また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1361795 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

【五頭山塊】五頭山 オッタテ尾根より周回

日程 2018年02月02日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●磐越自動車道・安田ICから菱ヶ岳駐車場まで、車でおよそ20分。道路の除雪はしっかりされていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間21分
休憩
23分
合計
6時間44分
S菱ヶ岳登山口07:4112:43五頭山13:0413:22一ノ峰13:34三ノ峰14:12三ノ峰コース登山口14:1314:24菱ヶ岳登山口14:2514:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
●オッタテ尾根は積雪期限定のバリエーションルートです。
コース状況/
危険箇所等
【オッタテ尾根】
●あまり人が入らない尾根で、すべてノートレース。ワカンで歩きましたが、平均して25僂曚病が沈みました。
●大沢の渡渉…水深は浅いものの、意外に水流が速いと感じました。また渡渉後、尾根に上がるまでに急斜面が続きます。
●難所…645m肩直下の急斜面が一番の難所。距離は長くありませんが、ロープとヤブを掴んでどうにか体を引き上げました。雪も深くラッセルを強いられます。もしロープが無かったら、ここで敗退していたと思われます。
●ナイフリッジ…645m肩→755m肩区間に、およそ20mの距離のナイフリッジがありました。雪面が柔らかければ問題ありませんが、クラストの際は要注意。

【縦走路→三又路】
●すべてノートレース。ワカンで歩きましたが、やはり平均して25僂曚病が沈みました。
●「867m手前」「三又路手前」などやや急な斜面もありますが、特別危険を感じた場所はありませんでした。

【三ノ峰コース】
●人気コースのためしっかりトレースが付いています。ツボ足でも歩けますが、雪面が踏み固められているため、斜面ではスリップしやすいです。6本爪アイゼンを履きました。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 アウター手袋 雨具 ネックウォーマー ザック 輪カンジキ アイゼン 昼ご飯 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ GPS ガイド地図(ブック) 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

●*遠望・飯豊連峰
2018年02月02日 11:33撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*遠望・飯豊連峰
29
●●*門内岳・北股岳
2018年02月02日 11:33撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*門内岳・北股岳
32
●●●*梅花皮岳・烏帽子山
2018年02月02日 11:33撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*梅花皮岳・烏帽子山
18
●●●●*飯豊山・大日岳
2018年02月02日 11:33撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*飯豊山・大日岳
28
7時12分、磐越自動車道・安田ICを降り、村杉温泉方面へと向かいます。五頭山塊の山並みが見えてきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時12分、磐越自動車道・安田ICを降り、村杉温泉方面へと向かいます。五頭山塊の山並みが見えてきます。
7
【菱ヶ岳駐車場】
7時30分、除雪終了地点である「菱ヶ岳駐車場」に到着。「晴れ予報だけど、まだ車は少ないですね…」
2018年02月02日 07:30撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【菱ヶ岳駐車場】
7時30分、除雪終了地点である「菱ヶ岳駐車場」に到着。「晴れ予報だけど、まだ車は少ないですね…」
3
本日の持ち物はワカン・6本爪アイゼン・ダブルストックです。登山の準備をしていると、次々と登山者の車がやって来ます。
2018年02月02日 07:37撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の持ち物はワカン・6本爪アイゼン・ダブルストックです。登山の準備をしていると、次々と登山者の車がやって来ます。
21
【オッタテ尾根・登山開始】
7時42分、支度を整えて登山開始。まずは橋を渡って五頭山「三ノ峰コース」方面へと進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オッタテ尾根・登山開始】
7時42分、支度を整えて登山開始。まずは橋を渡って五頭山「三ノ峰コース」方面へと進みます。
5
【オッタテ尾根へ向かう 
7時48分、「安野川」に架かる橋の手前で右に折れ、オッタテ尾根へと向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オッタテ尾根へ向かう 
7時48分、「安野川」に架かる橋の手前で右に折れ、オッタテ尾根へと向かいます。
7
【オッタテ尾根へ向かう◆
後方、分岐した道を振り返ります。スノーシューの先行者1名アリ。私もココでワカン装着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オッタテ尾根へ向かう◆
後方、分岐した道を振り返ります。スノーシューの先行者1名アリ。私もココでワカン装着。
6
安野川支流「大沢」の左岸沿いをしばらく歩きます。左手の眼下には小倉沢が流れています。
2018年02月02日 07:50撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安野川支流「大沢」の左岸沿いをしばらく歩きます。左手の眼下には小倉沢が流れています。
7
8時03分、大沢へ向かってゆるく下降。その先で渡渉できそうな場所を探ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時03分、大沢へ向かってゆるく下降。その先で渡渉できそうな場所を探ります。
4
【大沢を渡渉する】
8時06分、転石伝いに「大沢」を渡渉。沢幅はおよそ2m。水深は15cmほど。「意外に水流が速いね…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大沢を渡渉する】
8時06分、転石伝いに「大沢」を渡渉。沢幅はおよそ2m。水深は15cmほど。「意外に水流が速いね…」
7
大沢を渡渉後、2m弱ある雪壁をよじ登ります。いや、2mも無かったかも知れません。「沢に落ちるの、イヤだよ…」
2018年02月02日 08:07撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢を渡渉後、2m弱ある雪壁をよじ登ります。いや、2mも無かったかも知れません。「沢に落ちるの、イヤだよ…」
7
雪壁をよじ登った先も急斜面が続きます。「いや〜、スノーシューの先行者、なかなかの強者ですね…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪壁をよじ登った先も急斜面が続きます。「いや〜、スノーシューの先行者、なかなかの強者ですね…」
8
ようやく一段高い場所に上がったと思ったら、その先もさらに急斜面が続く。左手側は沢へと切れ落ちており、やや注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく一段高い場所に上がったと思ったら、その先もさらに急斜面が続く。左手側は沢へと切れ落ちており、やや注意。
5
【オッタテ尾根に上がる】
8時19分、無事にオッタテ尾根に上がりました。ここからは緩い斜面に変わる。
2018年02月02日 08:19撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オッタテ尾根に上がる】
8時19分、無事にオッタテ尾根に上がりました。ここからは緩い斜面に変わる。
3
足元の様子。スノーシューのトレースのお陰で、ずいぶんと楽です。「先行者の方、単独ラッセルはきっと大変でしょう…」
2018年02月02日 08:28撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元の様子。スノーシューのトレースのお陰で、ずいぶんと楽です。「先行者の方、単独ラッセルはきっと大変でしょう…」
15
オッタテ尾根序盤は大した展望もありません。左手側には五頭山「三ノ峰コース」の尾根、小さな登山者がゆっくりと動いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オッタテ尾根序盤は大した展望もありません。左手側には五頭山「三ノ峰コース」の尾根、小さな登山者がゆっくりと動いています。
2
【最大の難所・645m肩】
8時53分、進行方向の展望が開け、最大の難所「645m肩」が見えてきました。尾根が右へとカーブします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【最大の難所・645m肩】
8時53分、進行方向の展望が開け、最大の難所「645m肩」が見えてきました。尾根が右へとカーブします。
7
【最大の難所・全容】
645m肩直下の急斜面を眺めます。ヤブをつかんで体を引き上げます。途中に1ケ所、ロープが設置されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【最大の難所・全容】
645m肩直下の急斜面を眺めます。ヤブをつかんで体を引き上げます。途中に1ケ所、ロープが設置されています。
8
9時13分、645m肩への急斜面に差し掛かったところで、先行者に追いつきます。新雪のせいで踏ん張りがきかず、苦戦しているようです…
2018年02月02日 09:13撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時13分、645m肩への急斜面に差し掛かったところで、先行者に追いつきます。新雪のせいで踏ん張りがきかず、苦戦しているようです…
5
【先行者は女性ソロ】
スノーシューで蹴りこみながら登る先行者。「ナニナニ、単独ラッセルでこの急斜面を登ってたのは女性?!」
2018年02月02日 09:14撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【先行者は女性ソロ】
スノーシューで蹴りこみながら登る先行者。「ナニナニ、単独ラッセルでこの急斜面を登ってたのは女性?!」
18
【るんちゃん登場♪】
この女性、顔を知っている方でした。好日山荘スタッフの「るんちゃん」でした。
「オレと代わりましょう!」
2018年02月02日 09:20撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【るんちゃん登場♪】
この女性、顔を知っている方でした。好日山荘スタッフの「るんちゃん」でした。
「オレと代わりましょう!」
50
【645m肩直下・核心部 
ヒザ丈ほどのラッセルで最大斜度に差し掛かります。オッタテ尾根「核心部」はココでしょう。手を伸ばし、何とかトラロープを掴みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【645m肩直下・核心部 
ヒザ丈ほどのラッセルで最大斜度に差し掛かります。オッタテ尾根「核心部」はココでしょう。手を伸ばし、何とかトラロープを掴みます。
5
【645m肩直下・核心部◆
トラロープの先に太いフィックスロープが繋がっています。ヤブとロープを掴み、タイミングを見計らって一気に体を引き上げました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【645m肩直下・核心部◆
トラロープの先に太いフィックスロープが繋がっています。ヤブとロープを掴み、タイミングを見計らって一気に体を引き上げました。
10
オッタテ尾根で最大の難所をクリアしてホッとします。ふと左手の奥に目を移すと、五頭山方面に青空が広がってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オッタテ尾根で最大の難所をクリアしてホッとします。ふと左手の奥に目を移すと、五頭山方面に青空が広がってきました。
7
【645m肩を通過】
9時59分、難所をパスした後はゆるい斜面をのぼって「645m肩」を通過。「あるのは動物の足跡のみ…」
2018年02月02日 09:59撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【645m肩を通過】
9時59分、難所をパスした後はゆるい斜面をのぼって「645m肩」を通過。「あるのは動物の足跡のみ…」
5
●*645m肩付近より展望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*645m肩付近より展望
7
●●*進路・オッタテ尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*進路・オッタテ尾根
10
●●●*中ノ岳・北峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*中ノ岳・北峰
8
●●●●*菱ヶ岳・北山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*菱ヶ岳・北山
7
【755m肩へのルート確認】
645m肩から先にて、進行方向のルートを確認。ナイフリッジを経由して急斜面を登り、755m肩へと至ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【755m肩へのルート確認】
645m肩から先にて、進行方向のルートを確認。ナイフリッジを経由して急斜面を登り、755m肩へと至ります。
13
【ナイフリッジを通過】
10時21分、ナイフリッジを歩きます。適度に足が沈み、怖いというよりも「楽しい」といった印象です。
2018年02月02日 10:21撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ナイフリッジを通過】
10時21分、ナイフリッジを歩きます。適度に足が沈み、怖いというよりも「楽しい」といった印象です。
42
ナイフリッジの先、急斜面を70mほど登り、あの一段高い所へと向かいます。
2018年02月02日 10:26撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイフリッジの先、急斜面を70mほど登り、あの一段高い所へと向かいます。
11
やや長い急斜面。ヒザ下ほどのラッセルにて徐々に高度を上げていきます。「脚が攣りそうになってきました…」
2018年02月02日 10:27撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや長い急斜面。ヒザ下ほどのラッセルにて徐々に高度を上げていきます。「脚が攣りそうになってきました…」
19
【755m肩手前のルート】
10時31分、755m肩が見えてくる。電光形にて一段高い所に上がり、右に折れてゆるい斜面を歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【755m肩手前のルート】
10時31分、755m肩が見えてくる。電光形にて一段高い所に上がり、右に折れてゆるい斜面を歩きます。
6
呼吸を整えながら、755m肩を撮影。「おぉ、アソコには霧氷が広がっているようです…」
2018年02月02日 10:31撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
呼吸を整えながら、755m肩を撮影。「おぉ、アソコには霧氷が広がっているようです…」
4
【755m肩を通過】
10時41分、「755m肩」を通過。進行方向、まあまあの斜面を登ってから奥へ進み、P825mへと至ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【755m肩を通過】
10時41分、「755m肩」を通過。進行方向、まあまあの斜面を登ってから奥へ進み、P825mへと至ります。
11
まあまあの斜面を登りきると、上空の雲が一気に晴れ上がります。奥には霧氷地帯が広がり、気分が高揚してきました。「Wow!」
2018年02月02日 10:55撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まあまあの斜面を登りきると、上空の雲が一気に晴れ上がります。奥には霧氷地帯が広がり、気分が高揚してきました。「Wow!」
16
オッタテ尾根・755m肩付近
霧氷写真1
2018年02月02日 10:48撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オッタテ尾根・755m肩付近
霧氷写真1
27
オッタテ尾根・755m肩付近
霧氷写真2
2018年02月02日 10:48撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オッタテ尾根・755m肩付近
霧氷写真2
10
オッタテ尾根・755m肩付近
霧氷写真3
2018年02月02日 11:02撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オッタテ尾根・755m肩付近
霧氷写真3
36
オッタテ尾根・755m肩付近
霧氷写真4
2018年02月02日 11:03撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オッタテ尾根・755m肩付近
霧氷写真4
7
霧氷が広がる美しい斜面を登ります。ここからしばらくの間、至福の時が流れました。
「うわぁ、気持ちいい〜」
2018年02月02日 10:56撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷が広がる美しい斜面を登ります。ここからしばらくの間、至福の時が流れました。
「うわぁ、気持ちいい〜」
21
【小ピーク・P825m通過】
11時00分、小ピーク「825m」を通過。るんちゃんはガンガン先へ進み、米粒みたいに小さくなりました。
2018年02月02日 11:00撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【小ピーク・P825m通過】
11時00分、小ピーク「825m」を通過。るんちゃんはガンガン先へ進み、米粒みたいに小さくなりました。
6
左手側にはシュカブラ、その奥には五頭山・一ノ峰が見えます。「五頭山まで遠いね…。ホントにあんなトコまで歩けますかね?」
2018年02月02日 11:01撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手側にはシュカブラ、その奥には五頭山・一ノ峰が見えます。「五頭山まで遠いね…。ホントにあんなトコまで歩けますかね?」
31
【主稜線合流地点が見える】
P825mの少し先から進行方向のルート確認。展望の良い尾根を進んだ先に、主稜線との合流地点が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【主稜線合流地点が見える】
P825mの少し先から進行方向のルート確認。展望の良い尾根を進んだ先に、主稜線との合流地点が見えます。
10
●*P825m付近から展望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*P825m付近から展望
3
●●*こちらが進行方向
2018年02月02日 11:05撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*こちらが進行方向
6
●●●*主稜線合流地点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*主稜線合流地点
9
●●●●*菱ヶ岳は隠れる
2018年02月02日 11:05撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*菱ヶ岳は隠れる
5
霧氷と小雪庇が続く尾根。静寂の中、「キュッ…」というワカンの音のみが響きます。
2018年02月02日 11:06撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷と小雪庇が続く尾根。静寂の中、「キュッ…」というワカンの音のみが響きます。
6
オッタテ尾根・P825m付近
霧氷写真1
2018年02月02日 11:14撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オッタテ尾根・P825m付近
霧氷写真1
6
オッタテ尾根・P825m付近
霧氷写真2
2018年02月02日 11:09撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オッタテ尾根・P825m付近
霧氷写真2
11
オッタテ尾根・P825m付近
霧氷写真3
2018年02月02日 11:12撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オッタテ尾根・P825m付近
霧氷写真3
6
【彼女は何を見ている…?】
ずいぶんと先行していたはずの彼女が立ち止まり、何かを見ています。「ハテ、何が見えますか?」
2018年02月02日 11:16撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【彼女は何を見ている…?】
ずいぶんと先行していたはずの彼女が立ち止まり、何かを見ています。「ハテ、何が見えますか?」
20
【美しい飯豊連峰の稜線】
真っ白な飯豊連峰の稜線でした。霧氷の奥、いくつものピークがズラリと並んでいました。「すごいねぇ…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【美しい飯豊連峰の稜線】
真っ白な飯豊連峰の稜線でした。霧氷の奥、いくつものピークがズラリと並んでいました。「すごいねぇ…」
24
【オッタテ尾根・終盤】
11時25分、オッタテ尾根ももう終盤。主稜線合流地点まで、雪庇の踏み抜きに注意しながら登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オッタテ尾根・終盤】
11時25分、オッタテ尾根ももう終盤。主稜線合流地点まで、雪庇の踏み抜きに注意しながら登ります。
15
後方を振り返ります。雪庇は小ぶりなものがほとんど。ワカンでも足元が30cmほど沈みました。
2018年02月02日 11:28撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後方を振り返ります。雪庇は小ぶりなものがほとんど。ワカンでも足元が30cmほど沈みました。
14
●*オッタテ尾根・飯豊遠望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*オッタテ尾根・飯豊遠望
12
●●*エブリ差岳・地神山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*エブリ差岳・地神山
14
●●●*門内岳・北股岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*門内岳・北股岳
13
●●●●*飯豊山・御西岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*飯豊山・御西岳
12
【オッタテ尾根・終了 
11時32分、オッタテ尾根を登り詰め、五頭山塊縦走路である主稜線と合流。「やっと着いたね…」
2018年02月02日 11:32撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オッタテ尾根・終了 
11時32分、オッタテ尾根を登り詰め、五頭山塊縦走路である主稜線と合流。「やっと着いたね…」
29
【オッタテ尾根・終了◆
右手側、菱ヶ岳方面への縦走路を撮影。「すぐそばに中ノ岳があるけど、雪が深そうで行く気になれない…」
2018年02月02日 11:31撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オッタテ尾根・終了◆
右手側、菱ヶ岳方面への縦走路を撮影。「すぐそばに中ノ岳があるけど、雪が深そうで行く気になれない…」
19
そしてこちらが五頭山方面。左奥にピークが見えます。「あそこまでは1時間くらいですね…」
2018年02月02日 11:36撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてこちらが五頭山方面。左奥にピークが見えます。「あそこまでは1時間くらいですね…」
11
【素晴らしい飯豊連峰】
ここ合流地点からも、飯豊連峰がスバラシクよく見えます。「今日はいい日になりましたね…」
2018年02月02日 11:33撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【素晴らしい飯豊連峰】
ここ合流地点からも、飯豊連峰がスバラシクよく見えます。「今日はいい日になりましたね…」
19
●*オッタテ尾根始点・展望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*オッタテ尾根始点・展望
4
●●*進行方向・五頭山方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*進行方向・五頭山方面
7
●●●*奥に飯豊連峰
2018年02月02日 11:32撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*奥に飯豊連峰
14
●●●●*高陽山・棒掛山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*高陽山・棒掛山
3
●*飯豊連峰・山座同定
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*飯豊連峰・山座同定
8
●●*門内岳・北股岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*門内岳・北股岳
13
●●●*梅花皮岳・烏帽子山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*梅花皮岳・烏帽子山
8
●●●●*飯豊山・大日岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*飯豊山・大日岳
8
【縦走路・五頭山方面へ】
11時37分、縦走路を進み、五頭山方面へ向かいます。大展望を楽しみながら、ノートレースの斜面を下ります。
2018年02月02日 11:37撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【縦走路・五頭山方面へ】
11時37分、縦走路を進み、五頭山方面へ向かいます。大展望を楽しみながら、ノートレースの斜面を下ります。
14
【縦走路・ルート確認】
合流地点から進行方向のルートを確認します。アップダウンがいくつかありますが、難しい場所はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【縦走路・ルート確認】
合流地点から進行方向のルートを確認します。アップダウンがいくつかありますが、難しい場所はありません。
8
雪原のような広い尾根。右奥にはドデカく飯豊が聳えます。「あぁ、オレたちはなんてちっぽけなんだ…」
2018年02月02日 11:45撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪原のような広い尾根。右奥にはドデカく飯豊が聳えます。「あぁ、オレたちはなんてちっぽけなんだ…」
17
【縦走路・横風が強い】
波打つシュカブラ。この辺りは左手側からくる横風が強く、グローブで耳を覆います。
2018年02月02日 11:45撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【縦走路・横風が強い】
波打つシュカブラ。この辺りは左手側からくる横風が強く、グローブで耳を覆います。
14
●*眼下にP873mを望む
2018年02月02日 11:52撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*眼下にP873mを望む
4
●●*五頭山・一ノ峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*五頭山・一ノ峰
6
●●●*進行方向・P873m
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*進行方向・P873m
8
●●●●*飯豊&会越国境
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*飯豊&会越国境
3
バフバフと雪煙を上げて鞍部へと下りながら、後方「中ノ岳」方面を振り返ります。こんな感じで下ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バフバフと雪煙を上げて鞍部へと下りながら、後方「中ノ岳」方面を振り返ります。こんな感じで下ってきました。
9
それなりに高度感がありますが、雪庇はどれも小さく、どこまで踏み込めるかも大体察しがつきます。
2018年02月02日 11:41撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それなりに高度感がありますが、雪庇はどれも小さく、どこまで踏み込めるかも大体察しがつきます。
6
【オーベ沢の谷間】
右手側、眼下に「オーベ沢」の谷間を覗きます。正面には五頭山「中ノ沢コース」の尾根が横たわります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オーベ沢の谷間】
右手側、眼下に「オーベ沢」の谷間を覗きます。正面には五頭山「中ノ沢コース」の尾根が横たわります。
2
11時52分、急斜面を登り、867mをパスします。上部には雪庇が形成されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時52分、急斜面を登り、867mをパスします。上部には雪庇が形成されています。
4
●*867mより後方振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*867mより後方振り返る
5
●●*与平の頭・菱ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*与平の頭・菱ヶ岳
7
●●●*後方・オッタテ尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*後方・オッタテ尾根
9
●●●●*雪原状の広い尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*雪原状の広い尾根
7
11時58分、867mを通過。そのまま高低差の少ない雪堤を歩き続けます。
2018年02月02日 11:58撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時58分、867mを通過。そのまま高低差の少ない雪堤を歩き続けます。
6
【この日で一番の雪庇】
P873m手前で雪庇に注意しながら斜面を登る。「今日一番の雪庇ですね…」
2018年02月02日 12:02撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【この日で一番の雪庇】
P873m手前で雪庇に注意しながら斜面を登る。「今日一番の雪庇ですね…」
11
【P873mを通過】
12時06分、「P873m」を通過。後方、菱ヶ岳までの稜線がよく見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【P873mを通過】
12時06分、「P873m」を通過。後方、菱ヶ岳までの稜線がよく見えます。
16
【P873mから三又路へ】
P873mにて進行方向のルートを確認。軽く鞍部へ下ってから、三又路手前でやや急な斜面アリ。危険個所ナシ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【P873mから三又路へ】
P873mにて進行方向のルートを確認。軽く鞍部へ下ってから、三又路手前でやや急な斜面アリ。危険個所ナシ。
5
●*P873mより五頭山展望
2018年02月02日 12:13撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*P873mより五頭山展望
4
●●*正面に一ノ峰
2018年02月02日 12:13撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*正面に一ノ峰
8
●●●*進行方向・三又路
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*進行方向・三又路
7
●●●●*五頭山&飯豊連峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*五頭山&飯豊連峰
5
P873mを後にし、太陽を背にして鞍部へと下ります。この辺りも横風が強いです。
2018年02月02日 12:09撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P873mを後にし、太陽を背にして鞍部へと下ります。この辺りも横風が強いです。
8
12時18分、崩落した雪庇を横目に、鞍部を経由します。「けっこう大きな雪庇でしたね…」
2018年02月02日 12:18撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時18分、崩落した雪庇を横目に、鞍部を経由します。「けっこう大きな雪庇でしたね…」
11
そして三又路への登り返し。上部では勾配がキツイため、電光形にて高度を上げます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして三又路への登り返し。上部では勾配がキツイため、電光形にて高度を上げます。
7
【三又路を通過】
12時34分、「三又路」に到着。ココは五頭山メジャールートのため、賑やかです。
2018年02月02日 12:34撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【三又路を通過】
12時34分、「三又路」に到着。ココは五頭山メジャールートのため、賑やかです。
3
●*三又路から五頭山を望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*三又路から五頭山を望む
5
●●*進行方向・五頭山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*進行方向・五頭山
13
●●●*飯豊連峰・蒜場山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*飯豊連峰・蒜場山
6
●●●●*小面峰・棒掛山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*小面峰・棒掛山
5
三又路から五頭山ピークへは10分ほど。トレースが続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三又路から五頭山ピークへは10分ほど。トレースが続きます。
3
左手側、西斜面には霧氷が広がっていました♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手側、西斜面には霧氷が広がっていました♪
5
霧氷、奥には五頭山・一ノ峰
「五頭ブルーですね…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷、奥には五頭山・一ノ峰
「五頭ブルーですね…」
11
【五頭山ピークに到着 
12時44分、ついに「五頭山」山頂に到着。登山口から5時間かかりました。
2018年02月02日 12:44撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【五頭山ピークに到着 
12時44分、ついに「五頭山」山頂に到着。登山口から5時間かかりました。
6
【五頭山ピークに到着◆
「飯豊を眺めながらランチ♪」と思ったら、飯豊はガスってしまいました。
2018年02月02日 12:47撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【五頭山ピークに到着◆
「飯豊を眺めながらランチ♪」と思ったら、飯豊はガスってしまいました。
16
休憩後、るんちゃんとここでお別れ。「ラッセル、助かりましたよ。ありがとうございました!」
2018年02月02日 12:58撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩後、るんちゃんとここでお別れ。「ラッセル、助かりましたよ。ありがとうございました!」
17
【五頭山・下山開始】
13時05分、ワタクシも下山開始。三ノ峰コースを歩けば、駐車場まで1時間30分もかかりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【五頭山・下山開始】
13時05分、ワタクシも下山開始。三ノ峰コースを歩けば、駐車場まで1時間30分もかかりません。
5
【下山路・6本爪アイゼン】
下山路・三ノ峰コースは、トレース多数で踏み固められています。ワカンを外し、6本爪アイゼンを使いました。
2018年02月02日 13:15撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【下山路・6本爪アイゼン】
下山路・三ノ峰コースは、トレース多数で踏み固められています。ワカンを外し、6本爪アイゼンを使いました。
11
●*五頭山・下山直後の風景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*五頭山・下山直後の風景
7
●●*三又路・一ノ峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*三又路・一ノ峰
7
●●●*二ノ峰・三ノ峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*二ノ峰・三ノ峰
4
●●●●*四ノ峰・五ノ峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*四ノ峰・五ノ峰
3
一ノ峰への急斜面を登ります。「うぅ…。ラッセルで疲れた脚には、この斜面がこたえるのです…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ峰への急斜面を登ります。「うぅ…。ラッセルで疲れた脚には、この斜面がこたえるのです…」
6
【一ノ峰を通過・二ノ峰へ】
13時20分、「一ノ峰」を通過。そのまま斜面を下って「二ノ峰」へと登り返します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【一ノ峰を通過・二ノ峰へ】
13時20分、「一ノ峰」を通過。そのまま斜面を下って「二ノ峰」へと登り返します。
6
一ノ峰から三ノ峰周辺は霧氷地帯。「ホワイト&ブルー」の間をかいくぐり、雪山気分を満喫♪
2018年02月02日 13:31撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ峰から三ノ峰周辺は霧氷地帯。「ホワイト&ブルー」の間をかいくぐり、雪山気分を満喫♪
19
13時33分、「二ノ峰」から「三ノ峰」へ下山を続けます。霧氷地帯が続きます。
2018年02月02日 13:33撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13時33分、「二ノ峰」から「三ノ峰」へ下山を続けます。霧氷地帯が続きます。
7
一ノ峰から三ノ峰
霧氷写真1
2018年02月02日 13:30撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ峰から三ノ峰
霧氷写真1
6
一ノ峰から三ノ峰
霧氷写真2
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ峰から三ノ峰
霧氷写真2
12
一ノ峰から三ノ峰
霧氷写真3
2018年02月02日 13:26撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ峰から三ノ峰
霧氷写真3
10
一ノ峰から三ノ峰
霧氷写真4
2018年02月02日 13:21撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ峰から三ノ峰
霧氷写真4
4
一ノ峰から三ノ峰
霧氷写真5
2018年02月02日 13:34撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ峰から三ノ峰
霧氷写真5
3
一ノ峰から三ノ峰
霧氷写真6
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ峰から三ノ峰
霧氷写真6
3
一ノ峰から三ノ峰
霧氷写真7
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ峰から三ノ峰
霧氷写真7
29
●*一ノ峰から山座同定
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*一ノ峰から山座同定
5
●●*御神楽岳・日本平山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*御神楽岳・日本平山
7
●●●*菱ヶ岳・五剣谷岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*菱ヶ岳・五剣谷岳
15
●●●●*オッタテ尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*オッタテ尾根
5
【下山・三ノ峰を通過】
13時34分、下山「三ノ峰」を通過。「あぁ、素晴らしかった1日ももう終わり…」
2018年02月02日 13:34撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【下山・三ノ峰を通過】
13時34分、下山「三ノ峰」を通過。「あぁ、素晴らしかった1日ももう終わり…」
3
【三ノ峰避難小屋】
すぐそばの三ノ峰避難小屋の様子を撮影。入口はしっかり除雪されています。
2018年02月02日 13:35撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【三ノ峰避難小屋】
すぐそばの三ノ峰避難小屋の様子を撮影。入口はしっかり除雪されています。
17
その後は「三ノ峰コース」にて下山。この時間でもまだ登ってくる方が数名おられました。
2018年02月02日 13:38撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後は「三ノ峰コース」にて下山。この時間でもまだ登ってくる方が数名おられました。
7
後方、「三ノ峰」を振り返ります。「ありがとう、五頭山。また来るよ…」
2018年02月02日 13:44撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後方、「三ノ峰」を振り返ります。「ありがとう、五頭山。また来るよ…」
3
左手に菱ヶ岳を眺めながら、よく踏まれた三ノ峰コースを下り続けます。「あの稜線の上まで登ったんだね…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に菱ヶ岳を眺めながら、よく踏まれた三ノ峰コースを下り続けます。「あの稜線の上まで登ったんだね…」
7
14時16分、五頭山登山口「どんぐりの森キャンプ場」入口を通過。
2018年02月02日 14:16撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14時16分、五頭山登山口「どんぐりの森キャンプ場」入口を通過。
2
【駐車場・下山終了】
14時25分、安野川に架かる橋を渡り、駐車場「菱ヶ岳登山口」に到着。下山終了です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【駐車場・下山終了】
14時25分、安野川に架かる橋を渡り、駐車場「菱ヶ岳登山口」に到着。下山終了です。
3
【バックショット】
美しい霧氷、真っ白な飯豊の風景に出会えた山旅でした。それでは、また〜(^^)/
2018年02月02日 11:40撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【バックショット】
美しい霧氷、真っ白な飯豊の風景に出会えた山旅でした。それでは、また〜(^^)/
25
撮影機材:

感想/記録

次々とやって来る寒気に覆われ、新潟県は悪天候と大雪が続いていた。
そのため、連日のように除雪作業に追われ、登山どころの話ではなかった。

そうした中、珍しく晴れの日が巡ってきた。
除雪作業と仕事の合間を縫って、どうにか五頭山に登ることができた。

鬱々とした気分を晴らす、実にスカッとした1日だった。


★交代でラッセルしてくれた「るんちゃん」には感謝です!(^^)
(*るんちゃんには写真使用の許可を得ています。)



【参考サイト】
・bamosuさんのレコ『オッタテ尾根から五頭山周回!』
 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1369182.html
・SM100Cさん、anne21さんのレコ『五頭連峰オッタテ尾根を登る 五頭劇場へようこそ。』
 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1369594.html
・好日山荘 おとな女子登山部「るんちゃん」の記録『五頭山・オッタテ尾根』
 https://www.kojitusanso.jp/tozan-report/detail/?fm=23379
訪問者数:831人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ