また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1354419 全員に公開 雪山ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山家族雪山ハイク

日程 2018年01月07日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー2人
天候晴れ〜曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
京都から高速道路。美原北ICから15kmほど。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間7分
休憩
2時間11分
合計
5時間18分
Sスタート地点09:2609:35黒栂谷道分岐10:06五合目(千早本道)10:2110:30二ノ滝10:3810:51八合目(千早本道)10:5211:10九合目(千早本道)11:18山頂広場12:5012:58九合目(千早本道)12:5913:09八合目(千早本道)13:18二ノ滝13:1913:29五合目(千早本道)13:3214:08千早神社14:1214:20千早城跡14:31金剛登山口バス停14:3714:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
金剛山登山口からの登山道は、5合目から先アイゼンは必須ではないですが、が無いと結構ヒヤヒヤします。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

備考 買ったばかりの12本爪アイゼンを持って行ったが、うまく装着できなかった(涙)

写真

金剛山登山口から登り始めます。
2018年01月07日 09:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山登山口から登り始めます。
2
今日は嫁さんと下の子と一緒です。
2018年01月07日 09:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は嫁さんと下の子と一緒です。
2
五合目付近からの眺め
2018年01月07日 10:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目付近からの眺め
徐々に傾斜がきつくなって、足元が滑りやすくなってきまして、
2018年01月07日 10:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に傾斜がきつくなって、足元が滑りやすくなってきまして、
2
軽アイゼン装着です。
2018年01月07日 10:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軽アイゼン装着です。
4
こちらスニーカーですが、雪に喜んで右へ左へ足元など気にしません。
2018年01月07日 10:28撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらスニーカーですが、雪に喜んで右へ左へ足元など気にしません。
8
これが、霧氷っていうのかな?
2018年01月07日 10:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが、霧氷っていうのかな?
2
アップがうまく撮れない(汗
2018年01月07日 11:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップがうまく撮れない(汗
1
午前中の登りの際は、木の枝に細かいのがびっしり、とてもきれいでした。午後の下山時にはすっかり消えていました。
2018年01月07日 11:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前中の登りの際は、木の枝に細かいのがびっしり、とてもきれいでした。午後の下山時にはすっかり消えていました。
2
雪が深くなればなるほど元気になるのでした。
2018年01月07日 11:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が深くなればなるほど元気になるのでした。
8
木の間を通して富田林方面の街並み
2018年01月07日 11:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間を通して富田林方面の街並み
1
無事金剛山山頂に着きました。
2018年01月07日 11:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事金剛山山頂に着きました。
11
山頂からの街並みの眺め
2018年01月07日 11:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの街並みの眺め
4
山頂は大賑わいでした。
2018年01月07日 11:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は大賑わいでした。
5
山頂から少し下った広場で昼休憩。眺めは無かったけど、よその親子に雪遊びを混ぜてもらいました。
2018年01月07日 12:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から少し下った広場で昼休憩。眺めは無かったけど、よその親子に雪遊びを混ぜてもらいました。
2
青空をバックに
2018年01月07日 12:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空をバックに
2
下山時は階段をお尻で滑って降りてます。
2018年01月07日 13:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時は階段をお尻で滑って降りてます。
6
千早城への分岐道を千早城方面に向かいます。この辺りまで下るとトレイル上の雪はほとんどありません。
2018年01月07日 14:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千早城への分岐道を千早城方面に向かいます。この辺りまで下るとトレイル上の雪はほとんどありません。
千早神社はメイン登山路から外れているせいか、人もまばらでしたが、趣もあって良い神社でした。
2018年01月07日 14:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千早神社はメイン登山路から外れているせいか、人もまばらでしたが、趣もあって良い神社でした。
千早神社の広場にはこの時間でもたっぷり雪が残っていました。
2018年01月07日 14:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千早神社の広場にはこの時間でもたっぷり雪が残っていました。
千早城址から急階段の下りが結構長いこと続きます。
2018年01月07日 14:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千早城址から急階段の下りが結構長いこと続きます。
スタートした駐車場に無事戻りました。
2018年01月07日 14:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートした駐車場に無事戻りました。
1
撮影機材:

感想/記録

ダイトレに行ってみたいとずっと思いつつ、なかなか機会が無かった。
ダイトレにいきなり行く前に、まずは一度冬の金剛山に行こうと、急遽金剛山行きが決まる。
すると、嫁さんも一緒に行きたいと言ってくれて、下の子も連れて金剛山雪山家族ハイクが決まる。当初は水越峠から行こうかと思っていたが、初金剛山だし、もっともポピュラーな金剛山登山口からの登山道を登ることにする。

7時半前に家を出て、9時半過ぎに金剛山登山口をやや下った駐車場に到着。路面の凍結が心配だったが、時間も遅めだったせいか道路上は積雪や凍結は無し。身支度をして9時半に出発。金剛山登山口から登山口に入る。
この日は三連休の中日で気温も穏やか好天の一日という天気予報。前後に大勢のハイカー。茶屋を過ぎてしばらくして木の階段が始まる。足元も徐々に雪が増えていく。子供は初め嫌々の様子だったが、雪が増えると共に元気になって、前に行ったり横に行ったり、雪を握ったり雪を食べたり雪で滑ったりしてご機嫌にモードになる。

5合目を過ぎた辺りで、嫁さんが軽アイゼン装着。私は12本爪のアイゼンを持って来ていたのだが、さすがに大げさだったので装着せず。ストックを支えに、転ばないように歩く。大部分のハイカーが、何らかのアイゼンや滑り止めを装着していた。

トレイル周囲の木々に霧氷が目に付くようになる。枝先に細かい粒粒のようにくっついていて、本当にきれいだった。午後には消えてなくなっていたので、やはりスタートは早い方が良いのだろう。

そうこうするうちに山頂に到着。山頂はハイカーで大賑わいであった。ライブカメラにはちょっと後ろ髪ひかれたけど、家族の集合写真は撮れたのでそれで良しとする。お昼は携帯コンロでお湯沸かしてカップ麺。ファミマのオリジナルカップ麺は案外行けた。

登りはアイゼン無しだったけど、下りは有った方が良いかと、買ったばかりの12本爪アイゼンを初めて着けることにする。ところが、いざ着けようとしてみても、直ぐに外れてしまう。30分近く格闘して断念する。まあ、予行演習のつもりもあったので、まさにその演習となってしまった。私が12本アイゼンと格闘している間、子供はよその親子と一緒に雪遊びをしていた。お相手して下さりありがとうございました。

下りは一部ヒヤヒヤするところもあったが、大部分に手すりもあったので、スピードを落として進めば大きな問題は無かった。子供は階段を尻の下に何もひかずに滑り台のようにして降りていた。尻痛くないのか!?

千早城跡への分岐で、せっかくだから登りとは違う千早城跡方面への道を進む。平坦な地道が続き、間もなく千早城跡。神社にお参りする。人もまばらで清清しい感じのする神社だった。神社前の広場には雪が。そこから先は急階段を結構延々と歩いて下り、車道。さらにもう少し下って駐車場に到着。

初めての金剛山、ほぼ最短ルートの上り下りで、ちょっと物足りないことなるかもと思っていたが、家族も一緒だったし、雪もあって霧氷もあって、子供もご機嫌で、思っていた以上に楽しい雪山ハイクであった。子供も又来たいと言ってくれたし。次はもう少し早起きしたいと思う。
訪問者数:237人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/24
投稿数: 769
2018/1/11 15:00
 子供はアイゼンよりもすべり台?
遅コメになってしまいましたが、ヤマレコでは明けましておめでとうございます〜
新年一発目の山行が、ご家族で雪の金剛山とは良いですね! H君も大喜びなのがモロに伝わってきます
大人なら軽アイゼンやチェーンアイゼンを付けないと恐ろしいところですが (さすがに12本は大袈裟 w)、子供は雪面と目線の距離が近いせいか、それほどコワいと思わないのでしょうかねぇ〜。

関東はとにかくカラッカラで、富士山の雪も年末からの突風続きで大部分が吹き飛んでしまいました。いつもの年なら丹沢や奥多摩のスノーハイクが楽しくなる頃合ですが、今年はさっぱりです。それだけに、関西は日本海側の気候の影響を受けやすく、ダイトレ界隈でもドップリ雪なのがマジでうらやましいです……。

何はともあれ、今年もhiyo-ru一家がほのぼの安泰でありますよう!  
登録日: 2013/8/21
投稿数: 52
2018/1/11 19:52
 Re: 子供はアイゼンよりもすべり台?
bobandouさん

今年初めてののレコに今年初めてのコメントありがとうございます
初金剛山でしたが、雪もサラサラ、樹氷もきれい、お連れもご機嫌と思った以上の雪山ハイキングとなりました。子供が又行きたいと言うなんて、いつ以来だろう・・・

今日もこちらでは京都から大阪の山々には薄らと雪化粧となっていました。
こうしてみると、こと雪山に関しては、関東と比べて関西は恵かな〜り恵まれているのでしょうね。ありがたく生かさねば

2月頭に旧正月新年会でお会いするのを楽しみにしています
では〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ