また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1364672 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走関東

関東百名山「棒ノ折山+秩父御岳山」※2018年度山行6回目

日程 2018年01月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
-棒ノ折山-
目標地点:さわらびの湯
〒357-0112埼玉県飯能市大字下名栗685
Tel:042-979-1212
http://sawarabino-yu.jp/

道路状況:舗装路(凍結なし)

駐車場:さわらびの湯
    ※今回は河川広場有料駐車場を利用←風呂入らないので

トイレ:駐車場にあったけど冬期利用可は不明

コンビニ:IC以降数件にあり

-秩父御嶽山-
目標地点:道の駅大滝温泉 遊湯館
〒369-1901埼玉県秩父市大滝4277-2
tel.0494-55-0126 
http://www.ootakionsen.co.jp/onsen/index.htmlhttp://sawarabino-yu.jp/

道路状況:舗装路(凍結なし)

駐車場:道の駅大滝温泉

トイレ:道の駅にあり

コンビニ:R140沿いに数件にあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち32%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間51分
休憩
4分
合計
7時間55分
Sさわらびの湯バス停06:1806:38白谷沢登山口07:40岩茸石07:59権次入峠08:0008:13棒ノ嶺08:22権次入峠08:35岩茸石11:07大滝温泉遊湯館11:10落合11:56杉ノ峠11:5913:05秩父御岳山14:08御嶽山普寛神社14:13大滝温泉遊湯館14:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
-棒ノ折山-
総歩行時間=3時間26分(ヤマプラ標準時間=4時間20分/8.1km)
歩行距離=9.51km
標高差=740m
平均速度=2.76m/H

-秩父御岳山-
総歩行時間=3時間8分(ヤマプラ標準時間=不明)
歩行距離=9.35km
標高差=690m
平均速度=2.98m/H

※全てGPSログ(山旅ロガーで記録)より
 GPSログは歩いたルートを記録しています。
 直線距離より長めに記録されていますので参考程度として下さい。
コース状況/
危険箇所等
-棒ノ折山-
1.冬期凍結時の「白谷沢コース」は危険と記載ありましたが
 2018.1.20現在で、凍結等はありませんでした
2.白谷沢コースは渓流登りな感じです
3.渡渉もあれば、川の真横を通過する事も多々あり
4.なのでこの季節含めて、大雨後及び下山での利用は避けた方が良い
5.他の登山道に危険箇所はありません
6.今回利用した有料駐車場は、8:00からの利用とありましたが、
 常時開門の模様です。但し近隣に迷惑の掛からない様に利用願います。

-秩父御嶽山-
1.「落合コース」は登山道が崩落している為、林道経由となります
2.その他の場所も、木々の伐採等で重機が入っての作業中です
3.山頂直下から急登になります
4.山頂から普寛トンネルへの登山道は結構急下りです
5.普寛トンネル以降は林道となります

水分補給量≒2座合計で750mL
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖シャツ クリマプラスジャケット(フリース) ノマドパンツ 靴下 ニット帽 フリース手袋 雨具(ストームクルーザージャケット+パンツ) ストック(未使用) 着替え ザック ザックカバー 行動食(ゼリー飲料×1+おにぎり×2+パン×2) 非常食(ビタミン剤+ドライフード) 飲料(スポーツドリンク×3+山専もどき×500mL) 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池(GPS+ デジカメ用) GPS ファーストエイドキット 常備薬(痛み止め) 日焼け止め リップ ロールペーパー 保険証(コピー) スマホ タオル ツェルト 浄水ストロー(常備) 万能ナイフ(常備) カメラ(コンデジ+ミラーレス) エクストラクターポイズンリムーバー(常備) ホッカイロ(常備) ウルトラライトダウン(常備) 熊鈴×2(常備) チェーンスパイク(予備)

写真

-棒ノ折山-
最近は、談合坂SAでの朝食が多くなりました。
今回は「田舎定食820円」です。
過去は車移動中に「おにぎり1個」とか「菓子パン1個」だけで歩き続けていたので、最近はシャリバテになる事が無くなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-棒ノ折山-
最近は、談合坂SAでの朝食が多くなりました。
今回は「田舎定食820円」です。
過去は車移動中に「おにぎり1個」とか「菓子パン1個」だけで歩き続けていたので、最近はシャリバテになる事が無くなりました。
4
-棒ノ折山-
コース案内。冬期凍結時の「白谷沢コース」の注意点が記載されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-棒ノ折山-
コース案内。冬期凍結時の「白谷沢コース」の注意点が記載されています。
1
-棒ノ折山-
トイレ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-棒ノ折山-
トイレ
1
-棒ノ折山-
ここから「白谷沢コース」に入ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-棒ノ折山-
ここから「白谷沢コース」に入ります
1
-棒ノ折山-
鎖場あり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-棒ノ折山-
鎖場あり
1
-棒ノ折山-
山頂一望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-棒ノ折山-
山頂一望
1
-棒ノ折山-
山頂看板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-棒ノ折山-
山頂看板
2
-棒ノ折山-
下山は民家横に出ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-棒ノ折山-
下山は民家横に出ました
1
-棒ノ折山-
夏場は大勢訪れていると思いますが、今回は誰1人居らず。なので管理人も不在……、そして料金箱無し故、駐車料金未払いです。ごめんなさい。m(_ _)m
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-棒ノ折山-
夏場は大勢訪れていると思いますが、今回は誰1人居らず。なので管理人も不在……、そして料金箱無し故、駐車料金未払いです。ごめんなさい。m(_ _)m
1
-秩父御嶽山-
道の駅「大滝温泉」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-秩父御嶽山-
道の駅「大滝温泉」
1
-秩父御嶽山-
山頂直下から急登になりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-秩父御嶽山-
山頂直下から急登になりました
2
-秩父御嶽山-
ロープもあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-秩父御嶽山-
ロープもあります
1
-秩父御嶽山-
山頂〜!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-秩父御嶽山-
山頂〜!!
3
-秩父御嶽山-
三角点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-秩父御嶽山-
三角点
1
-秩父御嶽山-
ここからは林道歩きです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-秩父御嶽山-
ここからは林道歩きです
1

感想/記録
by drunk

2018年1月20日(土)

先週1.13及び1.14は色々あって山にイカなかった……。(-。-)ボソッ
これで、2018年度毎週登山達成は早々に未達となったが、
2018年度目標に毎週登山があった訳ではない。
基本毎年目指してはいるけどね。……。(-。-)ボソッ

-以下、感想は後日の予定-

「棒ノ折山」の標高差は700m強ではあるが、
ここだけを登頂するのは物足りない。
なので、本日は2座登頂を目指しピークハントに重きを置いた設定となった。
とは言え、ピストンで登るだけと言うのも面白くないので、
白沢谷コースを登る事にした。(下山は別コース)

冬期は凍結の心配があったが、2018.1.20現在に凍結箇所は皆無であり、
渓流コースを楽しむ事が出来た。
白沢谷コースは、本当に川の中を登ると言う感じで、
ちょっとスリリングでもあった。
夏場なら涼しさも相まって最高だと思う。

ゴンジリ峠からは一般的な登山道になり楽しさは半減した。
また生憎の天気の為、山頂の眺望も乏しい。
ま、低山故に天気云々を加味せずに登っているので仕方ありませんね。
特に今回はピークハントが目的だし。

岩茸石以降は樹林帯だったと思う……が、あまり記憶がない。
民家の横に出たのは覚えているが……。(-。-)ボソッ

次は、「秩父御岳山」である。
道の駅「大滝温泉」からスタートしたが、
間違って「杉ノ峠」に向かってしまった。
1日2座故に、短いコース設定としたのだが、遠回りに気がついた時は
既に手遅れ状態、なのでそのまま山頂を目指す。

山頂直下は急勾配で、ロープが設置されていた。
この場所では、本日2座目と言う事もありヒーヒー言いましたが
棒ノ折山の白沢谷コースと同じように、結構楽しんでいる自分がいた。
低山のピークハントである為、多少の苦行場所がないと面白くはないのだ。

山頂からの下山もかなり急坂で降りる事になったが、
すぐに林道に出たので、あとは歩き易い道で下山するだけとなった。

今回は事前情報が不足していた模様ですね。
訪問者数:468人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ