また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1385237 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

車山から久しぶりのゲレンデ滑走

日程 2018年02月20日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち30%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間59分
休憩
31分
合計
3時間30分
S車山肩駐車場10:3611:08霧ヶ峰11:3311:36車山高原リフト山頂駅11:3812:09車山高原スキー場駐車場12:25車山高原リフト山頂駅12:2712:41車山高原スキー場駐車場12:52車山高原リフト山頂駅12:5313:00車山乗越13:0113:28蝶々深山14:05車山肩分岐14:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

ビーナスライン
山肌に雪が全然ない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビーナスライン
山肌に雪が全然ない
富士山が見えない・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が見えない・・・
猫好好(マオハオハオ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猫好好(マオハオハオ)
1
最後の登りが辛い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登りが辛い

感想/記録

毎度どうでもよい記録です

小笠原からの帰りかなり船が揺れ、新しくなったおがさわら丸になってから吐いたのは初めてだった。下船してもまだ岡酔い。おまけにザックを担ぐときに腰をいわしてしまい出張明けの3連休の初日を病院やら行って無駄にしてしまった。。。出張中に車検に出していた車も戻り行き先をどこにするか・・・行こうとしていたところがすべて天気が良くない・・・乗鞍が良いみたいだから三本滝にでも行ってみようかと出撃したのだが・・・出発時間が遅くなり時間が惜しかったので高速道路に乗った。
車検から帰ってきてからなんか違和感があった。なんかハンドルが持っていかれる感じがする。それが高速道路走っているときにおかしいと思い藤野PAで様子を見てみた。大丈夫みたいだから買い物をして戻ってきたら右後輪のタイヤがペチャンコ・・・やはりパンクだった。。。orz
フリードにしてからスペアタイヤは入っていないからパンクは恐れていたのだがまさかっと、この時素直にロードサービスを頼めばよかったのだが。。。
パンクの応急処置キットが車載されているので早速応急処置をして高速道路は不安だから高速を降りる。深夜だし修理するところもやっていないしなんかケチがついたから帰ろうかと一旦大垂水峠を越えて高尾まで戻ってきたのだが、なんか悔しいから温泉だけでも入って帰りたい。できればお手軽な氷瀑にでも・・・っと諏訪までやってきた。早朝、GSでパンク修理を頼んだら「応急処置剤を入れたタイヤは接着剤が効かず従来の修理ができない」とのこと。なのでディーラーなりに持っていきタイヤ交換するか時速80劼魃曚┐覆ち行をするしかないって・・・知らなかった。。。orz
とりあえず冬タイヤを交換する時期まで高速道路乗らないようなところだけ行くことにしよう。。。ってか、二度と応急パンク修理剤なんて使わねーよ!

せっかく諏訪まで来たので温泉だけで帰るのももったいないのでお手軽に雪山歩きができスキーも出来るところってことで思いついたのが車山。先日米子大瀑布の林道歩きで使ったフリーベンチャーのソールがまた剥がれてしまい再度接着してちゃんと使えるのか試してみたかった(それがあったので当初は磐梯山のイエローフォールか御嶽山の長沢か乗鞍の三本滝を計画していたのだが)スキー場からリフトで山頂へ行っても滑ることできなかったらどうやって下山するのかってことになるとイヤだったのでいつものように車山肩から山頂に登って車山乗越辺りまで下れればいいかなっと準備していると次々とハイカーやカメラマンがやってくる。みなさん足元はなにも装着しないんだね。。。って、植生が見えているくらい雪が少なくコースも踏み固められてスパイクなしでも歩けるくらい。こんなところスキーで登っていくやつはいないだろう。。。それでも登って行く。山頂も全然雪が積もっていなくとりあえず雪をつないで歩く。
霧ヶ峰には何回か来てはいるのだが車山だけは晴天下に立ったことがない。それがこの日は雲一つない青空。眺めは今までで一番良い!
山頂に到着前に下山してきたスキーヤーとすれ違ってどういうコースで歩いてきたのか訊いてみた。少しの時間だけど色々話を聞けてよかった。やっぱ山スキーやってみたいわ。。。ってその前にちゃんと滑れるのか?この前は林道の下りだったのでそれほど急なところを下ったわけではない。とりあえず山頂駅まで降りてみる。車山乗越まで行くのには少しゲレンデを滑らないとならない。。。久々のゲレンデに緊張していざ滑ってみると・・・案外ちゃんと滑れるものだ。しかもショートスキーなんて今までゲレンデで使ったことがないのに普通に滑れるジャン!たったこれだけ滑るのもつまらんので下まで滑走してリフトで戻ってこようっと滑っていると楽しいのなんの!1本だけ滑って終わりじゃもったいないなぁ・・・っと思いもう1本だけ滑走しよう。山頂駅までリフト2回乗り継がないとならない。1回500円で4回分購入。。。もう1本滑ったらやはり1日券なり購入すればよかったっと後悔。。。(ちなみに4時間券ってのがあって購入した時間から4時間利用可。3400円也)
山頂に戻り車山乗越へ下り蝶々深山へ登って車山肩へと戻る
諏訪湖が凍っているのではないかと湖畔まで行ってみると水面が見えているところはあるけどほぼ全面結氷!そこから高ボッチ山へ行って夕景を見ようかと思ったら工事中で高ボッチ山まで行くことができなかった。。。

20年以上前を最後に久しぶりゲレンデを滑走してみてとても楽しかった。残りのシーズンは氷瀑巡り止めてスキーに行くかな。。。
訪問者数:340人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ