また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1395198 全員に公開 雪山ハイキング北陸

【空撮動画】野坂岳、野坂平と南尾根のブナ林を散策

日程 2018年03月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、山頂風強し
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道は積雪のため車入れず。黒河川対岸に広い駐車スペースがある。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間26分
休憩
35分
合計
9時間1分
Sスタート地点07:3208:11林道終点08:2112:37野坂岳12:5512:56避難小屋13:0013:01野坂岳13:0216:06林道終点16:0816:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
始終積雪あり。踏み跡なし。緩んでかんじきでもズボズボ。
その他周辺情報山ルート登山口の近くに舞鶴若狭自動車道敦賀南スマートICができた。遠方から楽に来れる。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ドローン 電動ビデオカメラ

写真

林道入り口を通り過ぎ、左の赤い橋を渡ると広い駐車スペースがある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道入り口を通り過ぎ、左の赤い橋を渡ると広い駐車スペースがある。
そこから見た野坂岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこから見た野坂岳
林道のゲートを開けて侵入
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道のゲートを開けて侵入
あと1週間ほどで車が入れそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと1週間ほどで車が入れそう。
小屋に到着。
帰りは左の尾根から下りてくる予定。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に到着。
帰りは左の尾根から下りてくる予定。
ここを渡渉。
昨日の暖かさで雪解けが進んで増水している。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを渡渉。
昨日の暖かさで雪解けが進んで増水している。
山ルートは関電の巡視路。
これでもかというぐらいピンクのリボンがある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ルートは関電の巡視路。
これでもかというぐらいピンクのリボンがある。
鉄塔は4つあり、これは一つ目
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔は4つあり、これは一つ目
目標はまだまだ高い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目標はまだまだ高い
2
敦賀市街が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
敦賀市街が見えてきた
ここを下りにすればよかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを下りにすればよかった。
南側の下る予定の尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側の下る予定の尾根
いちばん左
けっこう長い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いちばん左
けっこう長い
1つ目の鉄塔からずっと切り開き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1つ目の鉄塔からずっと切り開き
ブナが現れだした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナが現れだした
1
もうすぐ野坂〜三国の縦走路
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ野坂〜三国の縦走路
標識はまだ雪の下
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識はまだ雪の下
山頂まではここからさらに220m上がる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まではここからさらに220m上がる
野坂平の雪庇をズーム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野坂平の雪庇をズーム
1
ここを上がれば目的の野坂平
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを上がれば目的の野坂平
1
野坂平到着
景色を堪能してたら写真はこれしか撮ってなかった。空撮動画でご覧ください。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野坂平到着
景色を堪能してたら写真はこれしか撮ってなかった。空撮動画でご覧ください。
3
雪原終わって野坂岳への登り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪原終わって野坂岳への登り
1
野坂岳山頂の雪庇
知らずに歩いていったらドボン滑落しそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野坂岳山頂の雪庇
知らずに歩いていったらドボン滑落しそう
4
山頂到着。ヘロヘロ
小屋で食事
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着。ヘロヘロ
小屋で食事
2
山ルート下山口まで戻り、さらに南下。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ルート下山口まで戻り、さらに南下。
1
こんな風景が延々と三国山手前まで続いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな風景が延々と三国山手前まで続いている。
1
歩いたのはほんの一部。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いたのはほんの一部。
動画のほうがその良さが伝わります。ぜひどうぞ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
動画のほうがその良さが伝わります。ぜひどうぞ。
1
緩やかな長い尾根を下り、小屋の裏に到着。
あとは林道歩き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな長い尾根を下り、小屋の裏に到着。
あとは林道歩き
最後はショートカット
疲れました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はショートカット
疲れました
これより空撮動画を静止画に。
野坂平
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これより空撮動画を静止画に。
野坂平
1
芦谷山を越えて三国岳方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦谷山を越えて三国岳方面
1

感想/記録

 3年前に野坂岳で空撮したとき、上空から白い雪原が見えた。野坂平と言うらしい。そのときからそこへ行きたかった。前日にsasuke2さんが登り、FBに載せてくれた写真を見ると、野坂平に枝が出始めてきている。今週行かなければもう歩けなくなるかも。そう思ってここに決めた。
 野坂岳の東側に「山」という地名の集落があり、ここからのコースを「山ルート」と呼ぶ。なんともまぎらわしい名前だ。野坂岳の南には尾根を横断する送電線があり、その鉄塔の巡視路が登山道である。4つの鉄塔が1本の尾根にあり、その尾根は上から下まで切り開かれていて見晴らしがいい。野坂岳は有名だが、このルートを利用する人がほとんどいないのは残念である。そして野坂平は山頂からほんの少し下ったところだが、そこにもほとんど行く人がいないのももったいないことだ。ぜひ野坂岳に登ったらスノーシューで野坂平を散策してほしい。
 今回山ルートにした目的はもうひとつある。野坂岳から中央分水嶺の三国山まで縦走できるのだが、その中間に芦谷山という小ピークがある。この辺一帯は長大なブナ林で見ごたえがある。去年縦走した動画を青木先生に見せたところ行ってみたいとのことなので冬の映像を記録してお見せするためだ。しかし時間切れで芦谷山まで行けず断念。少しだけしか撮れなかった。暖かくて雪が緩んでかんじきでもズボズボ沈んで時間がかかったのが理由。このコンデションで野坂平と芦谷山の両方は無理があった。
 下山はhermit-crabさんの1年前のレコを参考に、山ルートより一本南の尾根を下りることにしていた。こちらは長くて緩やかで大股早足で歩くことができず、高速下山ができなかった。後の祭りだが、逆回りのほうがよかったようだ。まぁ、今後のロング縦走のいい筋トレにはなった。
野坂平の空撮はこちら

3年前の野坂岳の空撮はこちら

野坂岳南尾根散策はこちら

昨年5月の三国山〜野坂岳縦走はこちら

訪問者数:379人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/4/13
投稿数: 1535
2018/3/7 13:51
 野坂山地
先生にメールしておいたのですが、あんまりメールを見てくれないので、見るように念を押しておきます!
来年の山の観察会は、野坂山地を中心にする予定にしているので、とても助かります
ありがとうございました!
登録日: 2014/12/11
投稿数: 186
2018/3/7 14:24
 Re: 野坂山地
あ…仕事で毎日会ってるんだと思ってました。
嶺南変電所から庄部谷山〜芦谷山周回もいいようです。
ではよろしくです。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ