また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1354841 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

2018年初登りは大快晴の焼岳

日程 2018年01月07日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候大快晴!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中の湯温泉旅館に前泊
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間44分
休憩
14分
合計
5時間58分
S新中の湯登山口08:3212:24焼岳12:3714:24新中の湯登山口14:2514:29中の湯温泉14:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ログの時間がぶれてますが、以下の通りです。
登り:8:32→11:57 (3:25)
下り:12:52→14:30 (1:38)
コース状況/
危険箇所等
■中の湯温泉旅館〜中の湯登山口
中の湯から登山口までショートカットで登ってきます。
登山口手前の坂が急。
■中の湯登山口〜2,000m付近
焼岳が正面に見えるあたりが2,000m付近だと思いますが、樹林帯をひたすら登っていきます。
■2,000m付近〜焼岳
北峰へのルートは2,000mより少し前で分岐しているようです。
(今回トレースがなかったのでわからず)
森林限界前に急登。ツボ足の方が多かった印象ですが、"わかん"持参なら"わかん"が楽ではないかと思います。
私はスノーシューで楽々でした。
森林限界後は、アイゼン+ピッケルで南峰へ。こちらも危険個所はありません。
その他周辺情報■下山後の温泉
中の湯温泉旅館 日帰り入浴\700 (前泊者は\500、上高地散策プランの場合は無料)
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

中の湯温泉旅館に前泊
宿泊者の9割が登山もしくは上高地散策者。
冬ならではですね。
2018年01月07日 08:12撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中の湯温泉旅館に前泊
宿泊者の9割が登山もしくは上高地散策者。
冬ならではですね。
1
最初はこんな感じ。
はじめからスノーシューでいきます。
2018年01月07日 08:34撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はこんな感じ。
はじめからスノーシューでいきます。
1
いい天気だ。
2018年01月07日 08:44撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい天気だ。
1時間20分ほどで、焼岳が姿を現しました。
2018年01月07日 09:51撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間20分ほどで、焼岳が姿を現しました。
2
ツボ足でもよいですが、スノーシューの方が楽です。
(重いけど)
2018年01月07日 10:00撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツボ足でもよいですが、スノーシューの方が楽です。
(重いけど)
テントが1張り
2018年01月07日 10:01撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントが1張り
1
もう一張り
本日トップは6:50に出たとか。
2018年01月07日 10:02撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一張り
本日トップは6:50に出たとか。
1
よいロケーションですね。
2018年01月07日 10:02撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よいロケーションですね。
乗鞍も見えます。
2018年01月07日 10:03撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍も見えます。
樹林帯最後の急登。
2018年01月07日 10:09撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯最後の急登。
樹林帯を越えて穂高
2018年01月07日 10:21撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を越えて穂高
2
もうちょっと樹林帯ありました。
2018年01月07日 10:22撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょっと樹林帯ありました。
奥穂〜前穂高〜明神
2018年01月07日 10:31撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂〜前穂高〜明神
2
焼岳北峰(右)と南峰(左)
北峰へのトレースはなく、南峰に伸びてます。
2018年01月07日 10:40撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳北峰(右)と南峰(左)
北峰へのトレースはなく、南峰に伸びてます。
1
きれいなトレース
2018年01月07日 10:43撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいなトレース
1
ここで終わりにする人もある程度いました。
2018年01月07日 10:51撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで終わりにする人もある程度いました。
1
ここからはアイゼン+ピッケル。
北峰ではなく、南峰に向けてトレースついてます。
2018年01月07日 11:01撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはアイゼン+ピッケル。
北峰ではなく、南峰に向けてトレースついてます。
1
遠くに白山
2018年01月07日 11:48撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに白山
1
あとちょっと〜
2018年01月07日 11:48撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとちょっと〜
山頂から振り返って。
乗鞍がよく見えますね〜
2018年01月07日 11:57撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から振り返って。
乗鞍がよく見えますね〜
1
山頂(南峰)
2018年01月07日 12:04撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂(南峰)
2
いつもの
2018年01月07日 12:06撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの
2
今回は嫁と2人なので2本で。
2018年01月07日 12:08撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は嫁と2人なので2本で。
3
南峰端から、噴出口・北峰。そして槍穂
2018年01月07日 12:13撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰端から、噴出口・北峰。そして槍穂
2
西穂〜奥穂の稜線
2018年01月07日 12:13撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂〜奥穂の稜線
1
わかりにくいですが1名。
2018年01月07日 12:38撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わかりにくいですが1名。
1
先ほどの方でした。
お話させていただきました。
2018年01月07日 12:40撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどの方でした。
お話させていただきました。
1
穂高をバックに。
では下山します。
2018年01月07日 12:48撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高をバックに。
では下山します。
2
さようなら。
またいずれ。
2018年01月07日 13:18撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さようなら。
またいずれ。
2
おそらく誰もがやったことがある、雪面ダイブ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おそらく誰もがやったことがある、雪面ダイブ。
4
帰りには1張り。
朝イチで登山口前に追い越した方でした。
2018年01月07日 13:36撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りには1張り。
朝イチで登山口前に追い越した方でした。
1
一気に下山。
登山口。
2018年01月07日 14:24撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に下山。
登山口。
1

感想/記録

2018年初山行。
昨年3月に行けなかった焼岳にしました。(初焼岳)
中の湯温泉旅館に前泊。宿泊者の9割が山関連という冬ならでは?の光景でした。
前日は降雪で心配でしたが、夜には星空、当日は大快晴。まさにThe Day。

スタートが遅れ8:30ぐらいに中の湯出発。
”わかん”と迷いましたが、スノーシューで登山口から装着。
多くの人が"わかん"で装着なしの状態でしたが、スノーシューで正解だったかな。
ツボ足でも問題ないですが、浮力があるので疲労度の違いかと。
テン泊者は2張り。2,000m付近に張っており、6:50にでたとおっしゃってました。
北峰へのトレースはなく、南峰へのトレースとなってました。
(通常南峰は立入禁止ですが、積雪期北峰は雪崩の危険もある+南峰禁止の理由である崩落もしにくいということで南峰登頂のレコやサイトをいくつか下山後に確認しました。当日は赤旗もありましたが。)

森林限界を越えて、少し行ったところでスノーシューから、アイゼン+ピッケルに換装。30分ほど南峰に向けて登っていきます。
南峰山頂では、快晴・微風で360度の大展望!
シーズンに数度?しかない The Dayです。
写真を何枚も撮り、いつものごとく名残惜しいけど下山。

幸先のよい2018年の出だしとなりました。
今年も安全登山で行きます。
訪問者数:781人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/9
投稿数: 4
2018/1/9 8:54
 テント〜
テントは私たちで〜す。
快晴ですばらしかったですね(^_^)v
太りすぎでバテバテ、テントで12時間もねてしまいました。
登録日: 2013/10/10
投稿数: 13
2018/1/13 8:13
 Re: テント〜
返信遅くなりましてすみません。
ホントにめったにない快晴でしたね。
冬のテントはやりませんが、晴れていれば気持ちよさそうですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ