また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1364461 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

バリエーションルート 要倉山-高茶山-メシモリ岩山【登山講習】

日程 2018年01月21日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー10人
天候晴れ!
アクセス
利用交通機関
電車バス
〈行き〉
JR中央線・高尾駅6:33着
高尾駅北口.丱江莨6:55発→7:19関場バス停
〈帰り〉
陣馬高原下バス停15:25発→15:58高尾駅北口
JR中央線・高尾駅16:18発
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち30%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間56分
休憩
1時間6分
合計
7時間2分
S関場バス停07:3807:55要倉山登山口07:5809:48要倉山10:0210:09要倉峠10:1110:30中谷山尾根573m峰11:40熊野神社本宮跡の碑11:4411:48本宮山12:1913:22メシモリ岩山13:2413:31中谷山尾根(猪通り尾根)入口13:44和田峠13:5014:15陣馬新道登山口14:1614:26上案下配水所14:35陣馬高原下バス停14:3814:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
地形図を頼りにバリエーションルートでの山行。
草や枯れ木をかき分けて進む箇所では枝が顔に当たる。
踏み跡も一定でなく迷いやすい。テープやマークも見受けられるが、登山のための印ではない為、正確な地図読みが必要。
ちなみに、この山行では私たち以外に歩いている人は誰もいませんでした。
その他周辺情報陣馬高原下バス停の脇に蕎麦処「山下屋」。
バス待ちの時間の利用に良いかも。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 国土地理院地図(2万5千分の1)「五日市」「与瀬」 コンパス
備考 思いのほか日差しが強く、日なたの道ではツバ付きの帽子もあると良かった。

写真

高尾駅からバスで「関場」バス停へ向かう。普段あまり停まることのないバス停なのか、運転手さん行き過ぎてしまい、慌てて降ろしてもらう。
写真はバス停近くの落合橋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾駅からバスで「関場」バス停へ向かう。普段あまり停まることのないバス停なのか、運転手さん行き過ぎてしまい、慌てて降ろしてもらう。
写真はバス停近くの落合橋。
車道を10分ほど進み、龍泉禅寺を過ぎます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を10分ほど進み、龍泉禅寺を過ぎます。
気温が低く、水たまりも凍っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温が低く、水たまりも凍っています。
登り口はこの辺りかな〜?
2018年01月21日 07:53撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り口はこの辺りかな〜?
1
地図を確認しつつ進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図を確認しつつ進みます。
2
ちゃんとした道があるので大丈夫っぽい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちゃんとした道があるので大丈夫っぽい。
と、思ったけど、道とは言えないような所も歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と、思ったけど、道とは言えないような所も歩きます。
鉄塔までの標識。どちらに進むか悩みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔までの標識。どちらに進むか悩みます。
1
常に現在地を確認。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常に現在地を確認。
1
上を見上げ、送電線を確認。
地図読みでは送電線が重要なポイントになりますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上を見上げ、送電線を確認。
地図読みでは送電線が重要なポイントになりますね。
3
見晴らしの良い所もありますが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしの良い所もありますが、
2
どうやって登るか迷う斜面や、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうやって登るか迷う斜面や、
1
滑りやすい急斜面や、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑りやすい急斜面や、
3
枯れた枝が顔に当たって痛い藪などを通り、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯れた枝が顔に当たって痛い藪などを通り、
1
9:48要倉山562m
見晴らしはほとんどありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:48要倉山562m
見晴らしはほとんどありません。
1
開けたところに出ました。
広範囲に伐採されたようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けたところに出ました。
広範囲に伐採されたようです。
1
遠くまで見渡せ、尾根と谷がよくわかるので、こういう所でも地図を確認。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くまで見渡せ、尾根と谷がよくわかるので、こういう所でも地図を確認。
気温が高く、こまめに衣服調整と水分補給。
2018年01月21日 10:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温が高く、こまめに衣服調整と水分補給。
2
顔に当たると痛い松の枝をかき分けたり、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
顔に当たると痛い松の枝をかき分けたり、
背丈ほどの草の中を通り、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背丈ほどの草の中を通り、
開けたところでは必ず地図再確認。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けたところでは必ず地図再確認。
1
左奥に赤と白に塗られた鉄塔が見えますが、目印としてすごく重要。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左奥に赤と白に塗られた鉄塔が見えますが、目印としてすごく重要。
2
11:40眞禹魁碧楜椹魁732m
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:40眞禹魁碧楜椹魁732m
2
山標その2。
見晴らしはありませんが、少し広くなっているのでこちらで昼御飯。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山標その2。
見晴らしはありませんが、少し広くなっているのでこちらで昼御飯。
1
あんぱんとシナモンロール。
冬はおにぎりだと固くなっちゃうので、パンの方が良いみたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あんぱんとシナモンロール。
冬はおにぎりだと固くなっちゃうので、パンの方が良いみたいです。
4
次の目的メシモリ岩山に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の目的メシモリ岩山に向かいます。
1
事前に作成した比高断面図によると、標高80m程降りてから登り返す予定だったので、勢いよくどんどん下っていましたが、何かおかしいと気付いた人がストップをかけます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
事前に作成した比高断面図によると、標高80m程降りてから登り返す予定だったので、勢いよくどんどん下っていましたが、何かおかしいと気付いた人がストップをかけます。
2
皆で地図確認するとやはり下りすぎていたみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆で地図確認するとやはり下りすぎていたみたい。
1
やっと下ったのにもう一度登ります。ホントなら萎えちゃうとこですが、地図の中を歩いている感じがして、ワクワクしちゃいます。
2018年01月21日 12:31撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと下ったのにもう一度登ります。ホントなら萎えちゃうとこですが、地図の中を歩いている感じがして、ワクワクしちゃいます。
1
所々にこのような白いペンキのマークを見ました。
林業に関係するマークかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々にこのような白いペンキのマークを見ました。
林業に関係するマークかな?
1
「基準点を大切にしましょう」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「基準点を大切にしましょう」
1
調子よく進んでいましたが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
調子よく進んでいましたが、
2
またもや迷いそうになります。
そもそも現在位置の認識がずれていたようです。アップダウンを繰り返すとどのピークを過ぎたか分からなくなるっぽい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またもや迷いそうになります。
そもそも現在位置の認識がずれていたようです。アップダウンを繰り返すとどのピークを過ぎたか分からなくなるっぽい。
2
なんどもコンパスで確認。
皆の認識が揃うまで確認して進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんどもコンパスで確認。
皆の認識が揃うまで確認して進みます。
3
13:20メシモリ岩山・750m
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:20メシモリ岩山・750m
1
空は青。
3つの目的地をクリア出来、大満足です。
後は下るだけですしね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空は青。
3つの目的地をクリア出来、大満足です。
後は下るだけですしね。
2
なだらかな林道を20分ほど歩いて、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかな林道を20分ほど歩いて、
1
車道に出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に出ました。
2
陣馬山への登山道入り口。
この辺りに来ると、ハイカーも多くなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陣馬山への登山道入り口。
この辺りに来ると、ハイカーも多くなります。
1
「陣馬高原下」バス停脇の『陣馬蕎麦 山下屋』
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「陣馬高原下」バス停脇の『陣馬蕎麦 山下屋』
4
軒先にこんな樽があったら寄っちゃうでしょ(笑
バス待ちの40分ほどをこちらで過ごします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軒先にこんな樽があったら寄っちゃうでしょ(笑
バス待ちの40分ほどをこちらで過ごします。
3
メンバーが飲んでいた『八王子城』を一口いただきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メンバーが飲んでいた『八王子城』を一口いただきました。
2
お店を出る頃には日も傾きかけ。
良い1日だったなぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お店を出る頃には日も傾きかけ。
良い1日だったなぁ。
2
「陣馬高原下」バス停。
きれいなトイレあり。
乗車待ちのハイカーも30人ほどいらっしゃいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「陣馬高原下」バス停。
きれいなトイレあり。
乗車待ちのハイカーも30人ほどいらっしゃいました。
1
高尾駅に到着。
お疲れ様でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾駅に到着。
お疲れ様でした。
3
撮影機材:

感想/記録

山岳連盟の登山スクール9回目。
今回のテーマは「地図にない道を歩く」地形図を読む実践編です。
毎回必ず地形図を読みながらの山行ですが、たいていの登山道には標識や案内看板が設置されていることが多いので、地形図を読まなくても歩けちゃったりするのですが、今回の目的地である要倉山も高茶山もメシモリ岩山も、『山と高原地図』に名前も記載されていないお山なのです。(※要倉山はチラリと名前は記載されていました)
地図読みは好きな方ですが、分からなくなってしまう時も多く、若干不安を抱えての山行でしたが、ものすっごい勉強になりました。
基本的な地図の見方だけでなく、遠くを見て地形がどうなっているかとか、人工物(舗装道路や鉄塔、送電線)が見えた時には確認することが大切だと分かりました。

それから、実は今まで、比高断面図を作る意味があるのかな〜なんて思っていましたが、比高断面図と照らしたことで下りすぎに気付いた人がいたので、やっぱり大切!と分かりました。

今回の難しいルートでCL、SLを引き受けてくださったメンバーには頭が下がります。
景色もそれほど見所がないし、歩きにくいし、爽快感もありませんでしたが、
たぶん今までの山行の中で一番面白かったかも。
それにしても、このスクール山行では毎回必ずラッキーなことがある。
日頃の行いかな?(笑
訪問者数:318人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/11/22
投稿数: 214
2018/1/26 8:55
 地図読み山行、すごいです!
アコネ様、遅ればせながら本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

毎回「山岳連盟の登山スクール」レコ、とても楽しみに拝見させていただいています。
私はGPS頼みの勢い山行ばかりですので、とても興味深く、また皆さんで真剣に学ばれていることに対し羨ましく思います☆

今回のルート、かなり難しそうですね。
人工物や送電線などはポイントポイントでの登場でしょうし、やはり一つ一つの「コル」や「ピーク」の確認が大切なのでしょうか?

等高線では10m単位だと思われますので、5m程のピークだった場合は現在位置の判断に迷いますよね。

あー、やっぱり地図読みってカッコイイですね!!!

また山岳連盟の登山スクールの次回レコ、楽しみにしています♪
お疲れ様でした
登録日: 2014/1/11
投稿数: 147
2018/1/26 12:29
 Variation route
地図読みテク総動員ですね。モンベルの講習会の元が完全にとれたのでは?ロストした後、地図読みでリカバリーできた時は爽快です。後は保険のGPSがあれば、怖いもの無ですね。
登録日: 2013/4/1
投稿数: 60
2018/1/26 18:22
 お疲れさまでした〜!
地図読み、楽しかったですね。天気がよくて本当に何よりでした。あれで雨とか雪だったら、地図読みどころではないかもしれない。(でもそういう時に遭難するんだよね、きっと。)
比高断面図を含むデータシートを何故作るのか、ちゃんと体得されているじゃないですか! 私は報告書を出した時点で言われました。
女性はおしゃべりで、男性は思い込みで迷うそうです。
来月が最後なんて寂しいですね〜最後までよろしくお願いします。
登録日: 2017/1/4
投稿数: 226
2018/1/26 20:19
 Re: 地図読み山行、すごいです!
マムポンさん
コメントありがとうございます!
遅ればせながら今年も宜しくお願いします!

マムポンさんの推察の通り、10m単位の等高線の間に微妙なアップダウンがあると、ピークを越したと錯覚してしまいます。今回、メンバー全員が現在位置を間違うという失態をしてしまいました...本当に難しいです。
途中何度か、携帯のGPSでこっそり確認しちゃいました^^;

山岳連のスクールはアナログで今時のやり方ではないのかもしれませんが、アナログならではの楽しさもあり、古い人間なのでそれが自分に合っている気がします。

今後もまた覗きに来てくださいね♪
登録日: 2017/1/4
投稿数: 226
2018/1/26 20:25
 Re: Variation route
トシさん
今回は山岳連のスタッフの方が同行して下さっていたので、何とか無事にたどり着きましたが、そうじゃなかったらどうだったかな?という気もしますが、何より地図の中を歩いている感覚がすっごく楽しかったです♪
地形図メインに、携帯GPSでカンニングしつつ、安全山行心がけますっ!
登録日: 2017/1/4
投稿数: 226
2018/1/26 20:35
 Re: お疲れさまでした〜!
chiuさん
楽しかったね〜ホント!
確かに!天気が悪かったりしたら、地図読みどころじゃなく帰ってこれない...何てことになりかねない。だからこそ、毎回の練習が大切なんだよね。
そうそう、データシートと比高断面図を見て「ちょっと下りすぎじゃない?」って言ったYGさんすごいと思ったわ。そういう感覚も研ぎ澄ませていかなきゃね。
つい、おしゃべりに夢中になってしまうので(笑)
こちらこそ、来月も宜しくお願いします!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ