また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1328123 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

日向大谷から両神山ピストン

日程 2017年12月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ナビの指示に従い国道299号>国道140号>県道37号と進んだところ、県道37号直前の橋の上が凍結しており、バイクが転倒しました。
GoogleMAPストリートビュー:goo.gl/5XZnE9
その橋の直前まで道は完全なドライで、橋の上だけピンポイントで凍結していました。
私は凍結していない歩行者用の橋をバイクを押してパスしましたが、自動車の場合はそうはいかないのでスタッドレスを履いて行くか徐行してください。
県道37号に右折する交差点の名前は「贄川」です。
日向大谷の登山口から約20kmの場所です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間11分
休憩
39分
合計
6時間50分
S日向大谷口08:5008:53両神山荘08:5409:19会所10:40弘法之井戸10:4110:59清滝小屋11:0411:15鈴が坂11:1812:03両神神社12:38両神山13:0313:22両神神社13:53鈴が坂13:5414:02清滝小屋14:0314:10弘法之井戸14:1115:11会所15:35両神山荘15:3615:36日向大谷口15:40第2駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 ■登山道具: 25Lザック トレッキングシューズ ストック ヘッデン 熊避け鈴 コンパス ■衣類:あったか長袖Tシャツ フリースベスト デタッチャブルグローブ レインウェア フリース帽子兼ネックウォーマー マスク フェイスマスク(未着用) 冬用グローブ(未着用) 腰痛防止用腹巻 ■食料:おにぎり2個 デイトレックス ■飲料系:水300ml(100ml残) 緑茶200ml お湯350ml+マグポット コーンスープ粉末 ポーションコーヒー クリープ小分け 粉末カフェラテ ステンレスの蓋付きマグカップ ■衛生関係:目薬 ロキソニン ビオフェルミン止瀉薬 キズパワーパッド ポケットティッシュ ■その他:スマートフォン スマートフォンの予備バッテリー サングラス サングラスのポーチ デジタルカメラ デジカメの予備バッテリー デジカメのポーチ 財布 老眼鏡 ミニカッター 爪切り 100均座布団

写真

来る途中の橋が凍結しており転倒したが、プロテクターを装着していたのでケガは無かった。
帰宅後よく調べたら、防寒ズボンとグローブが一部破れていたが。
2017年12月03日 08:28撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来る途中の橋が凍結しており転倒したが、プロテクターを装着していたのでケガは無かった。
帰宅後よく調べたら、防寒ズボンとグローブが一部破れていたが。
無料の第2駐車場。
アクシデントにより予定より15分遅れたが、ケガも痛みもないので問題なく登山できる。よかった。
2017年12月03日 08:43撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無料の第2駐車場。
アクシデントにより予定より15分遅れたが、ケガも痛みもないので問題なく登山できる。よかった。
第2駐車場の少し上にあるトイレ。
汲み取り、男女兼用、紙あり。
2017年12月03日 08:48撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2駐車場の少し上にあるトイレ。
汲み取り、男女兼用、紙あり。
有料の第一駐車場前の階段を上ると、道路をショートカットできる
2017年12月03日 08:50撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有料の第一駐車場前の階段を上ると、道路をショートカットできる
この辺から本当の登山道。すぐに樹林帯に入る
2017年12月03日 08:53撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺から本当の登山道。すぐに樹林帯に入る
鳥居をくぐり
2017年12月03日 08:56撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居をくぐり
最初の渡渉地点、問題なし。
この後渡渉は5か所ほどあったが、足が濡れる場所はなかった
2017年12月03日 09:06撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の渡渉地点、問題なし。
この後渡渉は5か所ほどあったが、足が濡れる場所はなかった
最初の鎖場、問題なし
2017年12月03日 09:08撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の鎖場、問題なし
七滝沢コースは破線なのでVRだと思っていたが、道標があった
2017年12月03日 09:20撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七滝沢コースは破線なのでVRだと思っていたが、道標があった
はい、無理なのでそちらには行きません。
2017年12月03日 09:21撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、無理なのでそちらには行きません。
紅葉の季節はよさげ
2017年12月03日 09:31撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の季節はよさげ
何明王?詳しくないのでわかりません
2017年12月03日 09:33撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何明王?詳しくないのでわかりません
渡渉してまっすぐ行きそうになるが右が正しい
2017年12月03日 09:47撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉してまっすぐ行きそうになるが右が正しい
トラバースも多い
2017年12月03日 09:51撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースも多い
休憩したいが、小屋まで頑張ろう
2017年12月03日 10:14撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩したいが、小屋まで頑張ろう
神聖な感じの水場。ここから沢と離れる
2017年12月03日 10:41撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神聖な感じの水場。ここから沢と離れる
見上げると立派な建物が
2017年12月03日 10:51撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げると立派な建物が
清滝小屋でした。
現在は避難小屋の扱いの模様。
ベンチで休憩
2017年12月03日 10:53撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清滝小屋でした。
現在は避難小屋の扱いの模様。
ベンチで休憩
水洗トイレは冬季閉鎖だったが、左側に回り込むと使用できる汲み取り式のトイレがあった
2017年12月03日 10:56撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水洗トイレは冬季閉鎖だったが、左側に回り込むと使用できる汲み取り式のトイレがあった
小屋の中。
2017年12月03日 10:59撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の中。
ロフト部分は立ち入り禁止
2017年12月03日 11:00撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロフト部分は立ち入り禁止
進みます
2017年12月03日 11:02撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進みます
このコースでは一番の鎖場
2017年12月03日 11:29撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このコースでは一番の鎖場
挟まってる
2017年12月03日 11:35撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
挟まってる
元々は鎖場だった模様。
今は新しい階段
2017年12月03日 11:41撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元々は鎖場だった模様。
今は新しい階段
急登を登り切ったら両神神社に到着。
あとは稜線歩き
2017年12月03日 11:58撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を登り切ったら両神神社に到着。
あとは稜線歩き
近くのもう一つの神社
2017年12月03日 11:59撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くのもう一つの神社
稜線だが木が密生しているので眺めはよくない
2017年12月03日 12:04撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線だが木が密生しているので眺めはよくない
えっ下るの
2017年12月03日 12:06撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えっ下るの
岩場を少し登ったら
2017年12月03日 12:29撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を少し登ったら
着いた。人いっぱい。
2017年12月03日 12:29撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いた。人いっぱい。
2
食事を終えたら撮影タイム。
雪が増えた浅間山
2017年12月03日 12:56撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食事を終えたら撮影タイム。
雪が増えた浅間山
1
八ヶ岳…だったが手前の木にピントが合ってしまった
2017年12月03日 12:58撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳…だったが手前の木にピントが合ってしまった
うっすら富士山
2017年12月03日 12:59撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすら富士山
1
山頂にいるときに、MTBを担いだ人が通って驚いた。
鎖場どうするんだろう。
2017年12月03日 13:04撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にいるときに、MTBを担いだ人が通って驚いた。
鎖場どうするんだろう。
さあ降りよう
2017年12月03日 13:06撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ降りよう
山頂ではどうしても人が映り込んでしまうので、ここでパノラマ撮影
2017年12月03日 13:06撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂ではどうしても人が映り込んでしまうので、ここでパノラマ撮影
木々の間から見えるあちらがVRの天理尾根だろうか
2017年12月03日 13:32撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の間から見えるあちらがVRの天理尾根だろうか
横岩、この角度から見ると肉食恐竜かゴジラの頭に見える
目に見えるのは折れ曲がった朽木
2017年12月03日 13:37撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岩、この角度から見ると肉食恐竜かゴジラの頭に見える
目に見えるのは折れ曲がった朽木
手前に、岩登りで有名らしい二子山。
遠くに見える形のいい山が気になる
2017年12月03日 13:45撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前に、岩登りで有名らしい二子山。
遠くに見える形のいい山が気になる
「産体尾根」たぶん間違い
正しくは「産泰尾根」
2017年12月03日 13:49撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「産体尾根」たぶん間違い
正しくは「産泰尾根」
くねくねと降ります
2017年12月03日 13:51撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くねくねと降ります
登りの時は気づかなかったが、岩の上に弘法大師の像?があった
2017年12月03日 14:13撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りの時は気づかなかったが、岩の上に弘法大師の像?があった
2時間40分で15:40、予定通りに下山完了。
冬は明るいうちに下山を終えたいものです。
2017年12月03日 15:42撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2時間40分で15:40、予定通りに下山完了。
冬は明るいうちに下山を終えたいものです。

感想/記録

体感温度の低下により、バイクでの遠征はそろそろできなくなる時期。
場所によっては道路の凍結が始まるかもしれない。
最後の遠出は両神山にしました。

主に3つのコースがある両神山。
金を取る白井差新道は論外として、岩場が続く八丁峠がスタートの標高が高く距離は3.3kmと短くいいかな~?と思ったが、直近の山行記録に「落ち葉の堆積が多く迷いやすい所がある」とあった。
先月の荒船山で道迷いを起こし、そういうコースは歩かないと心に決めたので八丁峠コースは却下。
<線ヶ滝から荒船山周回 道迷いからMTB軍団と脱出>
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1312580.html

標高800mからスタートで距離も片道約5kmと長いが、不安なく歩けそうな日向大谷からのピストンにした。

行きのR140、路面凍結の注意を促す看板がやたらとあったが何年も立てられているのが見え見えで、かつ路面はまったくのドライだったので全く警戒していなかった。
K35に右折する直前で橋に入ったところ、いきなりバイクが転倒。
プロテクターのお陰か痛みはないが、早くバイクを起こさないと他の車が来るので危険だ。
一度起こしかけたが路面が凍っているので足がツルツル滑り、また倒れてしまった。
くそっ、アイゼンがあれば踏ん張れるのに…。
親切な地元のドライバーの男性が手伝ってくれ、二人で起こして橋のたもとに移動。
ありがとうございました。
この先のK35には橋が無いとのこと。

ガソリンが漏れたので2キロほど手前のGSに戻り給油。
そこのご主人によると、昨年は愛知ナンバーの車が凍結したカーブを曲がり切れずガードレールに激突、その向こうにあった墓石をなぎ倒したとか。

給油後橋まで戻ると地元の爺さんが運転する軽トラがスリップしていたので、地元の人にも想定外の凍結だった模様。

両神山の感想ですが、
安全で良く整備され歩きやすかったが、日が差さない谷間がメインで山頂以外に眺望がある場所がほとんどなく、地味なコースでした。
山頂からの眺めはまぁ良かったですが、前週に登った赤岩の方が良かったな。
<赤岩と道志二十六夜山 手軽に絶景プチ登山>
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1320696.html

山頂が狭くて解放感が余り無く、人で混雑しやすいのもいまいちでした。
春のアカヤシオ、秋の紅葉で有名なようなので、12月はオフシーズンなのでしょうね。

翌日は鎖場の影響か、全身が筋肉痛。
鎖場が30か所あるという八丁峠コースにしなくてよかった。

凍結によるまさかのバイク転倒もあったので、今年の遠征(といっても埼玉県だが)は終わり。
春までは近場の山をウロウロすると思います。
訪問者数:132人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/9/11
投稿数: 208
2017/12/7 6:19
 両神山は奥武蔵ではありません
はじめまして、Boulder05と申します。
さて、両神山ですが、奥武蔵ではなく奥秩父です。
登録日: 2014/4/29
投稿数: 35
2017/12/8 7:02
 Re: 両神山は奥武蔵ではありません
Boulder05さん、ご指摘ありがとうございました。
修正しました。

武蔵の国=埼玉、
東京(江戸)から見て奥=奥武蔵 と二重に誤解していました
軽く調べたところ、奥武蔵とは両神山より東京寄りのエリアを指すようですね。
勉強になりました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ