また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1363692 全員に公開 ハイキング東海

熊野古道(馬越峠)から天狗倉山、猪鼻道へ

日程 2018年01月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ(風も無く暖かい日でした)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
馬越峠入口(鷲毛バス停前)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間9分
休憩
36分
合計
5時間45分
S馬越峠海山登り口08:0408:59馬越峠09:0209:28天狗倉山09:5410:00岩屋堂分岐10:34カンカケ山10:36オチョボ岩10:3911:18水地越峠11:1911:33狼煙場11:3412:20洗い越し12:2113:37道の駅海山13:3813:47馬越峠海山登り口13:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
天狗倉山から猪鼻道までは一部急勾配あり
その他周辺情報夢古道の温
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

さあ、出発です。
車は3台停まってました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、出発です。
車は3台停まってました。
1
このような道標があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような道標があります。
1
馬越峠到着です。ゆっくり50分くらいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬越峠到着です。ゆっくり50分くらいでした。
1
天狗倉山へ向けて出発。道中、半分くらい階段でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗倉山へ向けて出発。道中、半分くらい階段でしょうか。
1
この大岩を巻いて、もう少しで到着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この大岩を巻いて、もう少しで到着です。
1
この鉄梯子を登って。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鉄梯子を登って。
1
山頂!少し霞んでいましたがとってもいい眺めです。
ここで知り合ったU氏におちょぼ岩について聞きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂!少し霞んでいましたがとってもいい眺めです。
ここで知り合ったU氏におちょぼ岩について聞きました。
1
さて、おちょぼ岩に向けて再出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、おちょぼ岩に向けて再出発。
1
電波塔の←を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電波塔の←を進みます。
1
階段は少なく、山道と一部に大岩を巻いていく箇所があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段は少なく、山道と一部に大岩を巻いていく箇所があります。
1
おちょぼ岩に到着!
天狗倉山よりさらに絶景が広がります。40分くらいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おちょぼ岩に到着!
天狗倉山よりさらに絶景が広がります。40分くらいでした。
1
約30分で狼煙場(のろしば)分岐へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約30分で狼煙場(のろしば)分岐へ
やや目印少ないです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや目印少ないです
1
まっすぐ登っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まっすぐ登っていきます
古い木製階段が続き林道まで下りてきました。
もう安心です。
もくもくと歩き約80分でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い木製階段が続き林道まで下りてきました。
もう安心です。
もくもくと歩き約80分でした。
2
もうすぐ国道42号です。山の稜線を振り返ってみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ国道42号です。山の稜線を振り返ってみました。
1
下山後、夢古道の湯にて汗を流しました。
真正面が天狗倉山。ここから画面右へ進みました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、夢古道の湯にて汗を流しました。
真正面が天狗倉山。ここから画面右へ進みました。
1

感想/記録

毎年冬の時期は、雪の心配のない熊野古道を歩きます。
北から順番に歩いてきていますが、今回は馬越峠(まごせとうげ)です。
石畳の道は乾燥していて、まったく滑りませんでした。
天狗倉山からおちょぼ岩へ。同じ道をピストンするのもなと思っていたところ、先行者の方がこの先の道を案内してくれることとなりました。U氏ありがとうございました。おちょぼ岩から先は変な分岐はありませんでしたが、一部目印が少な目でした。誰ともすれ違うこともありませんでした。急勾配箇所にはトラロープがありました。

駐車場まで戻り、駐車箇所が同じだったこともありU氏の案内で温泉へ。今日、歩いた山の稜線が対岸からよく見えました。
いつもは1人ぼっちの山行が、今回はおしゃべりでにぎやかな山行となりました。
訪問者数:322人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ