また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1383675 全員に公開 雪山ハイキング槍・穂高・乗鞍

上高地(2018年2度目)スノーシューハイク

日程 2018年02月17日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候風雪強し
アクセス
利用交通機関
坂巻温泉より送迎車利用(宿泊者のみ)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.9〜2.0(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間45分
休憩
24分
合計
6時間9分
S中の湯バス停08:2309:36太兵衛平09:3710:01大正池10:1710:54田代池10:5611:48田代橋11:5012:03上高地帝国ホテル13:08大正池13:0913:43太兵衛平14:29中の湯バス停14:3114:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
遊歩道及び車道歩きですので、特に危険箇所はありませんが、雪で木道の歩行面が手摺より高くなっていますので、バランスには注意です。それと、梓川河畔を歩きますので、雪を踏み外して川に落ちないように。
その他周辺情報今回は、ひなびた1軒宿である坂巻温泉に宿泊しました。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック スノーシュー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス ストック カメラ ゴーグル

写真

ほぼ1ヶ月ぶりの新釜トンネル入り口。ここから出発です。前回は1月21日の日曜日でしたが、今回は土曜日だったため、建築関係の業者は仕事をしていますので、冬のうちに上高地のホテルを含めた施設のメンテナンスを行っており、工事用車両(通行許可車)の走行がかなり多かったです。
2018年02月17日 08:11撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ1ヶ月ぶりの新釜トンネル入り口。ここから出発です。前回は1月21日の日曜日でしたが、今回は土曜日だったため、建築関係の業者は仕事をしていますので、冬のうちに上高地のホテルを含めた施設のメンテナンスを行っており、工事用車両(通行許可車)の走行がかなり多かったです。
トンネル内には除雪用車両が待機しています。冬場も入山者が多いせいか、トンネル照明は点灯しています。しかし、いつも点いているとは限りませんので、ヘッドランプは必携です。
2018年02月17日 08:38撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネル内には除雪用車両が待機しています。冬場も入山者が多いせいか、トンネル照明は点灯しています。しかし、いつも点いているとは限りませんので、ヘッドランプは必携です。
新釜トンネル出口。向こうに見えるのが上高地トンネルの入り口です。雪がかなり舞っていて霞んでいます。
2018年02月17日 08:47撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新釜トンネル出口。向こうに見えるのが上高地トンネルの入り口です。雪がかなり舞っていて霞んでいます。
トンネルとトンネルの間は、こんな感じ。結構降ってます。
2018年02月17日 08:50撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルとトンネルの間は、こんな感じ。結構降ってます。
上高地トンネル出口で、スノーシュー装着。(写ってませんが)
2018年02月17日 09:11撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地トンネル出口で、スノーシュー装着。(写ってませんが)
林道のカーブミラーで自撮り。
2018年02月17日 09:23撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道のカーブミラーで自撮り。
バスターミナル方面(右)と治山用道路(左)の分岐。
右へ行きます。
2018年02月17日 09:27撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスターミナル方面(右)と治山用道路(左)の分岐。
右へ行きます。
雪はご覧の通りの降り具合。
2018年02月17日 09:31撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はご覧の通りの降り具合。
大正池も先は見通しが効きません。本来ならこの向こうに岳沢が見えるのですが。
2018年02月17日 09:36撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大正池も先は見通しが効きません。本来ならこの向こうに岳沢が見えるのですが。
大正池ホテル。ここにトイレがあります。明らかに先月より雪が多い。大正池ホテルの左側から梓川沿いの遊歩道に入ります。
2018年02月17日 09:45撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大正池ホテル。ここにトイレがあります。明らかに先月より雪が多い。大正池ホテルの左側から梓川沿いの遊歩道に入ります。
木道の歩行面も手摺と同じ高さになっていました。
2018年02月17日 10:12撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道の歩行面も手摺と同じ高さになっていました。
道標も埋没寸前。
2018年02月17日 10:19撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標も埋没寸前。
田代池到着。
2018年02月17日 10:39撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田代池到着。
右側が田代湿原。立ち入り禁止です。
2018年02月17日 10:50撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側が田代湿原。立ち入り禁止です。
絵からは判りませんが(音も表現できませんが)、かなりの強風で木々が揺れています。
2018年02月17日 11:07撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絵からは判りませんが(音も表現できませんが)、かなりの強風で木々が揺れています。
結構、スノーシューツアーと思われる集団がいます。
2018年02月17日 11:11撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構、スノーシューツアーと思われる集団がいます。
われわれを追い抜いた集団は田代橋を渡って、梓川右岸へ。
2018年02月17日 11:19撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
われわれを追い抜いた集団は田代橋を渡って、梓川右岸へ。
われわれは、時間との関係で河童橋をあきらめて、帝国ホテル方面から車道で帰路につくことにしました。
2018年02月17日 11:57撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
われわれは、時間との関係で河童橋をあきらめて、帝国ホテル方面から車道で帰路につくことにしました。
木に映っている、雪の軌跡が真横になっているのわかりますか?時々、ホワイトアウトになるような地吹雪が襲来します。
2018年02月17日 12:08撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木に映っている、雪の軌跡が真横になっているのわかりますか?時々、ホワイトアウトになるような地吹雪が襲来します。
1
大正池ホテルまで戻ってきました。
2018年02月17日 12:57撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大正池ホテルまで戻ってきました。
プチホワイトアウトの瞬間。
2018年02月17日 12:57撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プチホワイトアウトの瞬間。
大正池見納め。
2018年02月17日 13:04撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大正池見納め。
束の間、少し雲が切れましたが、池の向こうに雪煙が上がっています。
2018年02月17日 13:06撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
束の間、少し雲が切れましたが、池の向こうに雪煙が上がっています。
岳沢が見えそうで見えない。
2018年02月17日 13:06撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳沢が見えそうで見えない。
上高地トンネルまで戻ってきました。
若者集団が、尻すべり中。
2018年02月17日 13:43撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地トンネルまで戻ってきました。
若者集団が、尻すべり中。
ゲート到着。お疲れ様でした。
2018年02月17日 14:20撮影 by RICOH WG-40, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲート到着。お疲れ様でした。
撮影機材:

感想/記録

今回はさる山組織のスノーシューハイクに参加し、今年2回目の上高地に行ってきました。同行者は、みな私より年長者ですが、現役時代のお話を聞いてびっくり。現役時代、アンデスに半年篭って、6000m級の未踏峰を極めたとか、厳冬期の屏風岩や滝谷を登攀したとかのつわものの方々でした。
てんくらでもB・C評価でしたので、天候は期待してはいなかったのですが、時々猛烈な風とともに雪が横殴りに吹き付けるようなコンディションで、時間との兼ね合いもあり、河童橋を諦め、田代橋から帝国ホテル方面へショートカットで帰路につきました。
今回のスノーシューハイクは、1泊2日で、1日目上高地、2日目乗鞍高原という行程で、宿泊は上高地手前のひなびた1軒宿である坂巻温泉に宿泊し、硫黄の香り漂う温泉で温まりました。
訪問者数:254人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ