また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1355878 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲信越

恵那山

日程 2018年01月07日(日) [日帰り]
メンバー
 usagidake(CL)
 jueny(SL)
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場までの林道は、4駆スタッドレスだが、スリップサインの出てるタイヤだったので、前輪にチェーンを装着。全く問題なし。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間57分
休憩
1時間1分
合計
7時間58分
S林道ゲート07:3508:10恵那山広河原ルート登山口08:1609:344合目(休憩所)09:3510:501,990m展望地10:5411:53恵那山一等三角点11:5912:06恵那山頂避難小屋12:1912:31恵那山一等三角点12:5613:251,990m展望地14:124合目(休憩所)14:57恵那山広河原ルート登山口15:20林道ゲート15:2615:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は無し。
踏み跡もしっかりあったため快適に登れた。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

3バカトリオ
左:膝痛男 中:脛攣男 右:インスタ映えしたがり男
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3バカトリオ
左:膝痛男 中:脛攣男 右:インスタ映えしたがり男
1
駐車場から40分程(遅っ!!)歩いて、広河原登山口へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から40分程(遅っ!!)歩いて、広河原登山口へ。
稜線に出ると好展望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ると好展望。
2
踏み跡しっかり、ありがたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡しっかり、ありがたい。
1

感想/記録

正月明けの3連休、岐阜県多治見市の義母の実家に行くことになったため、1日だけ勝手させてもらい、雪の恵那山へ。
せっかくなんで、山男達に声を掛けると、東京から2人、大阪から1人パーティーに加わった。

林道手前でノーマルタイヤ車2台は乗り捨て、車1台で林道へ挑むことにした。
4駆のスタッドレス車だが、4年目のスタッドレス(3年間オールシーズン使用でカチカチ)のため、もちろんチェーン装着で問題なく登ってくれた。

とりあえず、15時頃までには戻ってくる予定で、7時半頃に駐車場を出発した。
雪上歩行訓練ということで、行けるとこまでアイゼンは付けずに進むこととする。
天気は快晴で風も無し。最高のコンディションだが…
ほどなくして、メンバー1人に遅れが出始める。
「足が攣りそう。」とのこと。
「嘘やろ!もう!?」
「てか、何もしてなくても最近毎日攣りそうなんねん。」とか訳のわからないことを言う始末。
まぁ、想定の範囲内だし、時間もあるから無理せずゆっくり登る。

なんとか12時頃山頂到着。
山頂小屋裏の眺めが良いとのことなので、小屋方面へ向かっている途中、ついに足が攣ったらしい。
即効性のある、漢方の芍薬甘草湯を飲ませ、回復!?
しばし休憩。
アイゼンは無しでも大丈夫そうだったが、下山時は念のためアイゼン装着。

下山開始ほどなくして、、別のメンバー1人に遅れが出始める。
「どうしたん?」
「膝が痛くならないようにペースを落としている。」とのこと。

そんなこんなで予定時間の15時には下山できなかったけど、良い訓練にはなったかな…
子供のオムツばっか替えずに、しっかりトレーニングして下さいよ!
って私もか(;´Д`)
早く帰って子供の相手しなければ…

【反省事項(→対応策)】
●基礎体力不足(→運動しようよ)
訪問者数:380人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 林道 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ