また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1411251 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走中央アルプス

【木曽山脈北部】坊主岳-仏谷-経ヶ岳-権兵衛峠

日程 2018年03月24日(土) 〜 2018年03月25日(日)
メンバー
天候3/24 sun
4/25 sun
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 自転車
塩尻市地域振興バス「すてっぷくん」
http://www.city.shiojiri.lg.jp/kurashi/sinkobus/rosen-zikoku.html
楢川線(川入方面)
羽淵07:45-07:52イノコ沢登山口 100円
※日曜日は運行していません!
 4月からは萱ヶ平〜羽淵の部分が廃線になるようです…
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間35分
休憩
33分
合計
8時間8分
Sイノコ沢登山口07:5210:27坊主岳10:4914:49仏谷15:0016:00宿泊地(中央分水嶺・経ヶ岳分岐)
2日目
山行
4時間3分
休憩
15分
合計
4時間18分
宿泊地06:4006:53経ヶ岳07:09幕営地07:2407:442,043m三角点08:142,038mピーク08:461,969m三角点09:151,884mピーク09:451,806m三角点10:30権兵衛峠10:58萱ヶ平バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報奈川温泉 富喜の湯 500円
http://www.hitou.or.jp/hymbrrsv/hymbr_pg01.html?yc=nf145
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

イノコ沢橋の横からスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イノコ沢橋の横からスタート
2015年以来に歩く道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2015年以来に歩く道
序盤から積雪があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤から積雪があった。
男坂へ行かずに…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男坂へ行かずに…
ラクそうな女坂へ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラクそうな女坂へ!
青空が気持ちいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が気持ちいい
樹林帯がまばらになってくると、
山頂まで間もなく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯がまばらになってくると、
山頂まで間もなく
これから登ることになる
仏谷
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登ることになる
仏谷
北信五岳がうっすらと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北信五岳がうっすらと
1
鉢盛山の向こう側に穂高岳
鉢盛山へ登りたいなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉢盛山の向こう側に穂高岳
鉢盛山へ登りたいなぁ
1
中央アルプスの中心部
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスの中心部
20分ほど休憩して、坊主岳を後にする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分ほど休憩して、坊主岳を後にする。
右から登ってきて、
左へ向かう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から登ってきて、
左へ向かう
仏谷へ向かって進んでいく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏谷へ向かって進んでいく
雪庇が発達していないので、
踏み抜くことは無さそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇が発達していないので、
踏み抜くことは無さそう
1
御嶽山
あれ?噴煙が出てる?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山
あれ?噴煙が出てる?
2
坊主岳を振り返る
後ろには乗鞍岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊主岳を振り返る
後ろには乗鞍岳
2
ようやく経ヶ岳が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく経ヶ岳が見えてきた。
経ヶ岳へ続く雪面の稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経ヶ岳へ続く雪面の稜線
1
しっかりとした雪質で歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっかりとした雪質で歩きやすい
1
いったん下って一気に登り返す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん下って一気に登り返す。
登ってきた「仏谷」を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた「仏谷」を振り返る
眺めのいいここへテントを張ることにした。
南アルプスがほぼ全部見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺めのいいここへテントを張ることにした。
南アルプスがほぼ全部見える。
2
中央アルプスの主峰群
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスの主峰群
1
仙丈ヶ岳、北岳、間ノ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳、北岳、間ノ岳
塩見岳
鋭鋒がカッコいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳
鋭鋒がカッコいい
3
荒川三山と赤石岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川三山と赤石岳
1
赤石岳からの聖岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳からの聖岳
1
上河内岳、光岳、池口岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上河内岳、光岳、池口岳
甲斐駒ヶ岳もカッコいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳もカッコいい
1
静かな樹林帯を進んでいく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かな樹林帯を進んでいく
幕営地に戻ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幕営地に戻ってきた。
自分のトレースしかないのは気持ちがいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分のトレースしかないのは気持ちがいい
1
1969m三角点ピーク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1969m三角点ピーク
無線中継所に着いた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無線中継所に着いた
モノラック沿いに下っていく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノラック沿いに下っていく
400m下ったところで、
モノラックは稜線から離れて行ってしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
400m下ったところで、
モノラックは稜線から離れて行ってしまった。
正面の樹林帯から下ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面の樹林帯から下ってきた。
権兵衛峠までもう一息
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権兵衛峠までもう一息
権兵衛峠から400m下る
ここからは舗装路を進んでいく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権兵衛峠から400m下る
ここからは舗装路を進んでいく
路面の雪は溶けていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路面の雪は溶けていた。
ゲートが開いている!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートが開いている!
権兵衛峠トンネルの入り口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権兵衛峠トンネルの入り口

感想/記録
by Gipfel

先週は八ヶ岳から霧ヶ峰まで繋ぎましたが、
今回は中央アルプスの繋いでいなかった稜線の、坊主岳から経ヶ岳を経て権兵衛峠まで歩きました。

萱ヶ平からバスに乗り、イノコ沢登山口まで行こうと思いましたが、
萱ヶ平〜羽淵の区間はオンデマンド&平日運行のバスの為、
萱ヶ平集落の上のほうに自転車を残置して、羽淵に車で移動したうえでバスに乗りました。
イノコ沢登山口はバス停がありませんが、登山口前で下車させてもらえました。

登山口から積雪がありましたが、トレースがあったので、迷わずに登ることができました。

小坊主岳は知らぬ間に通り過ぎてしまいました。
登山口から坊主岳の山頂までは800m以上の標高差があるため、
1,600mくらいのところで一回休憩をとりました。

途中で先に歩いていた単独行の方が下ってきたので、挨拶だけしました。

標高が上がるにつれて積雪量が増えましたが、ワカンを使わずに坊主岳の山頂まで行けました。
山頂からの眺めはとてもよく、御嶽山、乗鞍岳、北アルプスがよく見えていました。

ここでワカンを付けることにしました。
山頂からイノコ沢登山口方面へ20〜30mほど下ったところから左折して、
経ヶ岳方面へ向かいました。
分岐点にはテープがついていたので、迷うことはなさそうです。

坊主岳から下って行く斜面は南斜面の為に、だいぶ雪が少なかったです。

鞍部から先は雪が多くなり、とても歩きやすかったです。

仏谷へ登り返しで1,850m付近と、1,950m付近の二か所で、かなりの急斜面がありました。
木々につかまって登りましたが、アイゼンとピッケルを出したほうがよさそうでした。

2,000mまで上がってくるとなだらかになり、最後にちょっとした登りで「仏谷」の山頂に着きました。
山頂には標識等は全くなく、トレースもありませんでした。

当初の予定では、ここで幕営する予定でしたが、日没まで時間があったので、
もう少し先まで進むことにしました。

しっかりとした雪面の、幅の広い稜線を進んでいきました。
2,180mピークは、ちょっとした急坂でしたが、アイゼンを使うほどではありませんでした。

ちょくせつ経ヶ岳へ登らずに、塩尻市、辰野町、南箕輪村の3市町村の境まで進みました。
3市町村境からは南アルプスを望むことができました。
無理をせずに、ここにテントを張ることにしました。


【2日目】

ザックを残置して、経ヶ岳の山頂をピストンで登りに行きました。
片道15分ほどで登ることができました。

トレースは全くありませんでしたが、赤テープがありました。
経ヶ岳の山頂には東側から登ってきたトレースがありました。

山頂は展望がなく、地味でした。

幕営地までは登ってきたトレースを戻りました。
ザックを拾って、権兵衛峠を目指しました。

2,043m三角点には中央分水嶺の標識がありました。

細かいアップダウンを繰り返しながら、雪面を進んでいきました。

1,969m三角点は笹原のピークにあったので、とても眺めが良かったです。

1,884mピークからテープがたくさん付いていました。
積雪がドンドンと減ってきてしまったので、ワカンを外しました。

まだ笹が横になっていたので、足を滑らさないように気を付けて進みました。
1,806三角点のある無線中継所からはモノラック沿いに下っていきました。

モノラックは1,700m地点から稜線を離れて行ってしまったので、
再び笹薮の中へ入っていきました。

テープがあるので、ある程度頼りにしながら進みました。
国道361号の旧道に降りる地点が、急斜面かつ濃い笹薮で泳ぐように下りました。

権兵衛峠からは「米の道 権兵衛峠ルート」というハイキングコースで
舗装路を3回ほど横断してショートカットできる道がありました。

そこから先は、舗装路を下っていきました。
途中で残置しておいた自転車に乗って羽淵の集落まで戻りました。

【まとめ】
今回のコースはyama-takeさんの山行記録を参考にさせていただきました。

これで、太平洋から南アルプス→八ヶ岳→中央アルプスまで繋がりました。
塩尻峠〜坊主岳
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-768460.html
中央アルプス中心部〜権兵衛峠
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-334227.html

次は、乗鞍岳方面へ稜線を歩いていきたいと思っています。

訪問者数:484人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ