また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1359649 全員に公開 雪山ハイキング霊仙・伊吹・藤原

霊仙山をスノーシューハイク

日程 2018年01月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
霊仙山登山口駐車場は狭く、7台程度しか駐車出来ないので満車になった後来た人は駐車場より数キロ手前から歩かれていたよう。7:30頃で最後に1台しか空いておらず。駐車場登山口までは急な傾斜はないが、この時期路面に積雪、凍結ありスタッドレスは必要。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
GPSログは積雪期コースなので、無雪期には参考になりません。全コース上に積雪があり、特に帰りのコースはスノーシューでトレースのないところを縦横無尽に暴れて歩いている。ドリーネに落ちないように。5合目から7合目への直登は傾斜が強い。帰りはそこをシリセードで下った。ピップソリも持参したが、滑りすぎて怖かったので試しにとどめた。
その他周辺情報醒ヶ井駅に道の駅が併設されていて食事、土産を買うことができる。
夏であれば近くの街道筋で梅花藻を鑑賞できる。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 ゲイター 毛帽子 ザック アイゼン スノーシュー 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め 携帯 時計 サングラス ストック カメラ

写真

7:30頃の到着時ほぼ満車で左側に寄せて駐車。その後1台前の方に駐車していた。
2018年01月14日 07:47撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:30頃の到着時ほぼ満車で左側に寄せて駐車。その後1台前の方に駐車していた。
2
駐車場で−0.3℃
2018年01月14日 07:56撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場で−0.3℃
棚田の廃墟?石垣のある道を沢に沿って行くと
2018年01月14日 08:01撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棚田の廃墟?石垣のある道を沢に沿って行くと
休業中の「かなや」に出る。
2018年01月14日 08:03撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休業中の「かなや」に出る。
「かなや」の有名な無人販売だが、冬季で休業なのか商品はなし。
2018年01月14日 08:03撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「かなや」の有名な無人販売だが、冬季で休業なのか商品はなし。
「かなや」から15分ほど歩くと2合目の汗ふき峠に出る。右に行くと周回して霊仙山に至るが、今回は距離の近い左に行き、尾根道を進む。
2018年01月14日 08:19撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「かなや」から15分ほど歩くと2合目の汗ふき峠に出る。右に行くと周回して霊仙山に至るが、今回は距離の近い左に行き、尾根道を進む。
汗ふき峠から続く尾根道。
2018年01月14日 08:25撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
汗ふき峠から続く尾根道。
10分ほどで3合目に到着。雪は10~20cm程度で深くなくアイゼンは無くても可。(チェーンアイゼン着用)
2018年01月14日 08:29撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分ほどで3合目に到着。雪は10~20cm程度で深くなくアイゼンは無くても可。(チェーンアイゼン着用)
山から日が昇ってきた。これは霊仙山か?
2018年01月14日 08:58撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山から日が昇ってきた。これは霊仙山か?
5合目からは琵琶湖方面の展望があり見晴台と名付けられている。
2018年01月14日 09:02撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目からは琵琶湖方面の展望があり見晴台と名付けられている。
木樹に霧氷が少し付き出した。
2018年01月14日 09:10撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木樹に霧氷が少し付き出した。
天気もよく青空と霧氷は美しい。
2018年01月14日 09:12撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気もよく青空と霧氷は美しい。
5
青空と霧氷! 待っていた景色だ!
2018年01月14日 09:16撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空と霧氷! 待っていた景色だ!
8
琵琶湖方面もきれいに見えている。
2018年01月14日 09:18撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖方面もきれいに見えている。
1
7合目のお猿岩。前回来た時もどれがお猿岩か分からず、今回も。
2018年01月14日 09:24撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7合目のお猿岩。前回来た時もどれがお猿岩か分からず、今回も。
2
どこまでも続く先行者のトレース
2018年01月14日 09:25撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまでも続く先行者のトレース
2
昨夜、山小屋で過ごされたというお二人とすれ違った。駐車場に雪が屋根に盛大に積もった自動車があったのであれかな。
2018年01月14日 09:31撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨夜、山小屋で過ごされたというお二人とすれ違った。駐車場に雪が屋根に盛大に積もった自動車があったのであれかな。
雪庇、近寄ったら落ちるんでしょうね。
2018年01月14日 09:32撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇、近寄ったら落ちるんでしょうね。
2
ピンぼけながら0.7℃
2018年01月14日 09:35撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンぼけながら0.7℃
1
ミニエビの尻尾。
2018年01月14日 09:47撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミニエビの尻尾。
1
お池(霊仙神社)、当然ながら池は埋もれている。
2018年01月14日 09:55撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お池(霊仙神社)、当然ながら池は埋もれている。
3
7合目を少し過ぎたところでスノーシュー装着(この写真の15分ほど前)。
2018年01月14日 10:09撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7合目を少し過ぎたところでスノーシュー装着(この写真の15分ほど前)。
伊吹山には雲が掛かっている。
2018年01月14日 10:20撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山には雲が掛かっている。
1
北アルプスと御嶽山
2018年01月14日 10:20撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスと御嶽山
1
低い高さの植物と雪がイモムシみたいな形を作っている。
2018年01月14日 10:33撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低い高さの植物と雪がイモムシみたいな形を作っている。
霊仙山最高点を目指す。
2018年01月14日 10:36撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙山最高点を目指す。
霊仙山最高点。なんで最高点が頂上でないのかな?
2018年01月14日 10:47撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙山最高点。なんで最高点が頂上でないのかな?
1
最高点からの藤原岳と御池山
2018年01月14日 10:51撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高点からの藤原岳と御池山
次に霊仙山山頂を目指して歩いて行く。
2018年01月14日 11:01撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に霊仙山山頂を目指して歩いて行く。
記念撮影。ここで昼食を摂った後、北西向きに下っていく。
2018年01月14日 11:43撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念撮影。ここで昼食を摂った後、北西向きに下っていく。
6
再び霧氷三昧
2018年01月14日 11:50撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び霧氷三昧
5
ここをスノーシューで直滑降。
2018年01月14日 11:56撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここをスノーシューで直滑降。
1
自分のトレースを振り返って。
2018年01月14日 11:56撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分のトレースを振り返って。
1
スキーで降りている方もいて気持ちよさそう。
2018年01月14日 12:04撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーで降りている方もいて気持ちよさそう。
3
こんな、粋な落書きが・・・。イイね!
2018年01月14日 12:36撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな、粋な落書きが・・・。イイね!
「かなや」やっぱり飲み物はない。
2018年01月14日 12:54撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「かなや」やっぱり飲み物はない。
駐車場着。何台か空いていた。
2018年01月14日 13:04撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場着。何台か空いていた。
1
醒ヶ井駅から見た伊吹山。
2018年01月14日 13:33撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
醒ヶ井駅から見た伊吹山。
2
醒ヶ井道の駅
2018年01月14日 13:40撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
醒ヶ井道の駅

感想/記録
by nagsky

自宅を出て東名阪から雪が降り始め、新名神では路面に積雪、名神高速では並走して低速走行の除雪車に35kmも付き合わされて現地到着が30分遅れたため、駐車場がギリギリセーフだった。
天気予報では晴れでも強風とのことだったが、風は強くなく、ほとんど寒さを感じることがなく青空、雪原、霧氷のトリオが見れて最高だった。
夕に地区の新年会に出席しなければならないので周回は諦め、積もった雪の中の道なき道をスノーシューで暴れられて楽しかった。
訪問者数:714人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/2/15
投稿数: 549
2018/1/14 20:41
 最高の天気と霧氷でしたね。
こんばんは、nagsky さん。
最高の天気と霧氷だったみたいで、良かったです。
遠望もすごいですね〜、白山や北アルプスまで一望って、
今日みたいな遠望がきく日で、
それで風も強くない日って中々お目に掛かれませんよ。
霊仙山って遮る所が無いから、何時も風が強いイメージです。

スノーシューも楽しまれようで良かったです。
スノーシューが無いとキツイ位、雪は多いのでしょうか?
冬は行った事が無いので、一度行って見たいと思っています。
ご苦労様でした。
登録日: 2013/11/14
投稿数: 105
2018/1/14 21:41
 Re: 最高の天気と霧氷でしたね。
mildpapaさん、コメントありがとうございました。

今日は久しぶりの本当にいい山日和でした。
今日は御在所ロープウェイのスタッフブログに富士山が
見えたとあるそうで、透明度も高かったのだと思います。

積雪は深くても40~50cm程度で、50cmもある場所は
少ないので今日の程度であればスノーシューなしでも
mildpapaさんのように経験のある人ならば行けると
思います。また、凍って締まっている場所もところも
多いです。

吹きっ晒しなのは、木がほとんど無いということで
大きな岩も少ないので、どこでも歩けますしどんな急な
ところでも下れます。スノーシューを使ったほうが
明らかに楽ですけど。mildpapaさんは以前のログで
確か短いスキーを使ってたと思いますので、スキーも
楽しいかもしれません。今日も駐車場の登りからスキー
の跡があったのでスキーで上まで登った人がいると
思います。同じ方か分かりませんが、帰りにスキーを
背負った人に会いました。

ただ駐車場が狭いので、暗いうちから入った方がいいと
思います。ログにも書きましたが、駐車場の2km以上
手前から歩いている人がいるようです。(路肩に沢山
駐車していました)

霊仙山から見える御池岳にも冬に行きたいのですが、
コグルミ谷までの国道歩きが辛そうなのと木和田尾から
の長いラッセルは耐えられそうにないので当分行けそう
にありません。駐車場がなくて2~3km歩くぐらいなら
コグルミ谷に行った方がいいかもしれませんので、
次回冬に行く時にはもっと早く家を出ます。

それでは。
登録日: 2017/4/20
投稿数: 7
2018/1/22 21:09
 無題
こんばんは! またもや青空と霧氷でとても気持ちが良さそうですね〜! スノーシューも聞いたことはありましたが楽しそうです!!
登録日: 2013/11/14
投稿数: 105
2018/1/22 22:24
 Re: 無題
忙しいお仕事、まだ切りが付いていませんか?
前回の山行のときに話した霧氷 ハイクにもし
都合が付くなら軽アイゼンで行ける高見山か
三峰山辺りに行きませんか
天気は水モノなので、中々計画した通りには行か
ないかもしれませんが。また都合を教えてください。

それから、今思い出したのですが、紀北町魚飛渓の
付近に清五郎滝という氷爆があるそうです。前回
冷え込んだ際に氷爆が出来ていたようですので、
そこも面白そうかと思っています。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1360206.html
この記録のvalleyさんは私の知り合いです。
登録日: 2017/4/20
投稿数: 7
2018/1/24 8:38
 Re[2]: 無題
おはようございます。

返信おそくなりました。
日曜日バタバタしていましたが、ぜひお願いします。
2月11日(日)が直近では空いております

ご都合いかがでしょうか?
ご検討よろしくお願いします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ