また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1402435 全員に公開 雪山ハイキング東海

滝波山・・R158の通行止めで急遽;(島口林道から)

日程 2018年03月15日(木) [日帰り]
メンバー
 sht
天候晴れのち曇り
スタート時7℃!?〜山頂10℃〜下山時15℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
関市板取島口から北へ進み、給水施設からさらに400m程進んだ島口林道・清谷林道の三叉路に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間8分
休憩
51分
合計
6時間59分
Sスタート地点05:2406:12林道ショートカット開始地点06:1508:19主稜線出合09:13滝波山10:0111:11林道出合12:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
気温から想像される通り、林道の歩き始めから雪が緩んでいました・・ズボズボ・ズリズリで、スノーシューがハマって抜けなくなる所もあり、中々大変な1日でした

雪量が十分なら給水施設付近から直接主尾根に取付けるようですが、本日は雪解けが進んでいてムリでした

主稜線出合近くの標高1200m付近からは、スノーシューは必須なものの普通に歩けるようになりました

登りでは林道途中からショートカットをしましたが、雪があれば踏み抜くは、無ければ急坂の荒れた植林帯で、余り効果的ではありませんでした・・本日のコンディションだと、一歩一歩沈み込むものの素直に林道のトレースを使った方が良かったようです(下山はもちろん林道経由で)

自力ナビは必須ですが、特に迷いやすい所や危険な所はありませんでした
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

歩き始めて15分程で空が白んできました・・主稜線へ直接取付くルートは、雪解けが進んでいて無理でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めて15分程で空が白んできました・・主稜線へ直接取付くルートは、雪解けが進んでいて無理でした
1
林道にトレースはありますがズボズボです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道にトレースはありますがズボズボです
2
ヘッデン不要な明るさになってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘッデン不要な明るさになってきました
1
林道のショートカットをし始めて、ちょっと後悔しつつ振り返っているところ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道のショートカットをし始めて、ちょっと後悔しつつ振り返っているところ
1
上には雪もあるので何とか進めますが、ズボズボ。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上には雪もあるので何とか進めますが、ズボズボ。。
1
杉林がモルゲンロートに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林がモルゲンロートに
2
そろそろ雪が締まりそうですが〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ雪が締まりそうですが〜
2
雪が繋がるのが確認できて〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が繋がるのが確認できて〜
2
ここでスノーシューを装着・・主稜線が近づくと普通に歩けるように
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでスノーシューを装着・・主稜線が近づくと普通に歩けるように
2
いい感じなのは〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じなのは〜
2
腰までハマってスノーシューを抜くのに数分もがいた所
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腰までハマってスノーシューを抜くのに数分もがいた所
3
でも振り返るといい眺め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも振り返るといい眺め
1
主稜線の奥に奥美濃西部の山々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線の奥に奥美濃西部の山々
1
傾斜が緩んできてもう普通に歩けます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜が緩んできてもう普通に歩けます
1
杉植林帯からいい感じのブナ林になり〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉植林帯からいい感じのブナ林になり〜
1
いよいよ山頂が見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ山頂が見えてきました
1
振り返ると奥美濃アルプス!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると奥美濃アルプス!
1
ドウの天井のよう・・登行意欲が湧く山容
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドウの天井のよう・・登行意欲が湧く山容
2
東へ去った高気圧のヘリから湿った空気が入り始めているのか、やや霞む荒島岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東へ去った高気圧のヘリから湿った空気が入り始めているのか、やや霞む荒島岳
1
この辺りのヤブ化は時間の問題
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りのヤブ化は時間の問題
2
いよいよ山頂をロックオン!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ山頂をロックオン!
3
山頂へのビクトリーロードから〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へのビクトリーロードから〜
2
山頂から東南方面・・高賀三山でさえ霞んで残念
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から東南方面・・高賀三山でさえ霞んで残念
1
美濃平家岳と平家岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃平家岳と平家岳
1
山頂付近からの白山はこの程度ですが〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近からの白山はこの程度ですが〜
1
その先を進むと展望地あり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先を進むと展望地あり
2
こちらも霞むのが残念ですが、見られただけでも満足
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも霞むのが残念ですが、見られただけでも満足
1
ズームすると御前ヶ峰と別山がちょうど重なっています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズームすると御前ヶ峰と別山がちょうど重なっています
2
野伏ヶ岳〜薙刀山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野伏ヶ岳〜薙刀山
2
写真左のウッスラが赤兎山のよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真左のウッスラが赤兎山のよう
2
セルフタイマーで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セルフタイマーで
4
下山にかかります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山にかかります
2
帰ってから確認すると、笹畑山〜舟伏山〜妙法ヶ岳のよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰ってから確認すると、笹畑山〜舟伏山〜妙法ヶ岳のよう
1
ドウの天井の右は高屋山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドウの天井の右は高屋山
1
滝波山に登る意欲が湧いた蕪山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝波山に登る意欲が湧いた蕪山
1
下山は林道メインのコースへ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は林道メインのコースへ
2
ここでスノーシューをアイゼンにチェンジ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでスノーシューをアイゼンにチェンジ
1
急坂だからではなく、スノーシューだとハマって抜けない踏み抜き多数だったので、アイゼンにチェンジして正解
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂だからではなく、スノーシューだとハマって抜けない踏み抜き多数だったので、アイゼンにチェンジして正解
1
そのポイントにはこのピンテあり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのポイントにはこのピンテあり
1
林道の難点は雪が緩んだ落石の危険
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の難点は雪が緩んだ落石の危険
1
まさにこの石がカラカラ・ゴロゴロ落ちてきました・・写真なんか撮っている場合じゃないよ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさにこの石がカラカラ・ゴロゴロ落ちてきました・・写真なんか撮っている場合じゃないよ!
1
この給水施設付近から主尾根に取付くつもりでしたが、雪解けが進んでいて本日は林道経由で山頂へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この給水施設付近から主尾根に取付くつもりでしたが、雪解けが進んでいて本日は林道経由で山頂へ
1
板取の清流蕎麦で遅いランチをして帰宅
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板取の清流蕎麦で遅いランチをして帰宅
2
コシのある蕎麦と自家製野菜の漬物は中々イケました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コシのある蕎麦と自家製野菜の漬物は中々イケました
3

感想/記録
by sht

滝波山は、以前近くの蕪山に登った際に山頂から見た立派な山容が印象的で、いつか登ってみたいと思っていた山です。関市の最高峰でもあるようです。

とは言え、今回は滝波山を目指して家を出た訳ではなく、実は福井の銀杏峰〜部子山を登るつもりでした。

深夜、ぎふ大和ICを過ぎた辺りで突然ナビが白川郷を経由する大迂回を指示。「何か起きたな〜」と思いつつ白鳥ICから下りると、「R158は雪崩のため夜間通行止め」の電光表示。

「ここでそれは無いでしょう〜😡」でしたが、前々から山行情報の収集をしていた滝波山へと目標を出先で変更。時期的にも滝波山はスノトレ好適期と思われました。

ところが、ここ数日の初夏のような陽気が続いたせいで雪は緩み、先の日曜日の鷲ヶ岳とはまるで違うコンディション。低山雪山の短期間での豹変ぶりを肌で感じました。

それでも下り坂の天気の中で何とか好天に間に合った感じで、霞みながらも奥美濃〜白山の眺めを満喫。緩んだ雪のおかげで、距離標高差以上に脚にズッシリ来た山行となり、いいトレーニングになった感じです。

訪問者数:326人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ