また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1354984 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

硫黄岳 桜平からピストン

日程 2018年01月07日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ☀
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新潟から北陸道、上信越道、長野道、中央道と乗り継ぎ、諏訪ICでOUT。
茅野市街を抜け、別荘が点在する閑静な高原道路を通り、唐沢鉱泉・桜平分岐へ。
雪道ドライブで桜平駐車場(中)まで進入。2WDのFF車で行ってしまったが本来4WD車限定です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間5分
休憩
2時間11分
合計
6時間16分
Sスタート地点07:4307:52桜平08:16夏沢鉱泉08:2509:03オーレン小屋09:1109:30山びこ荘09:41ヒュッテ夏沢09:4210:40硫黄岳10:4311:14ヒュッテ夏沢11:2211:22山びこ荘11:5812:00夏沢峠12:09オーレン小屋12:31夏沢鉱泉13:3713:52桜平13:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山びこ荘の脇で昼食30分。夏沢鉱泉で休憩&入浴1時間。
コース状況/
危険箇所等
コース上は問題なし。桜平駐車場(中)までの運転が本日のハイライト。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 厚着のレイヤリングで失敗。汗かきすぎ。
備考 お気に入りのキャップ帽を飛ばしてしまった(涙)

写真

桜平(中)駐車場に駐車。7:30時点で我々だけ。このときの気温、マイナス10℃。
2018年01月07日 07:42撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜平(中)駐車場に駐車。7:30時点で我々だけ。このときの気温、マイナス10℃。
1
10分ほど歩いて桜平ゲート。
2018年01月07日 07:53撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分ほど歩いて桜平ゲート。
20分ほど歩いて夏沢鉱泉。ここで登山者カードを記入。
2018年01月07日 08:18撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分ほど歩いて夏沢鉱泉。ここで登山者カードを記入。
踏み固められた圧雪路を歩く。
2018年01月07日 08:26撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み固められた圧雪路を歩く。
次第に周りの樹木が雪化粧されていく。
2018年01月07日 08:44撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次第に周りの樹木が雪化粧されていく。
こもれびが差し込む。
2018年01月07日 08:59撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こもれびが差し込む。
1
シラビソの森。
2018年01月07日 09:01撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラビソの森。
2
オーレン小屋到着。
2018年01月07日 09:03撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オーレン小屋到着。
1
ヒュッテ夏沢到着。
2018年01月07日 09:31撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテ夏沢到着。
1
夏沢峠。ここで軽アイゼン装着。大幅にモタつき先輩方に20分差をつけられてしまった・・・
2018年01月07日 09:31撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢峠。ここで軽アイゼン装着。大幅にモタつき先輩方に20分差をつけられてしまった・・・
1
硫黄岳への登り。このあたりから風が強くなってきた。
2018年01月07日 10:04撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳への登り。このあたりから風が強くなってきた。
4
振返りで夏沢峠。その先に天狗岳の双耳峰が見えてきた。
2018年01月07日 10:04撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振返りで夏沢峠。その先に天狗岳の双耳峰が見えてきた。
手前が車山高原、遠くに、御嶽、乗鞍、穂高…
2018年01月07日 10:04撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前が車山高原、遠くに、御嶽、乗鞍、穂高…
ピークを正面に捉える。風が強いが、冬の八ヶ岳にしてはまだ穏やかなほう。
2018年01月07日 10:20撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークを正面に捉える。風が強いが、冬の八ヶ岳にしてはまだ穏やかなほう。
2
硫黄岳登頂。赤岳をバックに待ち構えてくれた先輩方と記念写真。
2018年01月07日 10:44撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳登頂。赤岳をバックに待ち構えてくれた先輩方と記念写真。
8
横岳から赤岳。さすがに近くで見ると迫力!次はあそこか。
2018年01月07日 10:45撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳から赤岳。さすがに近くで見ると迫力!次はあそこか。
4
中央アルプスかな。
2018年01月07日 10:46撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスかな。
1
乗鞍のほう。
2018年01月07日 10:46撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍のほう。
2
北アルプスオールスターズ!素晴らしい!!
2018年01月07日 10:46撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスオールスターズ!素晴らしい!!
3
天狗岳とその先は北八ッ、蓼科山。
2018年01月07日 10:46撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳とその先は北八ッ、蓼科山。
3
こわごわ爆裂火口に近づいてみる。
2018年01月07日 10:48撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こわごわ爆裂火口に近づいてみる。
3
雪庇になっていてここまでの接近で限界。
2018年01月07日 10:48撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇になっていてここまでの接近で限界。
3
強風で辛くなってきたので、帰ります。
2018年01月07日 10:55撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風で辛くなってきたので、帰ります。
1
オーレン小屋から硫黄岳を振返る。
2018年01月07日 12:11撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オーレン小屋から硫黄岳を振返る。
1
下りの頃にはだいぶ雪が緩んでいた。
2018年01月07日 12:12撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りの頃にはだいぶ雪が緩んでいた。
夏沢鉱泉。ここで野趣溢れる風呂に浸かり汗を流す。
2018年01月07日 12:30撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉。ここで野趣溢れる風呂に浸かり汗を流す。
2
桜平(中)駐車場に戻る。広い駐車場に我々の車だけ。
2018年01月07日 14:02撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜平(中)駐車場に戻る。広い駐車場に我々の車だけ。
1
見上げると八ヶ岳ブルーの青空が広がっていた。
2018年01月07日 14:02撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げると八ヶ岳ブルーの青空が広がっていた。
2

感想/記録

 年末年始、食って飲んで寝るだけの生活を過ごし身体は緩みに緩んだ。そしてようやく迎えた2018年の初登り。日帰りとしては強行軍、遠路遥々八ヶ岳へと向かう。

 唐沢鉱泉から天狗岳を目指すか、桜平から硫黄岳を目指すか、分岐に着くまでは決めかねていた。分岐に着くと、ここに車を停め唐沢鉱泉へと歩いていく登山者が多くいた。混雑しているようだ。ここからは歩きたくない。本来、積雪期は桜平駐車場(中)へ向かうには4WD車でなければダメなのだが、積雪量や路面の感じから、自分の2WDのFF車でも行ける気がなんとなくした。で、行ってみた。

 下駐車場を過ぎてから、さすがに厳しくなってきた。途中2、3回上れない箇所に遭遇した。しかし隊長はこんなときに妙に張り切る。40年近い雪国新潟での冬の運転経験からなのか、これぐらいの困難ではまだ余裕があり、自称スペシャルドライビングテクニックと今シーズン買換えたばかりのスーパーウルトラスタッドレスタイヤの力をもってして、これら難所をクリア。なんとか中駐車場に着くことが出来た。やや遅い時間ではあったが車は無く、我々が最初だった。ある意味賭けであったし、なんだかんだで結局は運が良かっただけかもしれない。更に厳冬期になるとさすがに無理でしょう。

 登山のほうは、桜平まで車で来れ、夏沢鉱泉ルートを行くことで長い林道歩きと混雑を回避。途中私がアイゼンのいい加減な装着をして大幅時間ロスしたこと、愛用品の帽子を飛ばしてしまったこと以外は、天気にも恵まれ、気持ち良く硫黄岳まで登れました。2018年も幸先良く?登山スタート出来たと思います。
訪問者数:835人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ