また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1356564 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

南郷山

日程 2018年01月10日(水) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝の5時半過ぎに自宅を出発。6時10分頃和田峠につく。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間45分
休憩
20分
合計
2時間5分
S和田峠06:2506:40陣馬山07:0007:10陣馬新道登山口08:00南郷山08:30和田峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
時間は計測していません。だいたいこんなもんだったかなでしるしています。参考にしないでください。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 携帯 時計 タオル カメラ

写真

陣馬山山頂にて
もうすぐ日が昇ります。
2018年01月10日 07:18撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陣馬山山頂にて
もうすぐ日が昇ります。
陣馬山山頂にて
太陽が顔を覗かせました。
2018年01月10日 07:23撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陣馬山山頂にて
太陽が顔を覗かせました。
2
陣馬山山頂にて
日が昇り明るくなりました。
2018年01月10日 07:23撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陣馬山山頂にて
日が昇り明るくなりました。
陣馬山山頂にて
モニュメントに朝日が当たるようになりました。
2018年01月10日 07:26撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陣馬山山頂にて
モニュメントに朝日が当たるようになりました。
2
陣馬新道コース分岐から陣馬山直下の分岐箇所を振り返って。
2018年01月10日 07:34撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陣馬新道コース分岐から陣馬山直下の分岐箇所を振り返って。
陣馬新道コース進行方向。
2018年01月10日 07:34撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陣馬新道コース進行方向。
陣馬新道コースはこんな感じで杉林をひたすら下ります。
2018年01月10日 07:36撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陣馬新道コースはこんな感じで杉林をひたすら下ります。
1
南郷山北東尾根の取り付き箇所です。
2018年01月10日 08:24撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南郷山北東尾根の取り付き箇所です。
南郷山北東尾根の取り付き箇所です。
カメラの設定ミスでピンぼけですが、登って直ぐ振り返ったところです。
2018年01月10日 08:26撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南郷山北東尾根の取り付き箇所です。
カメラの設定ミスでピンぼけですが、登って直ぐ振り返ったところです。
南郷山北東尾根の取り付き箇所です。
登り始めはやや荒れていますが、直ぐに下生えが刈り取られた杉林になります。よく手入れされていました。手入れのされた杉林が南郷山頂上傍まで続きます。
2018年01月10日 08:26撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南郷山北東尾根の取り付き箇所です。
登り始めはやや荒れていますが、直ぐに下生えが刈り取られた杉林になります。よく手入れされていました。手入れのされた杉林が南郷山頂上傍まで続きます。
南郷山の頂上近くになると背の低い笹が目立つようになります。この笹は直下でははえていません。
2018年01月10日 08:48撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南郷山の頂上近くになると背の低い笹が目立つようになります。この笹は直下でははえていません。
ピンぼけですいません。南郷山頂上です。
2018年01月10日 08:55撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンぼけですいません。南郷山頂上です。
1
頂上から北東尾根を振り返ってみました。
2018年01月10日 08:49撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から北東尾根を振り返ってみました。
南郷山の頂上から少し西に進むと、奥高尾の縦走路が見えてきます。
2018年01月10日 08:57撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南郷山の頂上から少し西に進むと、奥高尾の縦走路が見えてきます。
ここが縦走路との分岐です。
2018年01月10日 08:58撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが縦走路との分岐です。
縦走路から分岐と南郷山を振り返ってみました。
2018年01月10日 08:59撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路から分岐と南郷山を振り返ってみました。
和田峠に到着。クロスカブが待っています。
2018年01月10日 09:13撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和田峠に到着。クロスカブが待っています。
先日の颱風で和田峠の神奈川側は通行止めです。しかし、この少し後にジムニーが登ってきました。本当に通行止めなのでしょうか?
2018年01月10日 09:14撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先日の颱風で和田峠の神奈川側は通行止めです。しかし、この少し後にジムニーが登ってきました。本当に通行止めなのでしょうか?
撮影機材:

感想/記録

●和田峠から陣馬山
 和田峠から陣馬山の直登ルートはひたすら階段をのぼります。約700段+アルファで頂上に立つ事が出来ます。
●陣馬山から新道登山口まで
 直登ルートを少し戻ると分岐があります。この分岐を右に折れ斜面を下ります。道が平らになると分岐が2箇所あります。道標がしっかり整備されていますので、迷うことはありません。
 分岐から新道ルートを進むと道は左に折れます。ここから登山口まではひたすら下って行きます。やや急傾斜ですが、道もしっかりしています。危ない所はありません。
●南郷山林道から南郷山まで
 登山口から一寸下ると南郷山林道入り口です。入口はチェーンで封鎖されています。2018年1月10日の時点での情報ですが、南郷山林道は土砂崩れの為に車も人も通行止めです。南郷山北東尾根の取付位置まで通ることは可能でしたが、通行止めであることを考慮した上で林道を進むか否かを判断すべきだと思います。 
 林道を登っていきます。二つ目の大きなカーブが北東尾根の取り付き位置になります。目印はありませんが、ロープが一本さがっています。
 登り始めは藪っぽいですが、直ぐ手入れの行き届いた人工林(=杉林)になります。踏み跡はありませんが、進行方向に迷うような箇所はありません。ただひたすらに登っていくと南郷山頂上です。
●南郷山から和田峠まで
 南郷山から西に進むと、陣馬山へ続く縦走路に合流します。バリエーションルートですから合流箇所に道標はありません。縦走路から見ると、少ピークの脇を抜けていくだけと行ったところでしょうか。
 縦走路を陣馬山へ向かって進むと、程なく分岐に行き当たります。和田峠を示す方向へ進むと、先程通った分岐に行き当たります。今度は和田峠の方へ向かいます。分岐から和田峠までは車両も通れる幅があり、登山道というよりも細い林道といった感じです。ゆるく下っていくと和田峠に到着します。
訪問者数:239人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 直登 道標 目印 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ