また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1407281 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走霧島・開聞岳

【遠征】開聞岳(洋上の円錐から見る絶景)

日程 2018年03月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 飛行機
ANA 名古屋(中部)(08:00) - 鹿児島(09:30) 株主優待割引(半額)で、19,460円。
鹿児島空港からはレンタカーで、谷山IC下車、池田湖を経て、かいもん山麓ふれあい公園へ。駐車場には多数駐められる。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間50分
休憩
52分
合計
4時間42分
Sかいもん山麓ふれあい公園13:0013:13二合目13:51五合目14:52九合目14:5315:07開聞岳15:5816:52五合目17:24二合目17:42かいもん山麓ふれあい公園G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2018-03-17 12:54:51
合計時間: 4時間49分
平面距離: 7.94km
沿面距離: 9.42km
最高点の標高: 926m
最低点の標高: 105m
累積標高 (上り): 1554m
累積標高 (下り): 1560m
標高データの種類: GPS標高
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは、駐車場の近くの管理棟で出せる。
登山道に危険箇所なし。岩や木を掴むことが多いので、グローブは必須。
その他周辺情報登山後は、ちょっと足を延ばして、指宿温泉へ。有名な砂蒸し風呂に入った。21時まで営業している「砂楽」は、砂風呂とその後の普通のお風呂(露天なし)で、1080円/人。数年前にもここで砂風呂に入ったが、今回は砂の熱さが背中からジリジリ来て、それほど気持ち良いとは思わなかった。ただ、その後のお湯のお風呂は、適度な熱さですごく気持ち良かった。少し海水が混じっている感じ。他ではあまり体験できない砂風呂と、この気持ち良いお風呂なら、コスパ良し。

夜は、南九州市知覧町のホテル末広温泉に泊まった。楽天トラベルで予約できる宿がここしかなかったからだが、指宿観光協会に電話して、指宿で探せば良かった…。ただ、温泉は、ここも丁度良い熱さで、気持ち良かった。鹿児島の温泉は、総じて熱すぎず、自分にはとても嬉しかった。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ
備考 今回、初の飛行機利用での山行旅行。中部国際空港で、「リュックに着火マンが入っているみたいなんで、出して下さい。」と言われ、そうだったと気付いた。没収されてしまったので、また買わなきゃ。

写真

中部国際空港にて。今回は、初の飛行機での山旅!
2018年03月17日 07:48撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中部国際空港にて。今回は、初の飛行機での山旅!
霧島連山の山塊が見えてきた。当初の予定では、あそこに登る予定だったが、新燃岳の噴火で断念
2018年03月17日 09:07撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧島連山の山塊が見えてきた。当初の予定では、あそこに登る予定だったが、新燃岳の噴火で断念
奥が韓国岳、手前が高千穂峰
2018年03月17日 09:09撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥が韓国岳、手前が高千穂峰
1
左(北)から、韓国岳、獅子戸岳、新燃岳、高千穂峰。新燃岳は噴火していない
2018年03月17日 09:12撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左(北)から、韓国岳、獅子戸岳、新燃岳、高千穂峰。新燃岳は噴火していない
1
鹿児島空港に到着。今年は、明治維新から150年なんだね
2018年03月17日 09:33撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿児島空港に到着。今年は、明治維新から150年なんだね
1
今回の相棒
2018年03月17日 10:07撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の相棒
錦江湾沿いに走る。海の青が綺麗
2018年03月17日 11:39撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
錦江湾沿いに走る。海の青が綺麗
1
喜入のリュウキュウコウガイ産地。マングローブの一種で、別名メヒルギ。琉球のかんざしに似ていることから、命名されたらしい。喜入は、生育の北限とのこと
2018年03月17日 11:48撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
喜入のリュウキュウコウガイ産地。マングローブの一種で、別名メヒルギ。琉球のかんざしに似ていることから、命名されたらしい。喜入は、生育の北限とのこと
池田湖に到着
2018年03月17日 12:07撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池田湖に到着
1
イッシーw
2018年03月17日 12:10撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イッシーw
1
池田湖越しの開聞岳
2018年03月17日 12:19撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池田湖越しの開聞岳
2
デイジーの花畑越しの開聞岳
2018年03月17日 12:25撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デイジーの花畑越しの開聞岳
1
ビオラの花畑越しの
2018年03月17日 12:26撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビオラの花畑越しの
だいぶ近くまで来ました
2018年03月17日 12:33撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ近くまで来ました
ふれあい公園の駐車場から登山開始
2018年03月17日 12:54撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふれあい公園の駐車場から登山開始
ふれあい公園は、のどかでした〜
2018年03月17日 13:01撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふれあい公園は、のどかでした〜
1
桜と開聞岳
2018年03月17日 13:03撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜と開聞岳
1
レッドロビン
2018年03月17日 13:05撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レッドロビン
2合目。登山道スタート
2018年03月17日 13:09撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2合目。登山道スタート
植生が、南国です。普段登っているところと、全く違った
2018年03月17日 13:09撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植生が、南国です。普段登っているところと、全く違った
深い森を歩いている感じで、いいですね〜♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い森を歩いている感じで、いいですね〜♪
太古の森って感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太古の森って感じ
1
5合目に到着
2018年03月17日 13:45撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目に到着
展望台からの眺め。右手の半島が、長崎鼻
2018年03月17日 13:46撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの眺め。右手の半島が、長崎鼻
1
火山の噴石であることがよく分かる
2018年03月17日 13:54撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火山の噴石であることがよく分かる
血のような赤色
2018年03月17日 13:55撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
血のような赤色
6合目辺り。岩が大きくなってきた
2018年03月17日 14:00撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目辺り。岩が大きくなってきた
水平に生えてますね
2018年03月17日 14:06撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水平に生えてますね
長崎鼻。奥は佐多岬
2018年03月17日 14:23撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長崎鼻。奥は佐多岬
1
7.1合目からは、有名な島が多く見れます
2018年03月17日 14:24撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7.1合目からは、有名な島が多く見れます
見え辛いですが、屋久島!
2018年03月17日 14:27撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見え辛いですが、屋久島!
1
岩が巨大化
2018年03月17日 14:30撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩が巨大化
ショウジョウバカマの小さいやつ
2018年03月17日 14:40撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマの小さいやつ
綺麗な円弧。長崎鼻とは逆側(北西側)つまり枕崎側
2018年03月17日 14:55撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な円弧。長崎鼻とは逆側(北西側)つまり枕崎側
1
晴れているので、蒼が清々しい!
2018年03月17日 14:57撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れているので、蒼が清々しい!
1
最後の登りで、梯子
2018年03月17日 14:59撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登りで、梯子
開聞岳に登頂。924m。百名山で2番目に低い山
2018年03月17日 15:10撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開聞岳に登頂。924m。百名山で2番目に低い山
1
山頂からの眺望。長崎鼻方向
2018年03月17日 15:14撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。長崎鼻方向
1
二等三角点
2018年03月17日 15:25撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二等三角点
開聞岳は、ここにあります。今更ですがw
2018年03月17日 15:31撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開聞岳は、ここにあります。今更ですがw
さっき通った池田湖
2018年03月17日 15:38撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっき通った池田湖
桜島。3日目に登る予定
2018年03月17日 15:44撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜島。3日目に登る予定
「ヒメショウジョウバカマ」と勝手に名付けていた。帰宅後に調べたら、「ツクシショウジョウバカマ」(筑紫猩々袴)だった。九州地方に限り生育するらしい。これを知った時、ヤバい、楽しいっ!と思ってしまったので、これは飛行機山行旅行、ハマりますね…w
2018年03月17日 15:49撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ヒメショウジョウバカマ」と勝手に名付けていた。帰宅後に調べたら、「ツクシショウジョウバカマ」(筑紫猩々袴)だった。九州地方に限り生育するらしい。これを知った時、ヤバい、楽しいっ!と思ってしまったので、これは飛行機山行旅行、ハマりますね…w
枚開(ひらきき)神社奥宮御嶽神社。枚開神社は、開聞岳そのものがご神体
2018年03月17日 15:51撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枚開(ひらきき)神社奥宮御嶽神社。枚開神社は、開聞岳そのものがご神体
ホント清楚で可愛かった
2018年03月17日 16:18撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホント清楚で可愛かった
シキミ?
2018年03月17日 17:14撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シキミ?
無事下山。
しばらく桜をお楽しみください
2018年03月17日 17:28撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山。
しばらく桜をお楽しみください
1
夕刻の桜は、白さが際立って、美しい
2018年03月17日 17:30撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕刻の桜は、白さが際立って、美しい
この咲き始めの時期の桜は、本当にたまらない
2018年03月17日 17:33撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この咲き始めの時期の桜は、本当にたまらない
もこもこしたかたまりが可愛い
2018年03月17日 17:36撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もこもこしたかたまりが可愛い
ふれあい広場の駐車場から
2018年03月17日 17:49撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふれあい広場の駐車場から
885年の噴火以前は、現在の7合目辺りがカルデラの頂だったらしい。この時の噴火により溶岩ドームが形成されて現在の姿になったそうな。だから、よく見ると、7合目辺りで二段になっている
2018年03月17日 18:09撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
885年の噴火以前は、現在の7合目辺りがカルデラの頂だったらしい。この時の噴火により溶岩ドームが形成されて現在の姿になったそうな。だから、よく見ると、7合目辺りで二段になっている
1
夕日と開聞岳。長崎鼻から
2018年03月17日 18:22撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕日と開聞岳。長崎鼻から
1
真ん丸の太陽が沈む
2018年03月17日 18:23撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん丸の太陽が沈む
1
ひしゃげて…
2018年03月17日 18:25撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひしゃげて…
1
おしまい
2018年03月17日 18:30撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おしまい
指宿温泉「砂楽」。とても良いお湯でした。1日目、無事終了
2018年03月17日 20:18撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
指宿温泉「砂楽」。とても良いお湯でした。1日目、無事終了
撮影機材:

感想/記録

初の飛行機を利用した山行旅行。雪のない山として、九州の霧島連山(韓国岳・高千穂峰)を選んだ。3月1日の新燃岳の噴火により、両山の登山道も規制区域に入ったため、断念せざるを得なかった。そこから、改めて検討し、鹿児島県内もう一つの百名山開聞岳を中心に組み立てることにした。1日目開聞岳、2日目高隈山、3日目桜島。百名山1つ、三百名山1つ、二百名山1つの山行旅行とした。

1日目の開聞岳は、登山開始が13時前という遅いスタートとなり、若干不安な気持ちを抱えながらの開始となったが、暖かい気候、ふれあい公園の桜、多くの登山客(大半は下り客だったが…)に励まされ、次第に不安は消えていった。
5合目の展望広場から長崎鼻・佐多岬などを見たくらいから、「山と高原地図」よりはだいぶ早いペースで来られていることが分かり、安心した。
植生は、いかにも南国。鳥の鳴き声も、南国。普段と異なる雰囲気の中、百名山の山行を楽しむ。それにしても、たった1ヶ月前には、京都は愛宕山で吹雪に凍えていたのが、嘘のようだ。
7合目からは、憧れにも近い屋久島が見れた。近い内に登りたい。
山頂から眺望は、最高!昨年末の渥美半島の大山に登った時に感じた、自分が今地図のここにいる!という感じを、また味わえた。

登山終了後は、夕日が沈んでいくのを見ることができた。

温泉は、近くにするか、指宿まで行くか考えた(時間との都合で)が、三度のメシより風呂が好き!という訳で、食事はパンにして、指宿といえば砂蒸し!なので砂風呂に入ることにした。思ったより感動はなかったが、お湯がとても良かったのでまぁOK。
1日目は、満足のまま終了。
まさか、この天気がこの日で終わりとは、この時は知る由もなく…。
(2日目 高隈山に続く…)
訪問者数:76人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ