また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1384841 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

山スキーヤー殺しの常念岳東尾根

日程 2018年02月17日(土) 〜 2018年02月18日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候初日:雪 2日目:晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ゲート前Pに駐車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間0分
休憩
0分
合計
9時間0分
Sほりでーゆー四季の郷06:0015:002100m付近泊地
2日目
山行
9時間35分
休憩
25分
合計
10時間0分
2100m付近泊地08:0010:46前常念岳11:15常念岳11:3012:00前常念岳12:50宿泊地13:0018:00ほりでーゆー四季の郷G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
常念岳東尾根は山スキーに適した尾根ではありませんでした。
理由として、やせ尾根、濃い藪、トレースが直登でジグが切れない。1900〜2200付近は車斜度が緩すぎる上に登り返し多数で滑るのは相当難儀します。

樹林帯は尾根が細く、また、トレースが直登で刻まれているので、シール登高に適しません。非常につらい登りでした。
森林限界より上では岩稜部があり、尾根線上の滑走に適しません。
登高時のラッセルで有利かと思いましたが、やせ尾根の直登ではスノーシューが有利でした。
唯一滑れたのは大平原からの林道のみです。この尾根を厳冬期に登るならスノーシューか、もしくはワカン(ワカンPTの方もいましたが、こちらも苦労しているようでした。)が無難だと思います。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

行ってきます~
2018年02月17日 06:08撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行ってきます~
さっそく尾根に乗ります。
2018年02月17日 07:06撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっそく尾根に乗ります。
こんな樹林を詰める。なんとか滑れそうだけど果たして・・
2018年02月17日 08:12撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな樹林を詰める。なんとか滑れそうだけど果たして・・
ここはまだましか?
2018年02月17日 09:40撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはまだましか?
写真だとわかりづらいけど、結構な藪とやせ尾根。
2018年02月17日 09:40撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真だとわかりづらいけど、結構な藪とやせ尾根。
これは・・・
2018年02月17日 11:58撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは・・・
ひどい藪です。
2018年02月17日 11:59撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひどい藪です。
森林限界付近で雪洞を掘り、雪洞泊。
2018年02月17日 15:38撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界付近で雪洞を掘り、雪洞泊。
6
2日目ピーカン!
2018年02月18日 08:04撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目ピーカン!
3
目指すピークは。
2018年02月18日 10:46撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指すピークは。
3
最後の登りです。
2018年02月18日 11:19撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登りです。
3
到着しました!きつかった・・ここでヘルメットを落としたことに気が付く。
2018年02月18日 11:32撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着しました!きつかった・・ここでヘルメットを落としたことに気が付く。
3
二の沢方面。こっちの沢筋にドカンと落とすと気持ちよさそうだけど・・・・沢底はどうなっているのか・・・
2018年02月18日 11:49撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の沢方面。こっちの沢筋にドカンと落とすと気持ちよさそうだけど・・・・沢底はどうなっているのか・・・
1
全く滑れず、パートナーに迷惑かけっぱなしで何とかおりてきました。マジできつかった・・・
2018年02月18日 18:00撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全く滑れず、パートナーに迷惑かけっぱなしで何とかおりてきました。マジできつかった・・・
撮影機材:

感想/記録

まず初めに、この尾根に山スキーで取りつくとえらい目にあいます・・・
会の方と計画した厳冬期常念岳ですが、個人的には反省点も多く非常につらい山行になりました。
この山行でたくさんの失敗をしました。
【失敗点】
1、朝、ヘルメットを家に忘れ、取りに戻って30分遅刻。
2、スタート時に除雪が入ってることがわかっていたので、アプローチシューズを履いてスタートしたのですが、すぐに除雪が切れ、車にアプローチシューズを置きに戻り、30分ロス。
3、山スキー(パートナーはスノーシュー)でのラッセルと快適な下りを想定しましたが、前述の通り、尾根が全く山スキーに向いておらず、登りも下りも苦戦ました。終始スノーシューの後塵を拝す結果に。
4、2日目、登り始めて30分後にアイゼンを雪洞に忘れたことに気が付き取りに戻って1時間ロス。
5、板を岩稜体上部まで持ち上げてしまい、いたずらに体力を消耗。下れる斜面もなく、担いで下す結果に。
6、ヘルメットを前常念〜常念岳の尾根線のどこかにロスト。前日の登りの時にヘルメットホルダーを木に引っ掛けて壊してしまっていたので、ヘルメットがちゃんと固
定されておらず落ちたと予想。
7、風が強かったですが、日差しがあり、暖かかったためバラクラバをせずに登っていて、軽度凍傷にかかる。

遅刻や判断ミス、物失せがほんとに多く、反省しかいないです。
特に、4,6,7は登攀では致命傷になりかねないミスなので、ホントに反省しないと今後取り返しのつかない事態になることは間違いないですね。

なんとか経験豊富なパートナーのおかげで山頂に立たせてもらいましたが、これだけミスをしているので、そこはしっかり見つめなおして次の山行につなげたいと思います。
訪問者数:721人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ