また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1363713 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走東海

唐塩山 木曽越古道より

日程 2018年01月20日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候晴れ スタート時0℃ 山頂4℃ 予想外に暖かかったです。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道・中津川ICより30分ほど
道の駅「加子母」より木曽越林道へ
木曽越峠の登山口手前に2台程P可
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間30分
休憩
0分
合計
8時間30分
Sスタート地点07:0015:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストはありません。我々は岐阜県警へメール提出。

P地〜木曽越峠
林道+古道を歩きます。
堰堤を越えて渡渉1か所あり。上の林道まで急登あります。

木曽越峠〜唐塩山
峠より林道歩き〜途中から尾根のルートへ。
尾根のコースは踏み跡ありますが、ササもうるさいです。
上部で岩も出てきます。雪は想定外に少なかったですが、上部でやっとスノーシュー使用しました。ズボる雪で厄介でした。

下山は最初アイゼン使用。林道出会からツボ足でした。

木曽越峠の林道と唐塩山直下の林道は連続してません。この地域は林道が錯綜しており注意必要です。


過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スノーシュー+Wストック アイゼン
共同装備 ツェルト+レスキューシート

写真

木曽越古道の入り口
2018年01月20日 07:02撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽越古道の入り口
1
三十三観音があります。
ここは八番目。
2018年01月20日 07:21撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三十三観音があります。
ここは八番目。
1
古道は渡渉ポイントへ。
ここから急登。
2018年01月20日 07:36撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古道は渡渉ポイントへ。
ここから急登。
1
展望地もありで
2018年01月20日 08:00撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望地もありで
1
木曽越え峠へ着きました。
2018年01月20日 08:28撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽越え峠へ着きました。
1
御嶽山が大きく見えます。
継母岳もはっきり見えます。
2018年01月20日 08:28撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山が大きく見えます。
継母岳もはっきり見えます。
1
峠の反対側は高時山への登り口。
2018年01月20日 08:28撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の反対側は高時山への登り口。
1
尾根はヤブヤブなので林道利用。
こんなに雪がないのは想定外。
2018年01月20日 08:39撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根はヤブヤブなので林道利用。
こんなに雪がないのは想定外。
1
林道より尾根ルートに入ります。
基本は尾根芯(境界標識あり)がルート。
笹がうるさい。ここはまだ上等な方。
2018年01月20日 08:52撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道より尾根ルートに入ります。
基本は尾根芯(境界標識あり)がルート。
笹がうるさい。ここはまだ上等な方。
1
「鳥屋跡」
通り道にワナか。
2018年01月20日 09:36撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「鳥屋跡」
通り道にワナか。
1
四等三角点もあり。
2018年01月20日 09:52撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四等三角点もあり。
1
樹林と笹と雪と。
2018年01月20日 10:04撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林と笹と雪と。
小秀山の肩に御嶽山。
2018年01月20日 10:36撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小秀山の肩に御嶽山。
1
枯れた根っ子のオブジェ。
石をかんでます。
2018年01月20日 11:08撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯れた根っ子のオブジェ。
石をかんでます。
1
最後の登りにかかります。
左側から巻きます。これが厄介でした。
2018年01月20日 11:12撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登りにかかります。
左側から巻きます。これが厄介でした。
1
スノーシューでは登り難い岩交じりの急な雪面。
2018年01月20日 11:20撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシューでは登り難い岩交じりの急な雪面。
1
直下の展望地。
西面が開けてます。
2018年01月20日 11:26撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直下の展望地。
西面が開けてます。
2
最後の登り。
2018年01月20日 11:27撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登り。
1
山頂標識があります。
2018年01月20日 11:30撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識があります。
2
三角点もあります。
2018年01月20日 11:31撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点もあります。
1
明るい山頂です。
最高点は別にありました。
2018年01月20日 11:32撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい山頂です。
最高点は別にありました。
1
風をしのいでまったりランチタイム。
雪は少なかったが、ズボル雪にスノーシューは大変有効でした。
2018年01月20日 11:42撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風をしのいでまったりランチタイム。
雪は少なかったが、ズボル雪にスノーシューは大変有効でした。
1
名残惜しいが下ります。
2018年01月20日 12:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいが下ります。
1
登りの急登部を下ります。
2018年01月20日 12:45撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りの急登部を下ります。
1
林道を利用して戻ります。
もうすぐ木曽越峠。正面は高時山か?
2018年01月20日 14:30撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を利用して戻ります。
もうすぐ木曽越峠。正面は高時山か?
2
木曽越峠。
林道来てますが一般車でここまで上がるのは困難。
2018年01月20日 14:38撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽越峠。
林道来てますが一般車でここまで上がるのは困難。
木曽越古道を下ります。
2018年01月20日 14:48撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽越古道を下ります。
1
登り口近くの御社。
2018年01月20日 15:23撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り口近くの御社。
1
P地到着しました。
2018年01月20日 15:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P地到着しました。
1

感想/記録
by funa84

スノーシューハイクを想定してこの山を選択しました。
数年前に登った時は単独の腰までラッセルで時間切れ。木曽越峠直下でタイムアウトとなりました。

今回は4人いるので交代ラッセルで行けるところまで行こうと思いました。
拍子抜けするほど暖かく雪も少なかったので笹がずいぶん出てました。上部はズボる雪でスノーシューが役に立ちました。

雪は想定外に少なかったですが、尾根筋はアップダウンあり、ルーファイもありでけっこう楽しめました。予想以上に時間かかりましたが、山頂に到達できました。ピリッとしょっぱい唐塩山でした。
訪問者数:247人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ