また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1373708 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走伊豆・愛鷹

愛鷹山

日程 2018年02月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ 一部霙
風 山頂で1m/s 予報では10m/s
気温 P地-1℃ 山頂2℃ 下山P地6℃
積雪 最大で50cm
アクセス
利用交通機関
車・バイク
富士宮市内の宿から約45分
国道に凍結路無し、山神社に入る林道は積雪路です
P地の積雪15cm、腹をすります、スタック寸前で駐車
コンビニは市内でP地近くには無い
トイレ P地に一個 
ポスト 見つかりません ネットで提出済み
サファリパークが此処に在る事を始めて知る

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

   山神社P地 6:51
6:53 鳥居 6:53
7:07 小さい矢印 7:07
7:16 落石に用心 7:16
7:30 愛鷹山荘 7:30
7:35 富士見峠 7:35
7:45 道標 7:45
7:51 黒岳展望広場 7:52
8:01 黒岳山頂 8:12
8:17 道標 峠まで0.5km 8:17
8:20 黒岳展望広場 8:20
8:28 富士見峠 8:28
9:06 定点観察の木 A 9:06
9:08 鋸岳展望台 9:09
9:40 危険注意の案内 9:40
9:41 霧氷現る 9:41
9:42 富士山山頂チラ見 9:42
9:55 道標 9:55
10:05 富士見台と岡田紅陽 10:07
10:09 やせ尾根 10:09
10:11 道標 10:11
10:15 道標 10:15
10:16 伊豆半島を眺める 10:16
10:38 越前岳山頂 11:22
11:26 サルノコシカケ 11:26
11:35 道標 11:35
11:40 道標 11:40
11:42 富士見台と岡田紅陽 11:52
12:13 鋸岳展望台 12:14
12:28 富士見峠 12:28
12:30 愛鷹山荘 12:30
12:32 休憩 アイゼンはずしてつぼ足 12:40
12:50 小さい矢印 12:50
12:56 突堤 12:56
12:57 山神社祠 12:57
12:58 鳥居 12:59
13:01 山神社P地

工程 6:10
登り 黒岳 1:10
黒岳→越前岳 2:26
下り 1:39
コース状況/
危険箇所等
P地-富士見峠
鳥居をくぐってスタートです、最初は沢づたい、沢を横断すると
植林地帯のジグザグ登り、踏み跡が解けて凍り、ツルツルです。
上部で大きくトラバース、これが終わると愛鷹山荘です
一寸の急登りで富士見峠です、此処からは積雪たっぷりです
昨日の踏み跡が多々あって、ルート明瞭でした、でも目印は少ないです
危険箇所 凍結路でのスリップ つぼ足で慎重に歩きました
天候が怪しく霰が降りました
出会った人 0名
出会った獣 無し 

富士見峠-黒岳
予想外に遠かったぞ、それに沢山登った気がする
途中に展望広場があります
ルート明瞭 トレースをたどります
天候が悪く、展望広場で富士山見えず
危険個所 根っこと凍結に注意
大きな自然杉に合えます
出会った人 0名
出会った獣 無し

黒岳
富士山側の展望は無いと思う
私のタイミングは何も見えんでした
ベンチが二つ在ります キャパ20名位
出会った人 0名
出会った獣 無し

黒岳-鋸岳展望地
富士見峠まで戻って、2名の踏み跡をたどって行きます
大きなU字溝ルートは使わないで、溝の上にトレースが出来ています
目印が少なく、積雪期はルートを知っていないと歩けないですね
雪深いところで膝 つぼ足で体力を温存
植林地帯の中を歩きますが斜度はそれほど無い
最後は急登り、程なく展望地、足元はスッパリ切れ落ちています
トレースがあったのでルート明瞭 無かったらルーファイが大変です
危険箇所、深雪、急登でのスリップ
出会った人 0名
出会った獣 無し

鋸岳展望地-富士見台
トラバースぎみに尾根を進んで行きます。
樹間から富士山が見え隠れします。
尾根の上まで時々乗り上げると、鋸岳の後ろに伊豆半島と駿河湾が見えました
最後は急登 上り終えると富士見台です 富士の絶景が待っていました。
トレースがあったのでルート明瞭 無かったらルーファイが大変です
危険箇所、深雪、急登でのスリップ
出会った人 0名
出会った獣 無し

富士見台-越前岳
やせ尾根歩きです
樹間からのチラ見が楽しいです
雪深い、細い、樹林が邪魔
ルート明瞭 トレースのおかげでつぼ足です
危険箇所 左右への転倒はNG
途中でアイゼンの落し物を発見 岩の上に乗っけておいたけど、(雪が降った埋まっちゃうね、枝に掛けておくべきでした)
出会った人 0名
出会った獣 無し

越前岳
にぎやかです ベンチが5個
人がどんどん入れ替わります 出会った人 20名?
富士山の積雪部のみ良く見えます
ここでランチ
此処へもメインルートは十里木高原ルートみたいですね
出会った獣 無し
呼子岳方面はノートレースです、単独で進むには少々難有りと判断、引き返します

下山 越前岳-富士見台-富士見峠-山神社P地
歩いたルートを12アイゼンで下って行きました。
愛鷹山荘の先で雪が無くなりダートなのでアイゼンをはずす、でもその先に
積雪のエリアはまだありましたがスリップに注意して下りました。
スリップ転倒は1回
危険個所 急下り スリップ
出会った人 21名
出会った獣 小鳥の声
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 30Lザック レインウエア 防寒着(1) コンロ 2食 非常食 ヘッテン ストック デジカメ GPS 予備電池 タオル グローブ(3) ゴム手 ザックカバー ザブトン 12アイゼン ピッケル スノーシュー ネックウォーマー マグカップ バラクバラ ツェルト ゴーグル

写真

山神社P地
スタート
2018年02月04日 06:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山神社P地
スタート
稜線に乗ってT字路
左が至る越前岳 右が至る黒岳
2018年02月04日 07:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に乗ってT字路
左が至る越前岳 右が至る黒岳
黒岳手前の展望地
雲が多く富士山がどの方向かも?
2018年02月04日 07:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岳手前の展望地
雲が多く富士山がどの方向かも?
山頂のベンチ
2018年02月04日 08:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のベンチ
1
広場ですが樹林で展望は少ない
2018年02月04日 08:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場ですが樹林で展望は少ない
1
T字路に戻る途中で展望地 少しは晴れてきた
2018年02月04日 08:20撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
T字路に戻る途中で展望地 少しは晴れてきた
太陽が差し込むと嬉しいです
2018年02月04日 08:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽が差し込むと嬉しいです
2人のトレースを辿ります
有難う。
2018年02月04日 08:54撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2人のトレースを辿ります
有難う。
この後ろは絶壁なんです
2018年02月04日 09:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後ろは絶壁なんです
位牌岳と鋸岳 どれかのトンガリが愛鷹山?
2018年02月04日 09:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
位牌岳と鋸岳 どれかのトンガリが愛鷹山?
青空が広がって、霧氷が出てきました
南風の霧氷です
2018年02月04日 09:40撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が広がって、霧氷が出てきました
南風の霧氷です
富士山も顔を出す
2018年02月04日 09:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も顔を出す
1
富士見台から富士山
2018年02月04日 10:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見台から富士山
1
引くとこんな景色です
2018年02月04日 10:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引くとこんな景色です
1
富士見台 同じ名前を知ってる
2018年02月04日 10:07撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見台 同じ名前を知ってる
伊豆半島と駿河湾 雲見ぐらいまで見えているかも?
2018年02月04日 10:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆半島と駿河湾 雲見ぐらいまで見えているかも?
1
賑やかな越前岳山頂
2018年02月04日 10:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賑やかな越前岳山頂
1
暖かそうな御地蔵さん
2018年02月04日 10:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暖かそうな御地蔵さん
雪のかぶっている所だけ見えます
2018年02月04日 10:40撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪のかぶっている所だけ見えます
1
ダートの山頂です
2018年02月04日 10:41撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダートの山頂です
鋸岳方面 ノートレースです
最奥に伊豆半島
2018年02月04日 11:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳方面 ノートレースです
最奥に伊豆半島
雲が無くなると南アの3000が北岳まで
見えるそうです
2018年02月04日 11:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が無くなると南アの3000が北岳まで
見えるそうです
? 箱根か丹沢方面
2018年02月04日 11:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
? 箱根か丹沢方面
下山が始まり再び富士見台
2018年02月04日 11:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山が始まり再び富士見台
愛鷹山荘先の斜めった板
2018年02月04日 12:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛鷹山荘先の斜めった板
山神社 御世話になりました
2018年02月04日 12:57撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山神社 御世話になりました
ルートマップ
2018年02月04日 12:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートマップ
富士宮の宿近くから
2018年02月04日 13:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士宮の宿近くから
1

感想/記録

山友のfさんが正月に歩いたので、私も歩いて見る事に
稜線は雪がたっぷりあります、行きの登りは全てつぼ足(時々出くわす急登にスノーシューが使いにくそうな)
下山は12アイゼンでスタート、愛鷹山荘下でつぼ足に戻る
初めて歩くルートなので、アイゼン、ピッケル、スノーシューを背負って入山。
登りは誰にも合わないので拍子抜け、天気を誤ったか心配でした
でも越前岳山頂のにぎわいと、下山時のすれ違いはにぎやかでした。
当初は周回予定でしたが、雪が多すぎて無理です。
越前岳まではトレースがあったので行けましたが、ここもノートレースでしたら、たどり着けなかったと思う

装備
レインウエア ダウンジャケット ヘッテン グローブ3種
携帯電話 デジカメ GPS
ストック 12アイゼン ピッケル スノーシュー
2食 行動食 非常食 コンロ コッヘル 水1.2ℓ 30Lザック 
ザックカバー バラクバラ 歯ブラシ
訪問者数:774人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/18
投稿数: 859
2018/2/7 22:40
 素晴らしき景色
オキナワさんこんばんは、
アップ写真拝見しました、
青空と霧氷、雪をかぶった頭だけの富士山
山頂のまだら模様きれいですね、
これだから、山歩き止められないのですよね!
登録日: 2009/11/2
投稿数: 300
2018/2/8 15:17
 Re: 素晴らしき景色
長者ヶ岳も越前岳も雪歩きが楽しめました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ