また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1394334 全員に公開 山滑走磐梯・吾妻・安達太良

西吾妻山(二十日平)

日程 2018年03月04日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
グランデコスキー場駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間7分
休憩
14分
合計
4時間21分
S第4クワッドリフト終点09:1010:43西大巓10:5013:22グランデコ・パノラマゴンドラ山麓駅13:2913:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
渡渉箇所が少し口をあけてました。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター マフラー ネックウォーマー バラクラバ 日よけ帽子 毛帽子 着替え ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 ガムテープ 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール

写真

スノーシューのトレースではっきりルート
2018年03月04日 09:34撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシューのトレースではっきりルート
偽ピーク
2018年03月04日 10:00撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
偽ピーク
偽ピーク(横から)
2018年03月04日 10:34撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
偽ピーク(横から)
西吾妻山
2018年03月04日 10:43撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西吾妻山
西大巓頂上にて
2018年03月04日 10:43撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西大巓頂上にて
渡渉点
2018年03月04日 13:09撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉点
うさぎさんと一緒に♪
2018年03月04日 13:24撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うさぎさんと一緒に♪
1

感想/記録

今回は、予定していた山行メンバーの体調不良などで行けるメンバーが減ってしまったので今季2回目となる二十日平を計画する。

最終リフトをおりると西大巓までは、ずっとスノーシューの跡がありスキーだととても歩きにくい。
雪質もザラメで何度かシールに雪がついてしまい落としながら登る。
スノーシューの登山者も多く抜いても次々に現れるので急ぐ山行ではないのでゆっくりと後をついていく事にする。
今日は、天候がよく振り返ると磐梯山と猪苗代湖が望め遠くの山まで望めいいロケーションであるが樹氷モンスターはほぼ全滅。
偽ピーク手前をいつもと同じルートで歩いてもつまらない為、偽ピーク西側にあるオープンバーン左側へ出るルートをとる。
K澤君には、前回と同じくGPSと地図を使い地図読み及び現地で地形を判断しての歩き方を覚えてもらう。
西大巓へ無事到着、天候も安定しており二十日平へルートを確認しコルへと降り立つ。
コルからは避難小屋、西吾妻(ピーク)は避け夏道を行くルートをとる事にした。
地図及びGPSにて位置を確認しおおよその目測を3個目まで作り順々に歩いてもらう。
西吾妻山南東尾根にてシールをはずしK澤君に降りるルート、目測を説明し二十日平へと向け滑り下りる。
雪質なのだがザラメ雪で重くスピードを出してしまうと思うようにターンができないぐらい滑りにくい雪である。
途中でどなたかのシュプールがでてくる。
二十日平の平地ではそのままシュプールを使い楽に滑らせてもらう。
今回二十日平が初となるK澤君に二十日平の滑ってはいけない場所など注意点を教え、おおよその目測を教えどんどんと高度を下げて行く。
渡渉をいつもと違い少し上にある箇所にて渡渉をする。
沢へおりるのはやはり急斜面なのだが登り返しは緩やかで樹林を少し滑り建物の脇を通りゲレンデへとでる。
少し早い時期に雪質が悪くなってきてしまったので2月にくればよかった思うがK澤くんにいろいろと教えられたので良しとしよう。

春の足音がもうすぐそこに来ているのを体感する1日となった。
訪問者数:487人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ