また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1379867 全員に公開 雪山ハイキング比良山系

堂満岳

日程 2018年02月12日(月) [日帰り]
メンバー
 glg
, その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間57分
休憩
1時間13分
合計
7時間10分
Sイン谷口08:0808:41大山口08:4309:33青ガレ09:4210:28金糞峠10:4310:58東レ新道分岐10:5911:34堂満岳11:5012:56堂満岳13:0514:18ノタノホリ14:3415:01桜のコバ15:0515:09イン谷口15:1015:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

イン谷口バス停から少し上がった所に駐車しました。
2018年02月12日 08:04撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イン谷口バス停から少し上がった所に駐車しました。
2
かくれ滝。
2018年02月12日 09:08撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かくれ滝。
1
時折振り向きながら登っていきます。
2018年02月12日 09:39撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折振り向きながら登っていきます。
1
ここまで来て初めて違う山に登ってきた事に気付くという大失態でした。
2018年02月12日 10:27撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来て初めて違う山に登ってきた事に気付くという大失態でした。
2
霧氷のなれの果てですが、きらきら輝いて綺麗でした。
2018年02月12日 11:25撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷のなれの果てですが、きらきら輝いて綺麗でした。
本当は向こうの山に登る予定だったんですが・・・
花の時期にリベンジで縦走してみるのもいいかもです。
2018年02月12日 11:45撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当は向こうの山に登る予定だったんですが・・・
花の時期にリベンジで縦走してみるのもいいかもです。
3
少し戻って堂満岳を見ながら昼食タイムにしました。
2018年02月12日 12:50撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し戻って堂満岳を見ながら昼食タイムにしました。
2
見事に凍結。登っても大丈夫そうですが、落ちたら洒落にならないのでしません。
2018年02月12日 14:32撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事に凍結。登っても大丈夫そうですが、落ちたら洒落にならないのでしません。
2
撮影機材:

感想/記録
by glg

当初、武奈ヶ岳に登るつもりで準備していましたが、前日に予定を急遽変更し蓬莱山へ行く事になりました。
しかし、朝からイレギュラー続発で、ナビの行き先変更をし忘れ、結局イン谷口へ。

しかし、この時点で誰も行き先が違う事に気付いていません。
抜けるような青空の下琵琶湖を背に、当初予定していた青ガレコースを登り、時々振り返りながら景色に見とれ、金糞峠に到着。
そこで初めて、違う山に登ってきた事に気が付くという大失態。

前日まではここに来るつもりでしたので、時間的に余裕が持てるよう武奈ヶ岳ではなく堂満岳へ変更することに。
金糞峠から堂満岳はなだらかな稜線歩き。
時折溶けた霧氷が太陽に照らされきらきら輝いていました。

堂満岳山頂からは堂満東稜道を下ります。
山頂直下の下りはかなり急で、気を遣いながら下りていきます。
なだらかな所まで来ると、後は楽になります。
ノタノホリは完全凍結、氷の厚さもそこそこあるようでした。

山頂付近のシャクナゲもあちらこちらで蕾が膨らんでいて、満開時期にもう一度来てみたいと思わせてくれる山でした。


GPSログ解析

開始日時 2018/02/12 08:08:24 終了日時 2018/02/12 15:18:30
水平距離 8.85km 沿面距離 9.43km
経過時間 7時間10分06秒 移動時間 4時間35分35秒
全体平均速度 1.32km/h 移動平均速度 2.05km/h
最高速度 6.26km/h 昇降量合計 1757m
総上昇量 875m 総下降量 882m
最高高度 1068m 最低高度 224m

Powered by JoyfulGPS
訪問者数:220人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

GPS シャクナゲ ガレ 霧氷 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ