また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1363437 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

焼岳

日程 2018年01月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中の湯温泉駐車場の予約をしました。安房トンネル手前のゲートからは路面凍結しています。4WDじゃないと登れないかもと言われましたがFFスタッドレス、チェーンなしでなんとか登れました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間24分
休憩
28分
合計
3時間52分
S中の湯温泉07:3807:45新中の湯登山口08:52広場08:56下堀沢出会09:46焼岳09:4810:11焼岳(北峰)10:3610:52下堀沢出会10:5311:26新中の湯登山口11:30中の湯温泉11:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
〇中の湯から広場
 このところ積雪がなかったとのことでトレースが明瞭でした。トレースを外すと踏み抜きます。ワカン用意しましたが使いませんでした。ツボ足でも問題ありませんでした。
〇広場から南峰
 アイゼン、ピッケル必要です。尾根に出てから南峰までは岩と氷のミックスです。斜度も急なので滑落に注意が必要です。
〇南峰から北峰
 南峰から火口まで急な下りです。岩に柔らかい新雪が乗っており足場を確保しながらバックステップで降りました。噴火口からは噴煙が巻き上がっています。噴煙は周期的に強まったり弱まったりしていますのでタイミングをみて進みました。火山ガスは有毒なので噴煙を避けて右側に巻いて稜線に登りました。
稜線から北峰へ進む途中は地熱で踏み抜き多発地帯です。アイゼンで歩きにくいですが雪がないところを進みました。
〇北峰から広場
 下堀沢はパウダーではありませんが素晴らしいBCコースです。気持ちよくシリセードできました。この日はスキーやスノボーのトレースはありませんでした。
その他周辺情報中の湯温泉:日帰り入浴は12時からでした。700円です。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

中の湯温泉に到着。この時期は駐車場も空いていました。
2018年01月20日 07:18撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中の湯温泉に到着。この時期は駐車場も空いていました。
フロントで駐車料金500円支払います。登山届も提出しました。
2018年01月20日 07:19撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フロントで駐車料金500円支払います。登山届も提出しました。
朝から穂高がよく見えました。
2018年01月20日 07:27撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝から穂高がよく見えました。
中の湯温泉の裏口から出発です。
2018年01月20日 07:28撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中の湯温泉の裏口から出発です。
1
焼岳の噴火警戒レベルは1
2018年01月20日 07:47撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳の噴火警戒レベルは1
宿の方の話ではこのところ積雪がなかっとのことでした。先行者のトレースがあり歩きやすい道でした。ラッセルも覚悟しワカン用意しましたが使いませんでした。
2018年01月20日 07:49撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿の方の話ではこのところ積雪がなかっとのことでした。先行者のトレースがあり歩きやすい道でした。ラッセルも覚悟しワカン用意しましたが使いませんでした。
途中で踏み抜きがありました。穴に落ちないようと思っていたら私も踏み抜いてしまいました。手前は私が落ちた穴です。後続の方にご迷惑をおかけいたしました。
2018年01月20日 08:26撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で踏み抜きがありました。穴に落ちないようと思っていたら私も踏み抜いてしまいました。手前は私が落ちた穴です。後続の方にご迷惑をおかけいたしました。
広場に到着。ここで先行者の御夫婦に追い付きました。同じく南峰に向かうそうです。12本アイゼンを装着します。
2018年01月20日 08:44撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場に到着。ここで先行者の御夫婦に追い付きました。同じく南峰に向かうそうです。12本アイゼンを装着します。
2
霞沢岳
2018年01月20日 08:45撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞沢岳
前穂高岳、明神岳
2018年01月20日 08:55撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂高岳、明神岳
南峰の尾根を目指し急登を登っていきます。
2018年01月20日 09:13撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰の尾根を目指し急登を登っていきます。
尾根に登ると岩と氷のミックスです。一部氷化斜面となっており慎重に登りました。
2018年01月20日 09:20撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に登ると岩と氷のミックスです。一部氷化斜面となっており慎重に登りました。
最後の登りです。カチカチの斜面です。
2018年01月20日 09:30撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登りです。カチカチの斜面です。
南峰山頂に到着。
2018年01月20日 09:43撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰山頂に到着。
奥穂高、槍ヶ岳が見えました。ガスが残念。
2018年01月20日 09:44撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高、槍ヶ岳が見えました。ガスが残念。
1
黒部五郎、鷲羽岳方面はガスがとれません。
2018年01月20日 09:44撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎、鷲羽岳方面はガスがとれません。
北峰と噴火口
2018年01月20日 09:46撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰と噴火口
1
笠ヶ岳〜抜戸岳
2018年01月20日 09:46撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳〜抜戸岳
外輪山を少し周ります。
2018年01月20日 09:46撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外輪山を少し周ります。
中尾高原方向
2018年01月20日 09:47撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中尾高原方向
北峰方向
2018年01月20日 09:56撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰方向
時間があるので北峰に向かいます。急坂ですが雪は柔らかくなんとか降りれそうです。雪を払いながら足場を確実に確保しながらバックステップで慎重に下りました。本日の最大の難所です。
2018年01月20日 10:01撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間があるので北峰に向かいます。急坂ですが雪は柔らかくなんとか降りれそうです。雪を払いながら足場を確実に確保しながらバックステップで慎重に下りました。本日の最大の難所です。
1
柔らかい雪に助けられなんとか下りました。
目の前にシューシューと噴煙が流れていきます。有毒な火山ガスを吸いたくないので火口の左側から直接北峰を目指したいところですが立ち入り禁止なのでやめました。右側を巻いて尾根を目指します。
2018年01月20日 10:07撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柔らかい雪に助けられなんとか下りました。
目の前にシューシューと噴煙が流れていきます。有毒な火山ガスを吸いたくないので火口の左側から直接北峰を目指したいところですが立ち入り禁止なのでやめました。右側を巻いて尾根を目指します。
火山ガスの暴露をできるだけ避けながら素早く尾根に登りました。
2018年01月20日 10:15撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火山ガスの暴露をできるだけ避けながら素早く尾根に登りました。
穂高連峰
2018年01月20日 10:15撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高連峰
北峰はもうすぐです。
2018年01月20日 10:15撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰はもうすぐです。
踏み抜き多発地帯を通ります。雪がないところも多く岩の上を通りました。
2018年01月20日 10:16撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み抜き多発地帯を通ります。雪がないところも多く岩の上を通りました。
北峰に到着。誰もいませんでした。ガスで槍ケ岳は見えません。
2018年01月20日 10:23撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰に到着。誰もいませんでした。ガスで槍ケ岳は見えません。
1
さきほど下ってきた南峰を振り返ります。
2018年01月20日 10:23撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さきほど下ってきた南峰を振り返ります。
火山湖
2018年01月20日 10:23撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火山湖
南峰 さきほどのご夫婦は到着したのでしょうか。ここからではわかりません。
2018年01月20日 10:23撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰 さきほどのご夫婦は到着したのでしょうか。ここからではわかりません。
火口を見下ろします。北西からの風向きのため噴煙は左方向に向かっています。火口の右側に直接降りれそうですが・・・
2018年01月20日 10:24撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火口を見下ろします。北西からの風向きのため噴煙は左方向に向かっています。火口の右側に直接降りれそうですが・・・
カレーパンで補給します。
2018年01月20日 10:25撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カレーパンで補給します。
上高地は静かです。
2018年01月20日 10:28撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地は静かです。
2週間前に登った乗鞍。ガスがなかなか取れません。
2018年01月20日 10:33撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2週間前に登った乗鞍。ガスがなかなか取れません。
硫黄ガスの近くなのであまり長居すると危険かもしれません。そろそろ下山します。下堀沢に向かいます。
2018年01月20日 10:40撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄ガスの近くなのであまり長居すると危険かもしれません。そろそろ下山します。下堀沢に向かいます。
火山ガスのため暖かいのか南峰直下と違いクラストしてません。シリセードできました。BCには絶好のコンディションです。ドローンでスキーかスノーボードを届けてほしいところです。
2018年01月20日 10:42撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火山ガスのため暖かいのか南峰直下と違いクラストしてません。シリセードできました。BCには絶好のコンディションです。ドローンでスキーかスノーボードを届けてほしいところです。
シリセードをやめてツボ足で勢いよく下りました。
2018年01月20日 10:49撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シリセードをやめてツボ足で勢いよく下りました。
下りでは何人かとすれ違いました。トレースがはっきりしていました。
2018年01月20日 10:57撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りでは何人かとすれ違いました。トレースがはっきりしていました。
木の間からのぞいた乗鞍岳
2018年01月20日 11:13撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間からのぞいた乗鞍岳
中の湯温泉に無事到着。11:50に温泉に入れてくれました。露店風呂には野鳥のための餌箱が用意されており、バードウオッチングを楽しめました。
2018年01月20日 11:30撮影 by SH-01J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中の湯温泉に無事到着。11:50に温泉に入れてくれました。露店風呂には野鳥のための餌箱が用意されており、バードウオッチングを楽しめました。

感想/記録

ラッセル覚悟で来ましたが新雪がなく楽に歩けました。南峰の急登および下りは緊張しましたが無事下山できてよかったです。
噴煙を上げる火口をみていたら、まるで生き物のようで怖かったです。御嶽山噴火のことを思い出しました。
下堀沢は素晴らしい斜面でした。次にきたらBCをやってみたいものです。
訪問者数:1227人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/6
投稿数: 11
2018/1/24 14:35
 追い抜かれたものです
広場手前で追い抜かれた夫婦です。togushiさんは雪の斜面を走るように登ってくのでびっくりしました。われわれは10時ごろに南峰に登り、そのまま北峰に行くのは怖かったので、少し降りてから登り返して北峰へ行きました(でも岩の上を歩くのがいやで直前で断念)。ところで、火山に登ったばかりだったので、草津白根山の噴火には驚きました。
登録日: 2013/7/22
投稿数: 4
2018/1/24 18:11
 Re: 追い抜かれたものです
先日は先行していただいてありがとうございました。おかげでトレースが明瞭だったので苦労せず広場まで行けました。南峰は大変でしたが奥様ともに無事登られたのことでよかったです。
私はなんとか北峰に行けましたが、草津白根山の噴火した今となっては、よく行ったもんだと思います。焼岳も同じく噴火警戒レベル1ですが、火口からの噴煙はすごかったですからね。爆発したら一たまりもなかったのでしょう。
北峰は火口から近くてガスのにおいもしましたし危険を感じました。むしろ南峰の方が距離も離れていて安全な気がしました。
いずれにしてもしばらくは活火山は自粛したいと思います。
またどこかでお会いしましたらよろしくお願いします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ