また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1403996 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走霊仙・伊吹・藤原

伊吹山

日程 2018年03月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
近江長岡駅から伊吹登山口までバス。本数少なめ。歩くと5km。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間35分
休憩
15分
合計
2時間50分
S伊吹登山口09:0010:40日本武尊像(伊吹山)10:5511:50伊吹登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
頂上付近までは雪融けのためぬかるんで滑りやすい。爪はなくても大丈夫。
その他周辺情報名古屋に移動し、喜多の湯。コスパ◎。登山口から歩いて行ける距離に日帰り入浴施設有。ただ営業開始時間が遅め。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖インナー インサレーション(ダウン) ズボン 靴下 グローブ バラクラバ 毛帽子 キャップ ザック アイゼン 行動食 飲料 地図 コンパス ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

撮影機材:

感想/記録

西吾妻山の標柱がまだ埋もれているようだったので、急遽日帰りで行ける伊吹山を計画。天候にも恵まれ、頂上では北アルプス方面を始め近畿地方の山々(たぶん)、琵琶湖が一望。頂上はまだ雪が残るも爪はいらないサクサク具合。

ルートは明確だが、上の方だとショートカットの踏み跡があり、油断してるとあらぬ方向へ。日が昇るとぬかるみ加減が割とひどいのでズボンが汚れるのを嫌う人はゲイター装着が無難。

駅までのバスに間に合わせるためダッシュしたものの5分遅し。頂上での撮影がロスとなった。次まで2時間以上空くのでやむを得ず歩いて駅まで。

途中何度も振り返り伊吹山を見上げる。この町の象徴的な存在感で、さすがヤマトタケルだなと。Googleさんにより導かれた道は田園風景を横切り、水路脇の桜並木の下を潜りと、案外悪くはなかった。もう少し暖かくなって花が咲くともっと気持ちいいはず。

その後、名古屋まで移動し、atelierbluebottleとmikikurotaによる△展へ。会場は程よいサイズ感。諸事情により展示会とは関係ない話もしたが、欲しかったヤッケとフルーツサックをゲットできて満足。何より山の話をできるのが心地よい。(汚い格好で申し訳ありませんでした。。)
会場を後にし、事前に調べておいた喜多の湯でさっぱり。コスパは◎。味噌カツ食って帰路につく。
訪問者数:182人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ