また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1338862 全員に公開 ハイキング中国山地東部

広戸仙 ふるさとコース周回 (岡山県 津山市)

日程 2016年09月09日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
声ヶ乢駐車場に車を停めてスタート。
声ヶ乢登山口から登り、広戸仙の北面につけられたふるさとコースの西口から東口へ。東口から広戸仙山頂を経由して声ヶ乢へ降りてきた。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間45分
休憩
1時間58分
合計
7時間43分
S声ヶ乢08:1509:10ふるさとコース西口09:1609:50ひめ滝09:5610:04広戸仙大滝10:1410:55黒媛の滝11:0511:28シャクナゲの滝11:3511:40せせらぎの滝11:5012:28布引の滝12:3813:13静かの滝13:2313:33ふるさとコース東口13:3514:21広戸仙15:0315:25ふるさとコース西口15:3015:58声ヶ乢G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■ 声ヶ乢〜広戸仙
つまらないほどよく整備されたルートで、危険や道迷いの心配はない。道中に三ヶ所ある展望台からは南方向の眺望を楽しむ事ができる。また北方向を眺望できる展望岩もある。

■ 東口〜広戸仙
広戸仙と滝山の鞍部であるふるさとコース東口から広戸仙頂上までは一直線の登り。道迷いや危険箇所はない。

■ ふるさとコース(西口〜東口)
ふるさとコースは平成13年に登山道(滝見道)として整備された7つの滝に出会える、広戸仙北面中腹のトラバース道である。現在では「ふるさと」という言葉の響きから連想されるハイキング的なルートとではなく、そこそこ厳しいルートである。

ルートは概ね明瞭だが、不明瞭な箇所もあるので道迷いの可能性はある。その原因は、国土地理院の地形図に記載されている破線が、実際の登山道と標高にして50mほどずれていることに寄る。自分も一度、標高を下げるポイントに確信が持てず撤退した事がある。
危険性に関しては特にはない思うが、一部ロープが張られた急峻な谷のトラバースがある。また決して整備されているとは言い難い荒れた部分もあるので、歩きにくさから、捻挫、転倒などの危険性はある。時間に余裕を持って、慎重に歩いて行く事が必要だろう。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

声ヶ乢登山口の案内板。ここからスタートです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
声ヶ乢登山口の案内板。ここからスタートです。
約1時間で第二展望台に到着、標高850m。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約1時間で第二展望台に到着、標高850m。
第二展望台の奥が、ふるさとコース西口になります。行きましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二展望台の奥が、ふるさとコース西口になります。行きましょう。
この位のガレ場はまだいいほうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この位のガレ場はまだいいほうです。
ひめ滝に到着(落差:5m)。尾根を降りてきてやっとひめ滝へ。滝は右奥、少し岩場を登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひめ滝に到着(落差:5m)。尾根を降りてきてやっとひめ滝へ。滝は右奥、少し岩場を登ります。
黒い岩を滴り落ちるひめ滝に出会えました。水量は少ないです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒い岩を滴り落ちるひめ滝に出会えました。水量は少ないです。
広戸仙大滝に到着(落差:45m、3段)。なかなかいい滝です、もう少し水量が欲しいですがこれ以上は望めないかも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広戸仙大滝に到着(落差:45m、3段)。なかなかいい滝です、もう少し水量が欲しいですがこれ以上は望めないかも。
上段の前まで行くのはさほど難しくはありませんが、ここは体力温存。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上段の前まで行くのはさほど難しくはありませんが、ここは体力温存。
次の滝へ向かいます、植林地帯でいい道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の滝へ向かいます、植林地帯でいい道です。
落石による岩場、向こうの赤い丸がこっちへ来いと呼んでいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落石による岩場、向こうの赤い丸がこっちへ来いと呼んでいます。
このくらいの倒木は我慢して進むしかありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このくらいの倒木は我慢して進むしかありません。
黒媛の滝に到着(落差:80m)。これが、黒媛の滝の沢ですが、道に迷ってもう少し下流を渡渉して、沢登り中。この段階では、これが「黒媛の滝」の沢だという確信はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒媛の滝に到着(落差:80m)。これが、黒媛の滝の沢ですが、道に迷ってもう少し下流を渡渉して、沢登り中。この段階では、これが「黒媛の滝」の沢だという確信はありません。
GPS測位によるとこの沢らしいので、登っていくと左上方に案内板を発見、ホッとする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GPS測位によるとこの沢らしいので、登っていくと左上方に案内板を発見、ホッとする。
見た感じ落差30m弱、2段の滝かと思ったら、落差80mとの表記。上方に続いているようですが、さっぱり見えません。下方は単なる沢です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見た感じ落差30m弱、2段の滝かと思ったら、落差80mとの表記。上方に続いているようですが、さっぱり見えません。下方は単なる沢です。
二段の上段部分。焦点距離が長めだということもあってスローシャッター全滅につき、保険で撮影しておいた普通の写真にて失礼。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二段の上段部分。焦点距離が長めだということもあってスローシャッター全滅につき、保険で撮影しておいた普通の写真にて失礼。
次の滝へ向かう道中の鎖場。無名の沢ですが、かなり急、滑ると50m以上の滑り台です。濡れているのでちょっと怖い。慎重に渡渉。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の滝へ向かう道中の鎖場。無名の沢ですが、かなり急、滑ると50m以上の滑り台です。濡れているのでちょっと怖い。慎重に渡渉。
シャクナゲの滝に到着(落差:8m)。二本の沢が見えてきました。手前がシャクナゲの滝の沢(案内板は破損)、向こうがせせらぎの滝の沢。この二つの沢はすぐ下流で合流しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲの滝に到着(落差:8m)。二本の沢が見えてきました。手前がシャクナゲの滝の沢(案内板は破損)、向こうがせせらぎの滝の沢。この二つの沢はすぐ下流で合流しています。
シャクナゲの滝です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲの滝です。
下流から見上げたシャクナゲの滝。上のほうまで続いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下流から見上げたシャクナゲの滝。上のほうまで続いています。
たぶんこれがシャクナゲの滝のご本尊様かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶんこれがシャクナゲの滝のご本尊様かな。
せせらぎの滝に到着(落差:20m)。せせらぎの滝はすぐ隣の沢。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せせらぎの滝に到着(落差:20m)。せせらぎの滝はすぐ隣の沢。
二本の沢が合流している。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二本の沢が合流している。
滝はもう一段上流なのかもしれませんが、水量少ないし、あまり深追いはせず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝はもう一段上流なのかもしれませんが、水量少ないし、あまり深追いはせず。
せせらぎの滝の案内板。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せせらぎの滝の案内板。
次の滝へ向かう道中、尾根の急登。赤い丸と、黄色い案内板がおいでおいでと呼んでいる。ここで小休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の滝へ向かう道中、尾根の急登。赤い丸と、黄色い案内板がおいでおいでと呼んでいる。ここで小休憩。
登った急登を振り返ってみた、これは激下りに見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登った急登を振り返ってみた、これは激下りに見えます。
今にも堕ちてきそうな大岩の真下をトラバース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今にも堕ちてきそうな大岩の真下をトラバース。
布引の滝に到着(落差:25m、3段)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
布引の滝に到着(落差:25m、3段)。
下流からなめるように見上げました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下流からなめるように見上げました。
これが全景と言ってよいのかな、上段右側から滴り落ちる水流がなんともいい感じでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが全景と言ってよいのかな、上段右側から滴り落ちる水流がなんともいい感じでした。
少し登って上段に近寄りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登って上段に近寄りました。
上から見下ろすと、大きく屈曲していました。上段には小さいながらも滝つぼがありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見下ろすと、大きく屈曲していました。上段には小さいながらも滝つぼがありました。
次の滝へ向かう道中にある無名の沢、苔の岩がちょっとしたアクセント。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の滝へ向かう道中にある無名の沢、苔の岩がちょっとしたアクセント。
静かの滝(落差:ゆるゆる30m)。水も少ないが、そもそも滝といえるのかどうか怪しい。これを直登すれば頂上への近道、行けそうな気がする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かの滝(落差:ゆるゆる30m)。水も少ないが、そもそも滝といえるのかどうか怪しい。これを直登すれば頂上への近道、行けそうな気がする。
案内板の右が「静かの滝」、非常に荒れています、案内板の左からも沢が落ちてきています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板の右が「静かの滝」、非常に荒れています、案内板の左からも沢が落ちてきています。
東口に到着、ここは広戸仙と滝山の鞍部です。案内板は完全に壊れています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東口に到着、ここは広戸仙と滝山の鞍部です。案内板は完全に壊れています。
広戸仙頂上に到着しました。日本原の陸上自衛隊の演習中、戦車の発砲の音がドンドンと響きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広戸仙頂上に到着しました。日本原の陸上自衛隊の演習中、戦車の発砲の音がドンドンと響きます。
第三展望台に到着しました。あとは下るだけだし、眺望は最高なので大休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三展望台に到着しました。あとは下るだけだし、眺望は最高なので大休憩。
第三展望台より) 滝山、その右奥に雲がかかりかけた那岐山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三展望台より) 滝山、その右奥に雲がかかりかけた那岐山。
第三展望台より) 塩手池とその周辺。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三展望台より) 塩手池とその周辺。
北方面展望岩より津川川ダム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方面展望岩より津川川ダム。
声ヶ乢登山口まで降りてきました、疲れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
声ヶ乢登山口まで降りてきました、疲れた。
声ヶ乢にある案内図
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
声ヶ乢にある案内図

感想/記録

公式サイトをはじめ、ふるさとコースに関するネット情報や実際に歩かれた方々のお勧めルートは、声ヶ乢登山口から一旦広戸仙山頂を越えて、東口からふるさとコースへ入りって西口へ出て下山するルートだそうだ。なぜかよく分らなかったのだが、実際に行ってみて思ったことは、西から入るとルートをロストしやすいところが二ヶ所あるが、東から入ればその迷いやすいポイントで迷わずに済むということ。

西口からアプローチした時に迷いやすい場所と原因は、

第一に、
ひめ滝の標高まで降下する尾根。ここは道がわかりにくい上に、国土地理院の地形図のルートからは大きくずれている。GPSで測位しながら地形図の破線ルートのとおりに行こうとすると、大きな岩に遮られて前にも下にも進めなくなる。以前ここで1時間ほどさまよった挙句、ルートを発見できなくて退散した。帰宅して確認した公式サイトのマップでは「行き止まり」と表記されていた。
東口からアプローチすれば、ここの尾根は登りになる。この尾根の道は不明瞭だが、周囲が比較的開けているので尾根筋を適当に登っても明瞭なトラバース道に出会える。そして西口方向に進めば行き止まりに出会うことはなく、迷う可能性はほぼ無いと思われる。

第二に、
「黒媛の滝」へのルートが分りにくい。西から行くと滝よりもかなり下流で沢に出会い、滝は見えません。沢に出会ったところで渡渉箇所を探すと、下方にピンクの目印があったので一旦下降した。しかしどうも滝らしくないのでそのまま沢を登ってみると、かなり上方に滝の看板があった。東から来れば沢の手前の目の前に看板が現れるので決して迷わない。

このような事情で東からのルートを勧められるのだと考えられる。

ふるさとコースというのは、その名前からは里山の遊歩道を連想してしまいがちだが、山の北面の急斜面につけられたトラバース道だ。道が不明瞭でロストしやす箇所はあるし、急登・激下り、がれ場、倒木、とんでもない急斜面のトラバース、滑りやすい急斜面の鎖場、そんな急斜面にかかる沢の渡渉、浮石による滑落、落石、足の捻挫・骨折、ないのはヤブと動物(熊・猪)くらいだろうか、低山にありそうな危険は一通りあると思っていたほうがよい。

訪問者数:12人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ