また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1327568 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走中央アルプス

烏帽子岳(鳩打峠↑↓)念丈は無理でした

日程 2017年12月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候朝はやや雲が掛るが昼前から快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鳩打峠駐車場に駐車。以前は仮設トイレがあったように記憶していますが、撤去されていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間47分
休憩
1時間36分
合計
7時間23分
Sスタート地点06:5307:39セキナギ07:52飯島ルート・小八郎ルート分岐07:5708:06シロクモナギの頭08:0708:58烏帽子岳09:1210:05池ノ平山10:2011:03烏帽子岳12:0012:35シロクモナギの頭12:3812:52飯島ルート・小八郎ルート分岐13:01セキナギ13:33小八郎岳13:3414:16鳩打峠14:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
スタート時、うまくログ取れていないのに気づかず、途中からです。
コース状況/
危険箇所等
念丈クラブの皆さんが登山道整備をされており、大変歩きやすくなっています。脇の笹が幅広く刈り払われ、カラマツの落葉時期と相まって明るく気持ちいい道を楽しませていただきました。ありがとうございます。積雪はセキナギを過ぎた当たりから顕著になり、軽アイゼン以上がないと厳しいです。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ ポール

写真

まだ薄暗いですが、ヘッデン無しでスタート。出発時、駐車場は車3台でした。烏帽子岳までは合目ごとに表示があり、ペース配分の参考になります。登山口が以前の場所から移動して整備されていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ薄暗いですが、ヘッデン無しでスタート。出発時、駐車場は車3台でした。烏帽子岳までは合目ごとに表示があり、ペース配分の参考になります。登山口が以前の場所から移動して整備されていました。
暗くても心配なく歩けるのは、こんなによく整備された道だから。ありがたいことです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗くても心配なく歩けるのは、こんなによく整備された道だから。ありがたいことです。
山頂の写真をみせると缶バッチがもらえます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の写真をみせると缶バッチがもらえます。
小八郎岳経由との分岐に来ました。帰りに寄ることにして、行きはう回路を選びます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小八郎岳経由との分岐に来ました。帰りに寄ることにして、行きはう回路を選びます。
笹が刈り払われた道。幅が広くなっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹が刈り払われた道。幅が広くなっています。
南アルプス方面の空が色付いてきました。予報では快晴とのことでしたが、この時点では雲が目立ちます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス方面の空が色付いてきました。予報では快晴とのことでしたが、この時点では雲が目立ちます。
鼻唄も出そうなくらいの快適な登り。出ませんが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鼻唄も出そうなくらいの快適な登り。出ませんが。
尾根の南側をトラバース気味につけられた道から、本日最初の目標、烏帽子岳が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の南側をトラバース気味につけられた道から、本日最初の目標、烏帽子岳が見えました。
1
急登を登りきると飯島ルートとの合流点に飛び出します。実は飯島ルートを計画していたのですが、林道にゲートがあり、引き返しました。あのゲートは開けて進めばよかったのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を登りきると飯島ルートとの合流点に飛び出します。実は飯島ルートを計画していたのですが、林道にゲートがあり、引き返しました。あのゲートは開けて進めばよかったのかな?
セキナギの崩落地をさけて北斜面をトラバースする辺りから道に雪が出はじめます。よく締まっており、ツボ足でしばらく進みました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セキナギの崩落地をさけて北斜面をトラバースする辺りから道に雪が出はじめます。よく締まっており、ツボ足でしばらく進みました。
ヤセ尾根もでてきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤセ尾根もでてきます。
セキナギを見下ろす。すごい崩落です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セキナギを見下ろす。すごい崩落です。
1
向こうには飯田の市街と南アルプス南部。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうには飯田の市街と南アルプス南部。
すごい傾斜ではなく、カメラが傾いている。しかしながら雪と笹でちょっといやらしいトラバース。手前で軽アイゼンを付けました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すごい傾斜ではなく、カメラが傾いている。しかしながら雪と笹でちょっといやらしいトラバース。手前で軽アイゼンを付けました。
アイゼンの爪がよく効いて、ガシガシ気持ちよく登れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンの爪がよく効いて、ガシガシ気持ちよく登れました。
けっこうな急登でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこうな急登でした。
大岩の左を巻きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩の左を巻きます。
北面の道は雪が多い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北面の道は雪が多い。
烏帽子岩の下に来ました。ここでアイゼンをいったん外して、岩に取り付きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岩の下に来ました。ここでアイゼンをいったん外して、岩に取り付きます。
あの雲取れてくれないかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの雲取れてくれないかな。
さらに上を目指します。今回は向かって左寄りのルートをとってみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに上を目指します。今回は向かって左寄りのルートをとってみました。
歩いてきた稜線。はるか下には片桐ダム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線。はるか下には片桐ダム
本高森山のあたりがみえるのかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本高森山のあたりがみえるのかな。
烏帽子岩の上から、山頂方面。いったん下って少し登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岩の上から、山頂方面。いったん下って少し登ります。
自宅方面を展望。八ヶ岳とその先には北信の山々が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自宅方面を展望。八ヶ岳とその先には北信の山々が見えます。
烏帽子岳山頂に到着。雲が切れてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳山頂に到着。雲が切れてきました。
1
越百、仙涯嶺、南駒あたりが見えています。空木はまだ雲の影が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越百、仙涯嶺、南駒あたりが見えています。空木はまだ雲の影が。
2
池の平山は烏帽子岳より少し高い2327m
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池の平山は烏帽子岳より少し高い2327m
右の少し白いピークが念丈?真ん中は安平路でその左が摺古木山かな。大平宿に一泊して登ってみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の少し白いピークが念丈?真ん中は安平路でその左が摺古木山かな。大平宿に一泊して登ってみたい。
巨大な弧を描く恵那山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大な弧を描く恵那山
池の平山を目指してアップダウンのある稜線を進みます。途中からも中央アルプスの主要峰が眺められます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池の平山を目指してアップダウンのある稜線を進みます。途中からも中央アルプスの主要峰が眺められます。
雪が深くなりました。踏み跡があるので何とか進めます。お一人分のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が深くなりました。踏み跡があるので何とか進めます。お一人分のようです。
トレースなければ即撤退。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースなければ即撤退。
池の平山まで1時間。ほぼコースタイム。やはり積雪期は時間かかります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池の平山まで1時間。ほぼコースタイム。やはり積雪期は時間かかります。
この先、念丈方面はトレースもないので諦めます。でも広くて気持ちいい平坦地なのであちこち歩き回りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先、念丈方面はトレースもないので諦めます。でも広くて気持ちいい平坦地なのであちこち歩き回りました。
池の平山から塩見岳の双耳峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池の平山から塩見岳の双耳峰。
どこ撮ったか忘れました。右のは悪沢岳?真ん中は小河内?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこ撮ったか忘れました。右のは悪沢岳?真ん中は小河内?
池の平山までくると、仙涯嶺と南駒ヶ岳が縦に並ぶ感じ。どっちのピークかよくわかりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池の平山までくると、仙涯嶺と南駒ヶ岳が縦に並ぶ感じ。どっちのピークかよくわかりません。
越百と南越百。たぶん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越百と南越百。たぶん。
1
奥は赤梛岳と空木岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥は赤梛岳と空木岳
木の枝がかぶってますが、霧ヶ峰の草原が見えます。右は浅間山、左の方には四阿山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の枝がかぶってますが、霧ヶ峰の草原が見えます。右は浅間山、左の方には四阿山
伊那市方面の向こうに南アルプス北部の大パノラマ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊那市方面の向こうに南アルプス北部の大パノラマ。
烏帽子岳手前のピークまで戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳手前のピークまで戻ってきました。
慎重に下ります。アイゼンがよく効くのでけっこう早いペースで戻れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に下ります。アイゼンがよく効くのでけっこう早いペースで戻れました。
間の岳手前の伊那山地に黒川牧場とその奥に二子山が見えます。以前、分杭峠から入野谷山経由で目指しましたが時間切れで途中で引き返しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間の岳手前の伊那山地に黒川牧場とその奥に二子山が見えます。以前、分杭峠から入野谷山経由で目指しましたが時間切れで途中で引き返しました。
下りは烏帽子岩を巻きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは烏帽子岩を巻きました。
1
巻き道も急で、やや緊張。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道も急で、やや緊張。
日が西よりに傾き、いい雰囲気の道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が西よりに傾き、いい雰囲気の道。
復路は小八郎岳に寄りました。平安期の武将、片桐小八郎が夏の間避暑地として城を築いたいわれがあるとか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
復路は小八郎岳に寄りました。平安期の武将、片桐小八郎が夏の間避暑地として城を築いたいわれがあるとか。
ここからの南アルプスの展望も素晴らしいです。仙丈は大きく裾を広げています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの南アルプスの展望も素晴らしいです。仙丈は大きく裾を広げています。
1
塩見岳は孤高の存在感。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳は孤高の存在感。
1
悪沢、赤石、聖。来夏は行ってみたい方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢、赤石、聖。来夏は行ってみたい方面。
1
振り返って、さっきまでいた烏帽子岳。いい山でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、さっきまでいた烏帽子岳。いい山でした。
さて、帰りましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、帰りましょう。
無事下山。本当によく整備いただいており、安心して登れる山でした。地元の山を愛する皆さんに感謝です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山。本当によく整備いただいており、安心して登れる山でした。地元の山を愛する皆さんに感謝です。
登山口の反対斜面にこんな標識がありました。斜面をゆるく上がっています。清流苑まで行けるのかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の反対斜面にこんな標識がありました。斜面をゆるく上がっています。清流苑まで行けるのかな。
車は二台になっていました。烏帽子山頂でお行きあいしたお二人かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車は二台になっていました。烏帽子山頂でお行きあいしたお二人かな。

感想/記録

5月に来て以来、半年ぶりの烏帽子岳です。やはりこの時期は日も短く積雪もあって念丈までは私の体力では無理な話でした。夏山シーズンに出直してきます。
訪問者数:122人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ