また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1398502 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

10歳児と行く金剛山(↗石ブテ新尾根↘青崩道)

日程 2018年03月11日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水越トンネル手前、さわんど茶屋前の駐車場を利用(無料)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
六道の辻手前から新雪あり。圧雪や凍結も所々あって滑りやすいので注意必要。登りは使わなかったのですが、下りは転倒防止のため軽or簡易アイゼン装着。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 帽子 ザック 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) ヘッドランプ 筆記用具 保険証 携帯 時計 サングラス タオル
共同装備 山専ボトル ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット コンパス 昼ご飯 行動食

写真

水越峠公共トイレ裏からスタート。こちらは帰りに使った青崩道の入口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠公共トイレ裏からスタート。こちらは帰りに使った青崩道の入口。
2
今回の石ブテへは林道をさらに進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の石ブテへは林道をさらに進みます。
2
砂防ダムを通り越します。
2018年03月11日 07:02撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防ダムを通り越します。
砂防ダムのところに休憩所と説明の看板。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防ダムのところに休憩所と説明の看板。
3
狭くなり、岩がゴロゴロしてますが、まだ林道です。
林道にめげてるJun
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭くなり、岩がゴロゴロしてますが、まだ林道です。
林道にめげてるJun
沢を渡りますがまだまだ林道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡りますがまだまだ林道。
1
石ブテ尾根への道標。でも今回は石ブテ新尾根を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石ブテ尾根への道標。でも今回は石ブテ新尾根を目指します。
3
新尾根は右手へ。まだ林道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新尾根は右手へ。まだ林道です。
1
倒木がたくさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木がたくさん。
ようやく林道終点。沢を渡ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく林道終点。沢を渡ります。
3
楽しい道になってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しい道になってきました。
1
石ブテ西谷と新尾根がこちら・・という道標
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石ブテ西谷と新尾根がこちら・・という道標
1
分岐を左です。右へ行くとどこへ行くのかな??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐を左です。右へ行くとどこへ行くのかな??
しばし沢沿いを歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし沢沿いを歩きます。
1
よく覚えていないのですが、ここも分岐?右は石ブテ西谷?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく覚えていないのですが、ここも分岐?右は石ブテ西谷?
ここからはかなりの急登です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはかなりの急登です。
3
尾根へ出てからさらに登り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根へ出てからさらに登り
こんなところも。
2018年03月11日 07:54撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところも。
4
梯子の崩れているところもあるのでよけて脇をいきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子の崩れているところもあるのでよけて脇をいきます。
4
三角点?この辺りから、傾斜が緩やかになります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点?この辺りから、傾斜が緩やかになります。
3
47番尾根というのもあるのね・・・どんな感じなのでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
47番尾根というのもあるのね・・・どんな感じなのでしょうか?
1
47と書いてあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
47と書いてあります。
3
葉っぱが落ちているので街のほうまでよく見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉っぱが落ちているので街のほうまでよく見えています。
最近降ったっぽい雪が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近降ったっぽい雪が。
3
日当たりの良いところは雪なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日当たりの良いところは雪なし。
2
また雪が。
2018年03月11日 08:43撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また雪が。
2
中尾能の背との合流地点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中尾能の背との合流地点。
1
「中尾の背」キケン、と書いてあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「中尾の背」キケン、と書いてあります。
1
六道の辻に合流。
2018年03月11日 08:57撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六道の辻に合流。
4
この辺りから踏み跡も多く、圧雪状態。滑らないように慎重に歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから踏み跡も多く、圧雪状態。滑らないように慎重に歩きます。
大日岳。日当たりが良くて雪は解けています。
2018年03月11日 09:14撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳。日当たりが良くて雪は解けています。
3
到着!0度。ランチタイム後、出発の11時半頃は2度でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着!0度。ランチタイム後、出発の11時半頃は2度でした。
1
かまくらはこんな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かまくらはこんな感じ。
3
山頂からの眺めは霞んでいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの眺めは霞んでいます。
2
ノンアルビールで乾杯しつつ、山鍋準備。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノンアルビールで乾杯しつつ、山鍋準備。
4
今日はうどん入り豚野菜鍋。あったまりますねー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はうどん入り豚野菜鍋。あったまりますねー。
5
デザートはレトルトの栗ぜんざい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デザートはレトルトの栗ぜんざい
3
私たちの後に来られたグループの方たちの炭火焼肉がおいしそうだったので思わず写真を撮らせていただきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私たちの後に来られたグループの方たちの炭火焼肉がおいしそうだったので思わず写真を撮らせていただきました。
3
お腹もいっぱい、たっぷり1時間半休憩して、下山。
2018年03月11日 11:24撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お腹もいっぱい、たっぷり1時間半休憩して、下山。
右は登ってきた石ブテ新尾根。帰りは左の青崩へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右は登ってきた石ブテ新尾根。帰りは左の青崩へ。
3
帰りは転倒防止に軽、簡易アイゼンをつけました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは転倒防止に軽、簡易アイゼンをつけました。
1
あっちへ行くとどんな感じだろう?と思いつつスルー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちへ行くとどんな感じだろう?と思いつつスルー。
1
水分道との分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水分道との分岐。
1
男性陣はさっさと行ってしまいますが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男性陣はさっさと行ってしまいますが・・・
2
この木が気になって。花が咲くのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木が気になって。花が咲くのかな?
赤い実がなっています。何の木?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い実がなっています。何の木?
1
Jun この日、5回目のスタンプで赤バッジをもらいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Jun この日、5回目のスタンプで赤バッジをもらいました。
6

感想/記録

初めてのルート、沢沿いの林道を終えて、尾根に取り付いてからの登りは急登でした。絶妙なルートが出来上がっており、この道を開拓した先人に敬意を感じます。そして、その急登を終え緩やかになってからも山頂まではしばらくあります。暑い季節などはとくにペース配分を間違えるとバテそうだと感じました。
金剛山は最近、お世話になっていますが、たくさんのルートがあるので、懐の深さを感じます。

感想/記録
by Naojun

ほぼ毎週山に行っていてもやっぱり夏に比べると体力が落ちているので、今回はしっかり歩ける奈良県側からのルート。
歩きごたえのありそうな石ブテ新尾根に挑戦。
沢沿いから尾根までの急登が終わってかららもアップダウンを繰り返し、歩きごたえたっぷりでした。
ランチタイムは今回も外でのんびり。金剛山の楽しみの半分はこれかも(^^♪

ヤマレコで拝見していたakipapaさんに初にお会いでき、色々お話もできて楽しいランチタイムでした。

さて次はどこのコースを行こうかな?

<Junの感想>
大変だったけど、七種槍よりは楽でした。
バッジがもらえて嬉しかったです。
訪問者数:283人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/4/21
投稿数: 2244
2018/3/13 21:13
 こんばんは!
山頂ではお声かけありがとうございました。
おかげ様で楽しいひと時を過ごせました。
我が家のあきにはとても無理そうな早朝からの登山
お疲れ様でした。石ブテ尾根の途中47番石柱のところは
通称石ブテ47番ルート、旧石ブテ尾根道です。
通られた分岐点から細尾根のあとは激下りが待っています。
ダムができる前は今回行かれた石ブテ尾根側から登り口があったそうですが
今は対岸の石ブテ東谷側から取りつきがあります。今回の新尾根よりもさらに
急な登りになります。ぜひ挑戦してみて下さい。
登録日: 2016/11/6
投稿数: 248
2018/3/14 22:03
 Re: こんばんは!
こちらこそありがとうございました。
我が家、朝早く、が定番で息子も遠出の時は3時や4時起き、にも渋々ながらついてきてくれます。
石ブテ47番、ですね。
あまり暑くならないうちに挑戦してみたいです。
色々なコース、ご存じですよね。
また教えていただけるのを楽しみにしています。
登録日: 2015/4/15
投稿数: 214
2018/3/18 16:30
 赤バッジ
もう赤バッジまでいったんですね。
最近、ハイペースで金剛山に通われているんですね。
しかもいろんなコースで。
うちは、いつも似たようなコースばかりで、もう少しバリエーションのあるコースも登ってみたいんですけどね。
次に金剛山へ行くのは、雪が完全に解けた頃にしようかなあと、思っています。
登録日: 2016/11/6
投稿数: 248
2018/3/18 20:44
 Re: 赤バッジ
コメントありがとうございます。
近いし、コースのバリエーションはあるし、山頂は山ごはんに最適だし、ですっかりはまっています。
実は今日も山デビューのお友達家族と一緒に行ってきたのですが、雪はすっかり解けていました。
下の子が小さいと危ないコースは躊躇してしまいますよね。
奈良県側からの長いけど安全なコースはよさそうです。
先日も青崩を4歳の子が登っていました。
うちはそろそろモミジ谷に挑戦しようか・・と。
うちもほかの方のレコを参考にさせていただいているので、逆に子連れのみなさまの参考になれば、と色々なコースを行くときに「子供にとってはどうかな?」という目線でレコを書いていきたいな、と思っています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ