また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1393037 全員に公開 雪山ハイキング赤城・榛名・荒船

赤城山 ⛄地蔵岳スノーシュー

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
5:00自宅発、コンビニに寄り圏央道、関越を経由し「赤城山」インター下車。
赤城山ビジターセンター駐車場着8:10。関越道で断続的に渋滞し30〜40程度遅くなりました。途中の路面はほとんど乾燥していましたが日陰部分が一部凍結しています要注意です。ビジターセンター駐車場に止めたのですがトイレが冬季使用禁止だったため大洞駐車場に移動。ビジターセンター駐車場から数百メーター手前です。帰りは道の駅「赤城の恵」寄り、圏央道「伊勢崎インター」から東北道、圏央道経由で帰りました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.8〜1.9(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち44%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間7分
休憩
1時間12分
合計
4時間19分
S大洞駐車場08:4910:54地蔵岳11:4512:09八丁峠登山口12:36赤城公園ビジターセンター12:5713:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
地蔵岳へは第一ゲレンデ右サイドの森林帯を登っていきます。標識がありますが分かりづらく、森林の中に雪の窪みがあり登山道と分かる程度です。微かに一名分の新しい踏み跡がありました。傾斜がきついのでアイゼンを装着し登りました。雪は締まって固めです。登山靴の場合はキックステップでないと滑りそうです。
始めの登りで脹脛がパンパン状態になりました。視界が切れてピークかと思って登るとまだ先がある。ニセピーク状態が2度ほどありました。それぞれのピークでの景観が素晴らしく疲れを癒してくれます。この日は晴天、武尊山、至仏山、燧ケ岳、谷川岳、浅間山などが一望できます。最高です。斜面の反対側には黒檜山、駒ケ岳がデーンと構え、麓の大沼にはワカサギ釣りのカラフルなテントが見えます。最高のロケーション。一つ目ニセピークあたりから表面だけ固く踏み抜きやすくなってきます。ここからはスノーシュの登場です。ヒールリフターを使い楽に登ることが出来ました。山頂に近づくと岩が混ざってきます。スノーシューは要注意です。この日は風も弱かったので山頂でちょっと早い昼食。パスタを頂きました。下山は小沼方面に降りました。九十九折になっており傾斜もほどほどでしたが所々急斜面が現れます。雪は柔らかめでアイゼンでは歩きにくいと思います。小沼近くまで降りると分岐があります。小沼、長七郎山も見てみたかったのですが、今回はママのトイレ優先。大洞駐車場に下山することにしました。大洞駐車場方面の標識はあるのですが踏み跡がありません。GPSを頼りに進みます。しばらくすると踏み跡があり踏み跡に沿って下山します。しかし踏み跡通りに進むとビジターセンターに出てしまいました。最後にミスコース! しかしビジターセンター隣の売店が開いておりトイレが使えました。今回はママの久々の登山。晴れで景色も最高!景観を楽しみながらのんびり登りました。
その他周辺情報登山後は道の駅「赤城の恵」「あいのやまの湯」であせを流して帰りました。隣には産直販売もあり、コンニャク、野菜などを買って帰りました。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アルパイングローブ フット フィット ウールライナー サングラス ゴーグル インナーダウン ダウンパンツ 帽子 靴下 食料品 非常食 行動食 インスタントコーヒー ゴミ袋 ジェットボイル ライター 火打石 カートリッジホルダ バーナーシート アコーディオンコンテナ 携帯箸・カラトリ・ コーヒーカップ プラティパス ストック 6本爪アイゼン スノーシュー シャベル プローブ スノーソー スリング60mm×2 ロック付カラビナ ヘッドライト×2+予備バッテリ エアーサロンパス ツェルト バッテリ+ケーブル 携帯座布団 カメラ+予備バッテリ+メモリ GARMIN ピクトリノックス ホイッスル 温度計 ココヘリ サコッシュ iPhoneケース 地図 メガネ曇り止め 日焼け止め リップクリーム バンダナ ティッシュ ホッカイロ
共同装備 THERMOS ツェルト 常備薬 救急キッドA

写真

グレゴリーターギー32が壊れたので、さかいやにて40%OFFで購入したマムート・トリオンプロ35のデビュー。スノーシューとアイゼンを取り付けスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グレゴリーターギー32が壊れたので、さかいやにて40%OFFで購入したマムート・トリオンプロ35のデビュー。スノーシューとアイゼンを取り付けスタート。
大洞駐車場から県道を100m程度下った所に登山道があります。道標はありますが除雪した雪を乗り越えなければなりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大洞駐車場から県道を100m程度下った所に登山道があります。道標はありますが除雪した雪を乗り越えなければなりません。
森林帯の中を登っていきます。踏み跡は一名分。あまりメジャーではないのでしょうか?但し、窪み状になっているので登山道と判別できます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林帯の中を登っていきます。踏み跡は一名分。あまりメジャーではないのでしょうか?但し、窪み状になっているので登山道と判別できます。
締まった雪の急登なのでアイゼンを付けてスタートします。私は雪靴に12本爪アイゼン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
締まった雪の急登なのでアイゼンを付けてスタートします。私は雪靴に12本爪アイゼン。
ママはスノーシューズに6本爪軽アイゼン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ママはスノーシューズに6本爪軽アイゼン
まずは森林帯の登山道を直登します。見た目以上にきついです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは森林帯の登山道を直登します。見た目以上にきついです。
まだ登り始めですが脹脛がパンパンになってきています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ登り始めですが脹脛がパンパンになってきています。
ママも一生懸命登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ママも一生懸命登ります。
もうすぐピークだ頑張ろう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐピークだ頑張ろう!
と思ったらニセピーク!さらに先に尾根が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ったらニセピーク!さらに先に尾根が見えます。
しかし景気は綺麗です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし景気は綺麗です。
ママは羊羹でエネルギー補給。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ママは羊羹でエネルギー補給。
ここからスノーシューで進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからスノーシューで進みます。
ママとお揃いタブスのスノーシュー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ママとお揃いタブスのスノーシュー。
さあこの森林帯の尾根をスノーシューで登っていきます。踏み跡がはっきりせず、登山道らしきものはありません。木々の間をすり抜け登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあこの森林帯の尾根をスノーシューで登っていきます。踏み跡がはっきりせず、登山道らしきものはありません。木々の間をすり抜け登ります。
スノーシューのヒールリフターを使用して登ります。効果抜群、脹脛にやさしく楽に登れます。結構な傾斜です。所々深い踏み抜き後が見られます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシューのヒールリフターを使用して登ります。効果抜群、脹脛にやさしく楽に登れます。結構な傾斜です。所々深い踏み抜き後が見られます。
ピークまで登ると更に尾根が続いていました。ママはこころが折れてしまいそう! 
しかし周囲の絶景が癒してくれます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークまで登ると更に尾根が続いていました。ママはこころが折れてしまいそう! 
しかし周囲の絶景が癒してくれます。
西方向のロケーション。中央が武尊山。その右側が至仏山、少し離れて左には燧ケ岳が見えます。今日は空気も澄んでいて綺麗に見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西方向のロケーション。中央が武尊山。その右側が至仏山、少し離れて左には燧ケ岳が見えます。今日は空気も澄んでいて綺麗に見えます。
中央に谷川岳が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央に谷川岳が見えます。
東側のロケーションです。左側が駒ケ岳です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側のロケーションです。左側が駒ケ岳です。
一生懸命写真を撮る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一生懸命写真を撮る。
中央に浅間山がぽつんと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央に浅間山がぽつんと。
さあ地蔵岳山頂に向けてもうひと頑張り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ地蔵岳山頂に向けてもうひと頑張り。
今度は本当の山頂が見えてきました。岩の混ざった山頂の風景です。スノーシューで踏まないように注意して進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は本当の山頂が見えてきました。岩の混ざった山頂の風景です。スノーシューで踏まないように注意して進みます。
山頂からの黒檜山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの黒檜山。
東側に町が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側に町が見えます。
NHKの電波塔を中心に各社の電波塔があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NHKの電波塔を中心に各社の電波塔があります。
地蔵岳山頂到着です。お地蔵さんがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳山頂到着です。お地蔵さんがあります。
風もなく穏やかなので地蔵岳山頂で昼食を準備します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風もなく穏やかなので地蔵岳山頂で昼食を準備します。
昼食はウインナー入りパスタ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食はウインナー入りパスタ。
昼食も食べ下山開始です。小沼方面に下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食も食べ下山開始です。小沼方面に下山します。
広々としていて気持ちのいい登山道を降りていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広々としていて気持ちのいい登山道を降りていきます。
小沼方面の道標。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沼方面の道標。
登山道が狭い窪み状になってきました。スノーシューでは歩きづらいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道が狭い窪み状になってきました。スノーシューでは歩きづらいです。
スノーシューで降ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシューで降ります。
小沼が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沼が見えてきました。
九十九折りの登山道を下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九十九折りの登山道を下山します。
ここからは傾斜のきつい登山道を直線的に下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは傾斜のきつい登山道を直線的に下山します。
八丁峠駐車場の看板です。ここが分岐点になります。本来は小沼方面を回って下山する予定でしたが、ママのトイレを優先し大洞駐車場に直接下山することにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁峠駐車場の看板です。ここが分岐点になります。本来は小沼方面を回って下山する予定でしたが、ママのトイレを優先し大洞駐車場に直接下山することにしました。
踏み跡は右方向ですが、GPSで位置を確認しながら左方向に下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡は右方向ですが、GPSで位置を確認しながら左方向に下山します。
こんな登山道、誰とも会いません。踏み跡が見られます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな登山道、誰とも会いません。踏み跡が見られます。
この踏み跡を追って下山していたら途中から目的の方向がずれていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この踏み跡を追って下山していたら途中から目的の方向がずれていました。
ビジターセンターのゲレンデに出てしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビジターセンターのゲレンデに出てしまいました。
ビジターセンター隣の売店で休憩。トイレもありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビジターセンター隣の売店で休憩。トイレもありました。
ぜんざいにチョコレートを入れた飲み物です。美味しかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぜんざいにチョコレートを入れた飲み物です。美味しかったです。
ビジターセンターから県道を歩いて大洞駐車場に到着です。お疲れ様でした。この後道の駅「赤城の恵」あいのやまの湯で汗を流して帰りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビジターセンターから県道を歩いて大洞駐車場に到着です。お疲れ様でした。この後道の駅「赤城の恵」あいのやまの湯で汗を流して帰りました。

感想/記録

霧氷の付着した木々の景観を期待していたのですが、木には雪がありません。もう春の装いでしょうか? 雪も表面は締まっており、段々少なくなっていくのでしょうか?
雪の表面は固いのですが踏み抜くと股関節までずっぼりハマります。まだまだ雪深いです。ベースレイヤとミッドレイヤだけでも大汗をかきながら歩きました。手袋も雪山用でしたが暑くインナーだけで歩きました。とても暖かい一日でした。
久々ママのスノーシューハイキング。天気も良く景観も最高で良かったです。
訪問者数:171人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ