また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1400587 全員に公開 雪山ハイキング大雪山

ウペペサンケ山

日程 2018年03月11日(日) [日帰り]
メンバー
 hia
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
幌加ダムより少し奥に駐車
親切な工事関係者の方に駐車スペースを指示していただいた
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間8分
休憩
20分
合計
12時間28分
Sスタート地点03:1911:14ウペペサンケ山11:3415:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1261までの雪の張り付き具合が悪くズルズル滑る。
頂上に近くにつれ固くなるがバリズボ。これは雨の影響なのか。
稜線上は快適なアイゼン歩行でした。
その他周辺情報温泉:湯元館、鹿の湯
晩ご飯:インデアン、音更の豚丼
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

10日初日、道の調査日
渡渉は雪の積もった倒木を使用、ここしかなかった
2018年03月10日 09:42撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10日初日、道の調査日
渡渉は雪の積もった倒木を使用、ここしかなかった
1
11日二日目、昨日のトレースまで飛ばして歩く
朝は雲海が綺麗だった
2018年03月11日 06:53撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11日二日目、昨日のトレースまで飛ばして歩く
朝は雲海が綺麗だった
5
1520からウペペ方面
遠くからよく見ていた陰影は、近くから見ても綺麗だった
2018年03月11日 08:40撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1520からウペペ方面
遠くからよく見ていた陰影は、近くから見ても綺麗だった
8
二ぺ方面
この角度の二ぺも良いですな〜
2018年03月11日 13:06撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ぺ方面
この角度の二ぺも良いですな〜
5
ズボリながら山頂へ
2018年03月11日 09:13撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズボリながら山頂へ
3
山頂直下はさすがに固い
そして怖い
2018年03月11日 10:44撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下はさすがに固い
そして怖い
3
稜線へ乗る
天気良く風なく素晴らしい条件
2018年03月11日 10:51撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線へ乗る
天気良く風なく素晴らしい条件
6
糠平富士と糠平湖
2018年03月11日 10:58撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
糠平富士と糠平湖
6
石狩岳など
2018年03月11日 11:00撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石狩岳など
3
本峰方面
残すは楽しい稜線歩き
2018年03月11日 10:51撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本峰方面
残すは楽しい稜線歩き
8
山頂、辛かった分達成感もひとしお
下山も気を抜かずご安全に
2018年03月11日 11:25撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂、辛かった分達成感もひとしお
下山も気を抜かずご安全に
9
最後の林道歩き
既に3回歩行し作成したトレースは歩きやすすぎる
皆様お疲れ様でした
2018年03月11日 15:30撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の林道歩き
既に3回歩行し作成したトレースは歩きやすすぎる
皆様お疲れ様でした
1
撮影機材:

感想/記録
by det95m

2016年12月に一度敗退しているコースであり、リベンジ登山だった。
前回は尾根取り付きから1261までにえらく時間を使ってしまい撤退した。急斜面のせいか高密度の木々のせいか雪の張り付きが悪く、ズルズル滑り笹を掘り起こしながらの歩行で、時間が足りなくなってしまった。
このコースはもう行かないと思っていたが、「ズルズル滑ったのはきっと雪が足りなかったせいだ」と予想し今回再チャレンジ。

2018/3/10
金曜夜の便で新千歳空港へ。後輩の迎えからそのまま登山口へ移動した。即行歩行開始!の予定が、仮眠を取りすぎて既に夜明け、この日の登頂をほぼ諦め調査日とする。
幌加ダム近くでは工事が行われており、関係者の方々に駐車スペースを指示してもらった。わざわざトラックをよけていただいたり、応援していただいたりで親切な方々だった。ありがとうございました。

出発が遅れても雪が良ければ登頂できるか?と思い歩き始めたが、林道のラッセルがキツい、さらに雪が多ければ大丈夫と思っていた尾根も相変わらずズルズル滑り、この日の登頂を完全に諦め翌日にかける。この日はトレース作りに専念し、960まで歩いた。
下山後は湯本館で汗を流し、インデアンのベーシックカツでエネルギー補給した。湯本館は改装を終えとてもきれいな内装となっていた。インデアンは安定の美味しさで、メンバーの一人は懐かしさのあまり泣きながら食べていた。帯広のビジホに入り18時過ぎ早々に就寝。

2018/3/11
0時過ぎホテルからチェックアウト、安いし広いしきれいで良いホテルだった。
3時過ぎに歩行開始。昨日のトレースのお陰で林道を早々と通り過ぎ、960までたどり着く。ここまで2時間、昨日は5時間ほどかかった。
960から先は苦戦を強いられると考えていたが、ズルズル斜面が少なくなり、案外早く1261へ着いた。そこから先もバリズボではあるものの、雪が滑って地面が見えるなどということはなく快適に進んだ。そして1520付近では森林限界を迎え、ウペペの稜線が露となった。捉えたぞという気持ちになった。ここからはウペペ稜線やニペ、石狩岳、トムラ、十勝連邦が見えすばらしい景色だった。雪は相変わらずバリズボだったが、表面は固く、コケたら埋まらず滑って行きそうな斜面であったためアイゼン装着。ここからの道は氷化していたり、岩が露出していたり、埋まったりで稜線まで難儀した。
稜線に出てからは快適な歩行だった。山頂では思わず叫ぶ。西峰に行くことも考えたが、下山が遅くなるのと謎の満足感でやめておいた。また来たときに立ち寄りたい。
下山は尻ボーを駆使して高速下山。固くてとても痛かった。下山後は鹿の湯と豚丼で体を養い、また同じホテルにお世話になった。

2018/3/12
予備日として取っておいた日は観光に費やした。開店同時にインデアン行ったり、気になっていた芽登温泉へ行ったり、開通した日勝峠をドライブしたりとゆっくり観光した。北海道まじ楽しい。


-----
初日、二日目は天気良く風なく、こんな日に登山旅行が被るなんてなんとも運が良かった。予定を立てたり車とってくれたりしたメンバーに感謝。また北海道遠征行きましょう。
今回は予定が合わず参加できなかった友人とも今後是非行きたい。よろしくお願いします。
訪問者数:619人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ