また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1396978 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

鶴見岳

日程 2018年03月06日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間5分
休憩
22分
合計
6時間27分
S御嶽権現社駐車場10:0310:09火男火売神社10:1411:31鶴見岳11:4712:13馬の背12:1413:08鞍ヶ戸16:30御嶽権現社駐車場16:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・鶴見岳山頂から歩いて鞍ヶ戸手前になかなかのガレ場あり。山と高原地図では通常ルートで示されておりロープありますが、足場脆く注意が必要です。手足だけだと難しいと思いますのでハイキング気分だとしんどいです。

・鞍ヶ戸〜船底経て東の林道へのルートですが3月上旬なのにダニが非常に多いです。5分歩いただけで5,6匹足に引っ付きます。落ち葉などに隠れていると思いますので、ちょくちょく足の裾をチェックしてください。またこのルートはテープがたくさんあるのでわかりやすいですが、船底より下の道は雑木林に同化している箇所が多かったのでテープをチェックしながら歩く必要があります。
その他周辺情報ひょうたん温泉(18時以降560円) http://www.hyotan-onsen.com/
※5年連続ミシュラン三ツ星とのことで期待していたが、外人や若いにーちゃんが1、2分くらいで出たり入ったり金魚の糞みたいに連れだってうろうろするので煩わしくて落ち着かない。観光バスも駐車できちゃうのでタイミングもあるかもしれません。お風呂はたくさんあるし、かけ流しで悪くないです。ただ別府にはたくさん温泉があるのでのんびりしたいならここでなくてもいいかもしれません。話のネタとしてはありかもですが。

亀正くるくる寿司 https://tabelog.com/oita/A4402/A440202/44000985/
※風呂が18時から割引になるので近くのこちらを利用し時間調整。混んでいる、外人多し。客が多く注文が滞っているせいか回っている寿司はほぼない。たまに1,2皿マグロの赤身が来るが、1回転すると消えるw。注文用紙に書いて店員に渡す方式。1枚の紙に5種記載できるのだが最初注文した食べたかった5種がすべて売り切れで悲しい。シャリの握り方が固い気がするがネタは大きめ鮮度もまあまあ。来るなら昼がいいだろう。

写真

当初予定していたくじゅうの牧ノ戸峠の駐車場にて。寒そう、天気悪いので少し足を延ばし鶴見岳に登ります。
2018年03月06日 08:35撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当初予定していたくじゅうの牧ノ戸峠の駐車場にて。寒そう、天気悪いので少し足を延ばし鶴見岳に登ります。
1
広々とした御岳権現社の駐車場一応トイレもあります
2018年03月06日 10:03撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広々とした御岳権現社の駐車場一応トイレもあります
これから登る鶴見岳
2018年03月06日 10:03撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登る鶴見岳
神社左わきに登り口
2018年03月06日 10:14撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社左わきに登り口
鶴見岳までの道は歩きやすいです。
2018年03月06日 11:08撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶴見岳までの道は歩きやすいです。
朝方はガスっていましたがいい天気になってきました。
2018年03月06日 11:25撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝方はガスっていましたがいい天気になってきました。
鶴見岳上部は公園のような感じになっています。
2018年03月06日 11:30撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶴見岳上部は公園のような感じになっています。
別府の街並みと海。素晴らしい眺望
2018年03月06日 11:41撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別府の街並みと海。素晴らしい眺望
左由布岳、右鞍ヶ戸
2018年03月06日 12:07撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左由布岳、右鞍ヶ戸
2
樹氷がきれいです
2018年03月06日 12:11撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹氷がきれいです
1
樹氷がいい感じきれいでした。でもガレ場が気になる。
2018年03月06日 12:16撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹氷がいい感じきれいでした。でもガレ場が気になる。
4
ガレ場脆い
2018年03月06日 12:33撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場脆い
ガレ場をやり過ごし鞍ヶ戸曲より振り返って鶴見岳
2018年03月06日 12:42撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場をやり過ごし鞍ヶ戸曲より振り返って鶴見岳
昼過ぎには樹氷が落ちて魚屋みたくなってきた。
2018年03月06日 12:57撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼過ぎには樹氷が落ちて魚屋みたくなってきた。
低木林の間を縫って歩く
2018年03月06日 13:02撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低木林の間を縫って歩く
船底方面より振り返って望む鞍ヶ戸
2018年03月06日 13:20撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船底方面より振り返って望む鞍ヶ戸
何書いてあるかわからない道標と別府市街
2018年03月06日 13:20撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何書いてあるかわからない道標と別府市街
この辺からダニが多くなってくるが、メインはこの下の樹林帯に入ってから
2018年03月06日 13:52撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺からダニが多くなってくるが、メインはこの下の樹林帯に入ってから
林道終点の堰堤
2018年03月06日 14:42撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点の堰堤
堰堤を作るためだけに舗装された道だろうか。ゲートがあるためここまで一般車両は入ってこれない
2018年03月06日 14:59撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤を作るためだけに舗装された道だろうか。ゲートがあるためここまで一般車両は入ってこれない
夜なら夜景がきれいだろうな
2018年03月06日 15:28撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜なら夜景がきれいだろうな
一旦下山しさらに駐車場までの登り返し。道は歩きやすい。
2018年03月06日 16:09撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦下山しさらに駐車場までの登り返し。道は歩きやすい。
移動中の別府市内。いたるところで湯気が出ていて温泉街っぽい雰囲気を醸し出しており情緒がある。あと坂が多い。自転車は大変そうな町。
2018年03月06日 17:22撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
移動中の別府市内。いたるところで湯気が出ていて温泉街っぽい雰囲気を醸し出しており情緒がある。あと坂が多い。自転車は大変そうな町。
本日の温泉。人が多くて落ち着かない。私には不向きなところでした。
2018年03月06日 18:02撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の温泉。人が多くて落ち着かない。私には不向きなところでした。

感想/記録

前泊は道の駅阿蘇。久住山に泊まりで登ろうと思っていたが登り口に朝到着するとガスっていてあまりいい天気ではなかったですし明日以降天気が崩れそうだったので気がのらず、変更して少し足を延ばすことにして、鶴見岳へ登ることにしました。

鶴見岳までの道は歩きやすく手を使うところもなく問題となる箇所はありません。途中猫を担いだ夫婦に会いました。四半世紀山をやってきましたが猫連れて山登る人は初めてです。猫はおとなしくザックの上に乗っかってしがみついている状態で、追い越した私をじーっと見つめてくれました。その姿はさながらかごに乗ったお大名のようでした。

朝早いうちは天気が悪かったですが、どんどん回復して今日はいい天気になりました。山頂到着し素晴らしい見晴らしが広がっており十分満足です。時間があったので来た道を戻るのではなく周回したいと思い鞍ヶ戸を経て船底から林道を降りてくるコースを歩くことにしましたが、ちょっとこれが大変でした。

先ほどまでの道とは一転あまり整備されていない状態です。低木の枯れ枝が化繊のロンTに何度も引っ掛かったり、足場の悪いガレ場をロープを頼りに何とかこなしたり、船底付近はぬかるんだ道で滑りまくったり、林道に出るまでダニだらけの道を歩き、定期的にダニ払いをしなくてはならず、最初のハイキング気分とは雰囲気の違う山歩きができました。サクッと登りたいなら鶴見岳までのピストンがおすすめです。

訪問者数:169人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ