また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1409624 全員に公開 雪山ハイキング奥秩父

作場平〜笠取山

日程 2018年03月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ☼
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:自宅=🚙一般道⇒作場平
復路:作場平=🚙⇒道の駅たばやま・のめこい湯⇒自宅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間54分
休憩
1時間22分
合計
8時間16分
S作場平橋駐車場07:2308:10一休坂分岐08:1510:02笠取小屋10:1910:55雁峠分岐10:5611:09小さな分水嶺11:1011:30笠取山西11:3112:37笠取山展望地12:4613:10笠取山西13:5614:03小さな分水嶺14:0414:07雁峠分岐14:21笠取小屋14:37ヤブ沢峠15:18一休坂分岐15:1915:39作場平橋駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
21日に降ったと思われる雪、
登山口の辺りは10〜15cm
一休坂分岐以降徐々に積雪量が増す。
笠取小屋周辺で20cm程度
笠取小屋からさらに積雪量は多くなっていた。
笠取山山頂手前では30〜40cmほどあった。
ルートは雪に隠されていながらも明瞭。
この時期の雪は重く歩きにくいので
時間に余裕を持たせた計画が望ましい。

笠取山山頂10m程手前より
いくら雪を踏んでも蹴っても雪の下にある
笹で滑ってなかなか上に進まない状況。
前爪のあるアイゼンがあった方が良いと思います。
その他周辺情報のめこい湯(\600)※5月1日より料金値上がりするそうです。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

作場平登山口手前の駐車スペースよりスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作場平登山口手前の駐車スペースよりスタート。
登山口前の案内板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口前の案内板
道の反対側にトイレあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の反対側にトイレあり。
結構雪がありますね。
※人の足跡無し。動物の足跡のみあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構雪がありますね。
※人の足跡無し。動物の足跡のみあり。
クルブシの上位までなので15cm程でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルブシの上位までなので15cm程でしょうか。
どちらから行こうかと悩みましたが、「急登」にひかれて一休坂経由で登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どちらから行こうかと悩みましたが、「急登」にひかれて一休坂経由で登ります。
真新しい鹿の足跡。
この先でこの足跡の主に遭遇。
カメラを構えた瞬間、ものすごいスピードで逃げて行きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真新しい鹿の足跡。
この先でこの足跡の主に遭遇。
カメラを構えた瞬間、ものすごいスピードで逃げて行きました。
笠取小屋すぐ下の水場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠取小屋すぐ下の水場
笠取小屋からの風景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠取小屋からの風景
週末ですがお休みのようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
週末ですがお休みのようです。
トイレの前を通って登ってゆきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレの前を通って登ってゆきます。
誰も歩いていない雪原
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰も歩いていない雪原
でも雪が重いよ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも雪が重いよ〜
そしてこちらが分水嶺
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてこちらが分水嶺
誰もいない静かな世界
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいない静かな世界
振り返って自分の足跡だけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って自分の足跡だけ
あそこを直登ですな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこを直登ですな。
1
笠取山、直登に入ります。
見上げてみるとかなりヤバし!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠取山、直登に入ります。
見上げてみるとかなりヤバし!
1
記念撮影
えっ、人は要らない?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念撮影
えっ、人は要らない?
4
さて下山しますか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて下山しますか。
予定では笠取小屋で昼食でしたが
重い雪に阻まれて大幅な予定遅れ。
仕方なく笠取山西で昼食。
水かげんを間違えて炊き込みご飯がリゾットに変身。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定では笠取小屋で昼食でしたが
重い雪に阻まれて大幅な予定遅れ。
仕方なく笠取山西で昼食。
水かげんを間違えて炊き込みご飯がリゾットに変身。
3
時間が押しているので下りは巻いて巻いて〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間が押しているので下りは巻いて巻いて〜
だけど、雪が重いよ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だけど、雪が重いよ〜
笠取小屋で本日初めての人を見かける。
挨拶だけ交わして下りはヤブ沢峠から作場平へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠取小屋で本日初めての人を見かける。
挨拶だけ交わして下りはヤブ沢峠から作場平へ
日が傾き始めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が傾き始めました。
今朝、どちらから登ろうか迷った一休坂分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝、どちらから登ろうか迷った一休坂分岐
登山口が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口が見えました。
無事に登山口到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に登山口到着

感想/記録
by ozawa

昨年、テントを担いで行こうと思いながら
天気が悪くて予定が合わず。
今年こそはと思っているが、ひとまず日帰りで
下見のつもりで登ってみようと思い出かけました。

登山口について少々びっくり。
思っていた以上に雪があります。
しかもノートレース。
珍しく下調べ十分でルートに不安は無し。
と言う事でトレースの無い雪に足跡を着けに行きます。
途中、真新しい鹿の足跡について進むと
足跡の主と思われる鹿に遭遇。
カメラを構えた瞬間すごいスピードで逃げ出し
写真が取れませんでした。(残念)
道は雪に隠れていてもなんとなく分かりました。
しかし、この時期の雪だからなのか
とても重く歩きにくく笠取山山頂※には
予定の1時間遅れで到着。
※山名表示はあるが三角点は無しの展望地。
 三角点のある本当の山頂は雪が多く危険と判断し断念。

今シーズン何回か雪を踏む登山をしたが、
今回の笠取山は一番ヘビーでした。
と言うのも装備の準備が「チェーンスパイク&ストック(標準バスケット)」
何を思い込んで準備したのか?
おかげで笠取山の30〜40cmの雪の急斜面を登るのに一苦労。
挙句の果てには山頂直下10m付近からは
雪の下の笹が滑り悪戦苦闘。
無駄に体力を使う事となり、しまいには両手両足を駆使して
よじ登る羽目に。
次は装備の選択は間違わないようにして
楽しく快適な山行にしましょう。

訪問者数:550人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ