また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1368418 全員に公開 ハイキング近畿

嶽ノ森山

日程 2018年01月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅一枚岩の駐車場に駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間16分
休憩
26分
合計
1時間42分
S道の駅 一枚岩07:4508:33嶽ノ森山:雄岳08:4208:50嶽ノ森山:雌岳09:0709:27道の駅 一枚岩G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全般的によく整備されており歩きやすいです。
ただし雄岳・雌岳山頂直下は急峻な道が続くので注意しましょう。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

午前2時、和歌山市街にて夜食のラーメン。夜中にもかかわらず席はほぼ埋まっていました。
2018年01月27日 01:59撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前2時、和歌山市街にて夜食のラーメン。夜中にもかかわらず席はほぼ埋まっていました。
7
大阪市内から下道で約5時間半かけて和歌山県串本町にやってきました。本州最南端・潮岬にて夜明けを待ちます。
2018年01月27日 06:33撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪市内から下道で約5時間半かけて和歌山県串本町にやってきました。本州最南端・潮岬にて夜明けを待ちます。
3
潮岬にて日の出を見た後、登山口に移動します。
2018年01月27日 07:07撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
潮岬にて日の出を見た後、登山口に移動します。
9
和歌山県古座川町の道の駅・一枚岩に到着しました。
2018年01月27日 07:40撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和歌山県古座川町の道の駅・一枚岩に到着しました。
3
一枚岩、でっかいです。
2018年01月27日 07:41撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一枚岩、でっかいです。
6
正面に見えるのが嶽ノ森山かな?!なかなか急峻そうです。
2018年01月27日 07:46撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に見えるのが嶽ノ森山かな?!なかなか急峻そうです。
2
一枚岩トンネルの手前を右に曲がります。
2018年01月27日 07:51撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一枚岩トンネルの手前を右に曲がります。
登山口に到着です。「嶽の森」の表示板が出ています。
2018年01月27日 07:52撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着です。「嶽の森」の表示板が出ています。
朝日の差し込む気持ちのいいハイキング道を登っていきます。
2018年01月27日 08:02撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日の差し込む気持ちのいいハイキング道を登っていきます。
やや細いトラバース道には鎖が設置されています。
2018年01月27日 08:02撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや細いトラバース道には鎖が設置されています。
落ちたら危なそうな箇所には柵も付けられています。よく整備されたハイキング道です。
2018年01月27日 08:05撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ちたら危なそうな箇所には柵も付けられています。よく整備されたハイキング道です。
1
犬鳴谷。
2018年01月27日 08:05撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
犬鳴谷。
1
ナメトコ岩に到着しました。
2018年01月27日 08:08撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメトコ岩に到着しました。
2
ステップが刻まれているので歩き易いですが、濡れている箇所は滑るので注意が必要です。
2018年01月27日 08:10撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ステップが刻まれているので歩き易いですが、濡れている箇所は滑るので注意が必要です。
2
登ってきた沢を振り返ります。
2018年01月27日 08:13撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた沢を振り返ります。
2
ロープを上がって沢沿いの道は終了です。
2018年01月27日 08:14撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープを上がって沢沿いの道は終了です。
2
植林帯を上がっていきます。
2018年01月27日 08:24撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯を上がっていきます。
尾根まで上がってきました。嶽ノ森山(雄岳)山頂までもう少しです。
2018年01月27日 08:27撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根まで上がってきました。嶽ノ森山(雄岳)山頂までもう少しです。
1
嶽ノ森山(雄岳)山頂手前はなかなか急峻な道が続きます。
2018年01月27日 08:31撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嶽ノ森山(雄岳)山頂手前はなかなか急峻な道が続きます。
1
嶽ノ森山(雄岳)山頂に到着しました。
2018年01月27日 08:33撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嶽ノ森山(雄岳)山頂に到着しました。
10
雄岳山頂から雌岳を望みます。
2018年01月27日 08:38撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄岳山頂から雌岳を望みます。
5
雄岳山頂から南方向。
2018年01月27日 08:35撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄岳山頂から南方向。
2
海が輝いていてきれいです。
2018年01月27日 08:38撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海が輝いていてきれいです。
3
雄岳山頂から北方向。見晴らしよく遠くの山々まで見えていました。
2018年01月27日 08:36撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄岳山頂から北方向。見晴らしよく遠くの山々まで見えていました。
4
雌岳に向かいます。
2018年01月27日 08:40撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌岳に向かいます。
1
かなり急な道なので慎重に下りていきます。
2018年01月27日 08:41撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり急な道なので慎重に下りていきます。
鞍部から雌岳へと登り返します。
2018年01月27日 08:45撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部から雌岳へと登り返します。
雌岳山頂手前もなかなか急峻な道が続きます。
2018年01月27日 08:49撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌岳山頂手前もなかなか急峻な道が続きます。
2
雌岳山頂に到着しました。
2018年01月27日 08:55撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌岳山頂に到着しました。
5
雌岳山頂から嶽ノ森山(雄岳)を望みます。
2018年01月27日 08:50撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌岳山頂から嶽ノ森山(雄岳)を望みます。
3
写真の左側は断崖絶壁です。
2018年01月27日 08:52撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真の左側は断崖絶壁です。
5
かなり高度感あります。寝不足でフラフラして落ちそうでこわいです。
2018年01月27日 08:51撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり高度感あります。寝不足でフラフラして落ちそうでこわいです。
3
雌岳から眺める海もきれいです。タンカーが見えています。
2018年01月27日 08:51撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌岳から眺める海もきれいです。タンカーが見えています。
2
下山開始です。急坂を慎重に下って鞍部まで戻ってきました。
2018年01月27日 09:02撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始です。急坂を慎重に下って鞍部まで戻ってきました。
1
鞍部からも少しだけ急坂が続きます。
2018年01月27日 09:03撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部からも少しだけ急坂が続きます。
山頂直下の急な箇所を過ぎてしまえば、後は歩きやすい道が続きます。
2018年01月27日 09:15撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の急な箇所を過ぎてしまえば、後は歩きやすい道が続きます。
1
樹林帯をスタスタ下っていきます。
2018年01月27日 09:16撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯をスタスタ下っていきます。
1
下山しました。
2018年01月27日 09:24撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山しました。
1
道の駅・一枚岩まで戻ってきました。短かったですが、なかなか歩き甲斐のある良いコースでした。
2018年01月27日 09:26撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅・一枚岩まで戻ってきました。短かったですが、なかなか歩き甲斐のある良いコースでした。
1
今回の山行の締めに有田IC近くのラーメン店にて中華そばを食べました。
2018年01月27日 12:42撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の山行の締めに有田IC近くのラーメン店にて中華そばを食べました。
6

感想/記録

本日は寒波到来、近畿各地とも寒い予報だったため、温かそうな南紀の山まで足を延ばしてまいりました。
夜中0時過ぎに自宅を出発し下道を運転すること5時間半、夜明け前に本州最南端・潮岬に到着です。少し仮眠を取り、日の出を待って登山口に移動します。午前8時前に登山開始、登山道はよく整備されていて歩きやすく、しかし山頂直下は急峻でそれなりに登り甲斐があり、また雄岳・雌岳それぞれの山頂からは山々、海の素晴らしい景色を眺めることができました。標高400mに満たない山の2時間足らずのハイキングではありましたが、それなりに満足のいく山行となりました。
自宅から少し遠いことだけが難点ですね。
訪問者数:319人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/5/17
投稿数: 2648
2018/1/29 23:13
 山高きゆえに尊からず・・・
hayamaruさん、こんばんわ。この山、なかなか手強そうですね。標高だけじゃ山のレベルは計れない典型かと。それにしても、海が見えるって素晴らしいです。ラーメンで始まりラーメンで〆、カロリー消費したしよしとしましょう(^^)
登録日: 2013/11/12
投稿数: 144
2018/1/30 8:07
 Re: 山高きゆえに尊からず・・・
yamaonseさん、おはようございます。
山頂付近は急峻で、滑落でもしたら大変ですから下りはけっこう気を遣いました。
海が見えると標高以上に山が高く感じられます。眺望も素晴らしい山でした。
ただ消費カロリー量としてはラーメン2杯分はないかな〜 来週はもう少しガッツリしたコースを歩きたいと思います

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 山行 トンネル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ