また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1320996 全員に公開 ハイキング丹沢

大山 [ 紅葉シーズン真っ盛りの伊勢原大山詣で ]

日程 2017年11月25日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー8人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
※圏央厚木インター⇨R 129を南下⇨金田交差点右折でR246⇨県道611を右折⇨大山ケーブルカー駅
※ケーブルカー駅周辺の駐車場は、1日1000円が相場のようです。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間23分
休憩
1時間2分
合計
5時間25分
S大山ケーブルバス停07:1507:28大山ケーブル駅07:55大山寺08:0008:23阿夫利神社下社08:2708:35二重滝08:3608:55見晴台09:0810:11不動尻分岐10:1210:34大山11:0911:2325丁目11:2411:3720丁目11:3811:4816丁目11:4912:40阿夫利神社下社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
■日本三百名山 ■花の百名山 ■ゴジラ映画で名が知られた山
■ケーブルカー阿夫利神社駅以降の下山ログは削除しています。
■朝7時に到着したけど、第1駐車場は満車状態でした。
コース状況/
危険箇所等
※登山道というより参拝道として整備されています。
※危険箇所は、ありませんが、入山者が多い時は、譲り合いの気持ちが大切です😁
きつい坂が続きますので、上を確認せずに足元のみ見て登られる方がおられます。
登りの方に道を譲るという気持ちを心がけましょう。
その他周辺情報伊勢原市高部にある天野屋温泉で汗を流しました。
http://www.new-amanoya.com
過去天気図(気象庁) 2017年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アームカバー ズボン 靴下 グローブ 雨具 帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 水筒(保温性) ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 保険証 携帯 時計 タオル

写真

7:09
ケーブルカー駅に続く県道611号線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:09
ケーブルカー駅に続く県道611号線
1
7:18
仲見世通り入口周辺、ケーブルカー下駅まで続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:18
仲見世通り入口周辺、ケーブルカー下駅まで続きます。
7:33
「女坂」「男坂」の分岐。大山阿夫利下社へ続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:33
「女坂」「男坂」の分岐。大山阿夫利下社へ続きます。
7:47
下社と思いきや、まだまだ、手前のお堂でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:47
下社と思いきや、まだまだ、手前のお堂でした。
7:54
大山寺参道の紅葉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:54
大山寺参道の紅葉
2
振り返ると江の島が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると江の島が見えました。
7:57
創建年[755年]大山不動・大山不動尊とも呼ばれているそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:57
創建年[755年]大山不動・大山不動尊とも呼ばれているそうです。
8:24
女坂を登りだし、約50分で下社に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:24
女坂を登りだし、約50分で下社に到着。
8:26
二重滝・見晴台に向かいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:26
二重滝・見晴台に向かいました。
9:05
見晴台では、「日光連山」「筑波山」「スカイツリー」など、遠方の眺望を楽しみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:05
見晴台では、「日光連山」「筑波山」「スカイツリー」など、遠方の眺望を楽しみました。
2
9:23
神々しく輝く相模湾
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:23
神々しく輝く相模湾
2
10:19
なだらかなところ、厳しい階段登りを繰り返し、もう少しで山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:19
なだらかなところ、厳しい階段登りを繰り返し、もう少しで山頂です。
10:36
山頂での休憩中に写真を一枚。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:36
山頂での休憩中に写真を一枚。
あの大きな島は・・・
「伊豆大島」が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの大きな島は・・・
「伊豆大島」が見えました。
3
「箱根」「真鶴半島」「天城山」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「箱根」「真鶴半島」「天城山」
2
11:15
富士と丹沢山塊を眺めながらの下山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:15
富士と丹沢山塊を眺めながらの下山。
3
11:37
富士見台といわれる展望台

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:37
富士見台といわれる展望台

1
12:28
下社の真っ赤な「もみじ」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:28
下社の真っ赤な「もみじ」
2
12:32
下社まで戻ってきました。大変な賑わいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:32
下社まで戻ってきました。大変な賑わいでした。
12:42
超満員のケーブルカー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:42
超満員のケーブルカー
1

感想/記録

昭和町出発5:00 山行参加者:女性5名 男性8名 平均年齢6〇歳の中高年パワーで「伊勢原大山詣で」に出かけました。圏央厚木ICを降り、R129・246,r611などを使い7時少し前に大山に入りました。県道を登り、仲見世の階段を登り駐車場から20分ほどかけケーブル(下)駅に到着しました。ケーブルカーの始発が9:00ということもあり、上駅(下社)まで、女坂を登りました。女坂では大山不動とも呼ばれる大山寺をとおり、さらに階段を登り続け、下社まで75分かかりました。下社到着8時23分でした。8時30分、下社からは、トラバース気味に作られた遊歩道を見晴台に向け歩きました。見晴台到着は、8時55分でした。15分ほど休憩し、いよいよ、本格的な登山開始です。見晴台の標高が770m、山頂標高が1252mなので、その差480m距離2km、平均勾配24%という初心者向けコースでした。山頂到着は10時34分でした。登山道は、北西方向に伸びていましたので、九十九折れの中で遠く房総半島・伊豆大島・伊豆半島の眺望を楽しみながら歩くことができました。山頂には、上社が置かれ狭くなっているところに大人数の参拝登山客が押し寄せており、冬の山らしい雰囲気を味わうことはできませんでした。記念写真を撮り11時9分に下山開始、「丹沢山塊の尾根筋を眺め、富士山を眺め」と眺望を楽しみ、次から次へ登ってくる参拝登山客に道を譲りながら下ること1時間30分で阿夫利神社ケーブル駅までやっとのこと下りました。12時50分ケーブルカーに乗車し、大山駅では、1mほど、ケーブルカーのバックを経験させていただき、仲見世を抜け駐車場に向かいました。帰りには、ニュー天野屋で汗を流し、近くのJA伊勢原に立ち寄り、昭和町に16時30分に戻ってきました。出発から帰宅まで天気に恵まれた一日を楽しみました。
訪問者数:227人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ