また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1382986 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥秩父

強風の中の展望!金峰山

日程 2018年02月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ(強風 )
天気図:http://www.tenki.jp/past/2018/02/18/chart/
アクセス
利用交通機関
車・バイク
○中央道 須玉ICより約25km(約40分)
当日はたまたま積雪・凍結なかったが、冬仕様が望ましい。

◯登山口までは、みずがき湖より左回り、右回りがある。左回りのほうが運転しやすいと思われる。右回りだと峠道で道路状況が不明。みずがき湖突き当りを左方向に行きましょう。

○瑞牆山荘駐車場
無料、約100台駐車可。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間13分
休憩
3時間13分
合計
9時間26分
S県営無料駐車場03:4104:16富士見平湧水04:1704:21富士見平小屋04:3305:11鷹見岩分岐05:20大日小屋05:54大日岩05:5806:51砂払いノ頭07:2307:30千代の吹上07:44金峰山小屋分岐07:5608:21五丈石08:2208:24金峰山09:4809:54五丈石10:14金峰山小屋分岐10:23千代の吹上10:32砂払いノ頭10:3711:13大日岩11:2011:36大日小屋11:4111:51鷹見岩分岐12:14富士見平小屋12:4312:44富士見平湧水12:4513:05瑞牆山荘13:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○登山口〜富士見平小屋〜大日小屋〜大日岩
登山口から雪でつながってます。チェーンスパイク使用。

○大日岩〜砂払ノ頭
大日岩付近でアイゼン換装。登山道は思ったより雪がありました。大日岩は南ア、八ヶ岳方面唯一開けて見える場所。この先から地味にながーい樹林帯。じわじわ高度をあげます。景観ないのでつらい時間帯。

○砂払の頭〜千代ノ吹上〜山頂
バラクラバ、ゴーグル必須。森林限界越え素晴らしい稜線ルート。展望は良いので疲れを忘れます。この日はトレースがかき消され膝下まで埋もる箇所有。トレースなしだとルートが少し分かりづらいです。
その他周辺情報○増富ラジウム温泉 820円
数種類の温度の浴槽があり(ちょっと高いかな)。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

砂払いノ頭。ここからは強風、換装はここまでに済ませる。バラクラバ、ゴーグル装備。
2018年02月18日 06:54撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂払いノ頭。ここからは強風、換装はここまでに済ませる。バラクラバ、ゴーグル装備。
1
ここで富士山登場!端正なシンメトリー。
2018年02月18日 06:55撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで富士山登場!端正なシンメトリー。
8
南ア方面に朝陽。モルゲンには間に合わなかった。
2018年02月18日 06:55撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南ア方面に朝陽。モルゲンには間に合わなかった。
3
強風に付き随時耐風姿勢。
2018年02月18日 08:06撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風に付き随時耐風姿勢。
2
ここを登りきると分岐。
2018年02月18日 08:12撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登りきると分岐。
5
山頂はもう少し先。
2018年02月18日 08:17撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はもう少し先。
1
金峰山2,599m到着。バックの八ヶ岳も視界良好。
2018年02月18日 08:20撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山2,599m到着。バックの八ヶ岳も視界良好。
13
五丈石と白峰三山。
2018年02月18日 08:33撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五丈石と白峰三山。
5
山頂から先の雪原。けっこう踏み抜いた。
2018年02月18日 08:54撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から先の雪原。けっこう踏み抜いた。
歩いてきた稜線。バックには仙丈、甲斐駒、中ア、御嶽がそびえるお気に入りのアングル。
2018年02月18日 09:43撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線。バックには仙丈、甲斐駒、中ア、御嶽がそびえるお気に入りのアングル。
3
瑞牆と赤岳から蓼科までの山塊。
2018年02月18日 09:43撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞牆と赤岳から蓼科までの山塊。
4
五丈石はかなりでかい。
2018年02月18日 09:46撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五丈石はかなりでかい。
9
南アの存在感が際立つ。
2018年02月18日 09:51撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アの存在感が際立つ。
1
寒いんで下山!五丈石は表と裏で表情が違う。
2018年02月18日 09:57撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒いんで下山!五丈石は表と裏で表情が違う。
3
日本のこころ。
2018年02月18日 10:04撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本のこころ。
6
千代ノ吹上。まあー風がビュービューだこと。
2018年02月18日 10:10撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千代ノ吹上。まあー風がビュービューだこと。
2
山頂振り返って定番アングル。
2018年02月18日 10:15撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂振り返って定番アングル。
2
南アを見納め樹林帯へ突入。
2018年02月18日 10:31撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アを見納め樹林帯へ突入。
1
富士見平小屋。本日は下山中で不在。テント料1,000円、トイレ100円。
2018年02月18日 12:09撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平小屋。本日は下山中で不在。テント料1,000円、トイレ100円。
ただいまオラフ。
2018年02月18日 12:57撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただいまオラフ。
2
無料駐車場到着。
2018年02月18日 13:03撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無料駐車場到着。
帰り道に見納め。
2018年02月18日 13:26撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道に見納め。
1
みずがき湖はスケートリンク。
2018年02月18日 13:37撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みずがき湖はスケートリンク。
3

感想/記録
by amia

厳しい条件だった。夜中にフライング出発、上空は物凄い轟音。不安を抱きながら闇夜を進む。

大日岩付近でアイゼンへ、砂払ノ頭までの樹林帯は景観も無いので地味に長く感じた。また、雪質も柔らかく歩きにくかった。

稜線出ると五丈岩を確認、ややモチベーションが上がるが、問題はこの爆風。完全防寒装備で先に進む。稜線はトレースが風でかき消され、耐風姿勢を余儀なくされ遅々と進まない。

やっとの思いで山頂到着すると富士山・南ア・中ア・八ヶ岳と360度の大展望、あきらめないで良かったと思う瞬間である。北西風をよけられる岩陰で大休憩、風がないと太陽の陽射しが心地よかった。

体が冷えていたので下山後の温泉を楽しみにマイペースで無事下山。暴風は昼前頃でやみ、雲一つない青空が広がる。風速20mの稜線は美しく厳しかった。
訪問者数:797人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/10/24
投稿数: 8
2018/2/20 8:21
 無題
はじめまして、
楽しく読ませていただきました。
週末登りたいなと思ってますが、駐車場までの道路状況は
いかがでしょうか?
ノーマルタイヤだと厳しい感じでしょうか?
お教えいただけますでしょうか?
よろしくお願いします。
登録日: 2015/11/27
投稿数: 15
2018/2/20 12:18
 Re: 無題
mm_heads さま

こんにちは。

みずがき山荘までの道路状況ですが、降雪等なければノーマルでも行けると思います。
ただ、クリスタルラインに入ると両脇には積雪があり、日中溶け夜凍結するのでチェーンを携行した方が望ましいです。
車線も狭いのでUターンしにくいです。

個人的な感想ですか、お気をつけてお楽しみください。
登録日: 2017/10/24
投稿数: 8
2018/2/20 12:29
 無題
詳細情報ありがとうございます。
とても助かります!
参考にさせていだだきます!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ