また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1373068 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲信越

源次郎岳(嵯峨塩深沢林道ゲート前からピストン)

日程 2018年02月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
☆駐車場までのアクセス☆
嵯峨塩館(0553-48-2621)を目的地に設定しておけば分かりやすいです。
林道ゲートはそこから少し北にあります。
ちなみに嵯峨塩深沢林道は冬季通行止めです。

道路は除雪されており凍結も無かったので問題なく通行できました。


☆駐車スペース☆
●場所:嵯峨塩深沢林道ゲート前
●収容台数:3~4台くらい

この日は3台分埋まってしまいましたが、基本的に空いていると思われます。
(他の2台は別件で停まっていたようなので)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間43分
休憩
11分
合計
2時間54分
Sスタート地点09:0510:16源次郎岳・下日川峠・嵯峨塩温泉分岐点10:1710:37源次郎岳10:4511:13源次郎岳・下日川峠・嵯峨塩温泉分岐点11:1511:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
☆コース状況☆
積雪は10~40cmほどありました。
あまり登山者がいるイメージは無いのでトレースは期待できないと思われます(この日はトレースありませんでした)。
登山道にはピンクテープがあるので迷うことはないと思います。


☆危険個所☆
日川尾根と源次郎岳の間はキレット状の痩せ尾根。
凍結はしていなかったものの乾雪が滑りやすく登下降ともに危険な状態でした。
チェーンスパイクだと効果が薄そうなのでアイゼンがあると安全だと思います。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

林道ゲート前からスタート。
2018年02月04日 09:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道ゲート前からスタート。
管理者の車の跡でしょうか?
ずっと先まで轍が続いていました。
2018年02月04日 09:17撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
管理者の車の跡でしょうか?
ずっと先まで轍が続いていました。
開けた場所からは大菩薩連嶺の展望。
写っているのは黒岳と大蔵高丸。
2018年02月04日 09:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けた場所からは大菩薩連嶺の展望。
写っているのは黒岳と大蔵高丸。
林道脇に登山口。
"熊出没注意"の張り紙が目印です。
2018年02月04日 09:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇に登山口。
"熊出没注意"の張り紙が目印です。
牛奥峠というようです。
地図見た感じだと昔はここから沢に降りて勝沼に抜ける道があったのかな。
2018年02月04日 09:49撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛奥峠というようです。
地図見た感じだと昔はここから沢に降りて勝沼に抜ける道があったのかな。
広くなだらかな尾根ですがテープを追っていけば迷うことはありません。
2018年02月04日 10:00撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広くなだらかな尾根ですがテープを追っていけば迷うことはありません。
過去の山行記録を見比べてみて今日は少し積雪が多い気がしました。
2018年02月04日 10:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
過去の山行記録を見比べてみて今日は少し積雪が多い気がしました。
下日川峠への分岐点です。
ここも勿論ノートレースでした。
2018年02月04日 10:16撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下日川峠への分岐点です。
ここも勿論ノートレースでした。
1,535m地点にある三角点。
今日の最高地点です。
2018年02月04日 10:17撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1,535m地点にある三角点。
今日の最高地点です。
1
日川尾根から源次郎岳に向かいます。
ここから急勾配の痩せ尾根。
2018年02月04日 10:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日川尾根から源次郎岳に向かいます。
ここから急勾配の痩せ尾根。
1
無雪期なら何の問題も無さそうですが、この日は積もった乾雪が滑ってかなり苦労しました…。
2018年02月04日 10:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無雪期なら何の問題も無さそうですが、この日は積もった乾雪が滑ってかなり苦労しました…。
源次郎岳への登り返しです。
こちらも結構な急登です。
2018年02月04日 10:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源次郎岳への登り返しです。
こちらも結構な急登です。
ロープを掘り起こしてしがみつきながら登っていきました。
これが無かったら登れないところだった…。
2018年02月04日 10:31撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープを掘り起こしてしがみつきながら登っていきました。
これが無かったら登れないところだった…。
急登区間を過ぎると緩やかに。
2018年02月04日 10:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登区間を過ぎると緩やかに。
広々した山頂部に到着!
2018年02月04日 10:37撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広々した山頂部に到着!
2
源次郎岳登頂!
2018年02月04日 10:38撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源次郎岳登頂!
3
山頂からは金峰山・国師岳の展望。
2018年02月04日 10:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からは金峰山・国師岳の展望。
遥か先には八ヶ岳。
2018年02月04日 10:45撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遥か先には八ヶ岳。
2
帰りも危険な痩せ尾根を通過。
ここは本当に危なかったのでアイゼン必須です!
2018年02月04日 10:56撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りも危険な痩せ尾根を通過。
ここは本当に危なかったのでアイゼン必須です!
下山はショートカットして林道へ降りました。
ピンクテープや赤ペンキでルートが記されています。
2018年02月04日 11:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山はショートカットして林道へ降りました。
ピンクテープや赤ペンキでルートが記されています。
林道に降りてきました。
2018年02月04日 11:30撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に降りてきました。

感想/記録

山梨百名山の一座である源次郎岳に登りました。

展望が今ひとつで登山道にも見所が少なく熊出没の噂もある…。
源次郎岳はあまり評判の良い山では無いですが、それを逆手にとってノートレースの新雪に踏み跡を付けてきました。
サラサラのパウダースノーを踏み分けながら気持ちよく歩けたので取り合えず満足かな。

山頂も雪があると結構印象が違っていい雰囲気でした。
あと数十センチ積雪があればスノーシューハイクも出来そうですね。
訪問者数:353人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ