所に出た 
ここから左(南)に派生する尾根を下山する
こんなモフモフのコケが生えてた 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなモフモフのコケが生えてた 
2
少し下ると紅葉の林
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下ると紅葉の林
4
ここも真っ赤っか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも真っ赤っか
9
よく色づいてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく色づいてます
24
ここで尾根は左右に分かれる 
どっちを降りようか思案中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで尾根は左右に分かれる 
どっちを降りようか思案中
2
思案しながらメシタイム 
四ッ又山を眺めながらカップラを食う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思案しながらメシタイム 
四ッ又山を眺めながらカップラを食う
4
右の尾根を降りる  
ザレザレで滑る・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の尾根を降りる  
ザレザレで滑る・・・
1
しばらく下ると堰堤が見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく下ると堰堤が見えた
1
沢沿いの林道に出てひと安心
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いの林道に出てひと安心
1
林道を下って行く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を下って行く
1
道路脇に古い石塔が鎮座
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路脇に古い石塔が鎮座
1
下郷鍾乳洞とある  
ちょっと興味を引かれたが今日はスルー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下郷鍾乳洞とある  
ちょっと興味を引かれたが今日はスルー
2
そう言えばこの辺は下仁田ジオパークだった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そう言えばこの辺は下仁田ジオパークだった
1
逆転層を見に行く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆転層を見に行く
1
河原に下りると・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原に下りると・・
1
これは生物の這い跡の化石だそうな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは生物の這い跡の化石だそうな
6
海底地すべりの跡らしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海底地すべりの跡らしい
10
これが逆転層  
地層が180°ひっくり返ったもの
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが逆転層  
地層が180°ひっくり返ったもの
14
地学のお勉強をしました 
車へと急ぎます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地学のお勉強をしました 
車へと急ぎます
1
県道に出てしれいた山を見上げる 
白い板が立ってるみたいだな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道に出てしれいた山を見上げる 
白い板が立ってるみたいだな
6
所変わって金剛萱登山口 
林道を行けるところまで車で登ってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所変わって金剛萱登山口 
林道を行けるところまで車で登ってきた
「山頂」の案内に従い進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「山頂」の案内に従い進む
1
狭くて荒れた林道 路肩も不安定  
これじゃ車はちょっと無理だな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭くて荒れた林道 路肩も不安定  
これじゃ車はちょっと無理だな
再び案内に従い・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び案内に従い・・
目印を頼りに登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目印を頼りに登る
写真では実感出ないけどものすごい急登
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では実感出ないけどものすごい急登
1
植林帯を抜けたところに石仏が置かれている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯を抜けたところに石仏が置かれている
1
山頂直下にも  
信仰の山だと分かる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下にも  
信仰の山だと分かる
1
金剛萱山頂到着(^O^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛萱山頂到着(^O^)/
7
山頂標識と石祠や石像
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識と石祠や石像
5
あちこちに神仏さまがおります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちこちに神仏さまがおります
1
白いのが午前中登ったしれいた山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白いのが午前中登ったしれいた山
4
浅間山もくっきり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山もくっきり
12
妙義の奥に鼻曲山と浅間隠山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙義の奥に鼻曲山と浅間隠山
5
赤城の奥に武尊山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤城の奥に武尊山
5
目の前には小沢岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前には小沢岳
3
木々の向こうには稲含山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の向こうには稲含山
下山  
来た道を戻ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山  
来た道を戻ります
1
踏み跡も不明瞭なので目印が便り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡も不明瞭なので目印が便り
2
植林帯に入ったが足元が悪い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯に入ったが足元が悪い
林道に出て一段落
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出て一段落
このルートで1本だけあったモミジ 
きれいに紅葉してる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルートで1本だけあったモミジ 
きれいに紅葉してる
10

感想/記録

今年の春に四ッ又山と鹿岳に登ったが、そのとき見た山と高原地図に「しれいた山」というひらがな書きの山が近くにあるのを見つけ、気になっていた。ネットで見ると、隣の落沢岳とセットで登られているらしいがルートはなく地図読みの世界のようだ。
とりあえず今日はしれいた山だけを登ってみることにする。
地形図では山頂から東に尾根が延びて南牧川に落ちている。この東端近くの道路脇に車を止め、山に取り付く。
はじめ植林帯の急登で間もなく竹林となった。竹林あたりから傾斜が緩くなり、次第に尾根もはっきりしてきた。
植林帯を抜けるとモミジがきれいに紅葉していたりして気持ちがいい。
尾根は登るに従いイワイワしてきてだんだん気が抜けなくなってきた。
最後に飛び出すようにして山頂に着いた。ピークは二つあり、まずは東峰。西峰へは切れ込んだコルに一旦降り、狭い岩場を登る。ここには残置ロープがあったが古くて危なげなので使わなかった。
西峰のほうが木が少なくて好展望。目の前に四ッ又山と鹿岳が座っていて素晴らしい景色だ。けど足元はスパッと切れ落ちているので超コワい。
しばらく展望を楽しんでから下山。そのまま西尾根を下るが、下り始めは足場の悪い急降下。岩もモロくてあまり踏ん張りがきかず、しっかりした立ち木に掴まりながら下る。
間もなく尾根も落ち着いてきて植林帯となり、途中から南に派生する尾根に入る。すぐに急傾斜の自然林となり、ここのモミジもきれいだった。
尾根が二俣になる地点でランチタイムとし、そこからさらにザレた斜面を下って林道に出た。
車に戻る途中、「宮室の逆転層」という看板があり、ちょっと興味を引かれたので南牧川に下りて地層のお勉強をした。

思ったより早く下山してしまい時間が余ったので、こちらも以前から気になっていた「金剛萱」に行ってみることにして車移動。
青倉川沿いにさかのぼり途中から林道に入る。地形図にはないが山と高原地図には描かれている道で、とにかく車で行けるところまで進む。
林道が分岐するところが少し広くなっていてここに駐車。脇には「山頂」と案内がありそれに従って歩き出す。林道を外れるところにも案内板がありそこから斜面に取り付くが、ほとんど踏み跡はない。テープが所どころにありこれが頼り。
とにかく急な斜面を踏ん張りながら登ると、所どころに古い石像が置かれている。名前からして信仰の山だと思っていたが、やはりそうだ。
辿りついた山頂にもたくさんの石祠や石像が置かれていた。
樹木が少し伐採されていて展望は良い。さっき登ったしれいた山も見える。遠く浅間や武尊も見えた。
しかし、風が強くなってきて寒いので下山することにした。
来たルートを慎重に確認しながら下り、あっという間に車に戻った。

2山とも全く人に会わず、西上州らしいルーファイと静かな山歩きが出来て、満足(^O^)/
訪問者数:271人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ