また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1411795 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

天狗岳周回 唐沢鉱泉〜

日程 2018年03月25日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候終日快晴
一時強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道諏訪南ICから八ヶ岳エコーライン経由で唐沢鉱泉
唐沢鉱泉への林道は整地・除雪され積雪・凍結等なかった
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間42分
休憩
54分
合計
7時間36分
S天狗岳登山口駐車場06:4106:45唐沢鉱泉06:4608:17渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐08:1809:19黒百合ヒュッテ09:2009:27中山峠09:2810:22天狗岳分岐10:38天狗の鼻10:43東天狗岳10:5911:22天狗岳11:2712:15第二展望台12:3612:59第一展望台13:0013:37唐沢鉱泉分岐13:4214:14唐沢鉱泉14:1614:17天狗岳登山口駐車場14:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
5:00 教育文化センター出発
6:25 唐沢鉱泉登山者用駐車場到着 -6℃

6:43 唐沢鉱泉登山者用駐車場出発
6:45 唐沢鉱泉登山口到着
6:52 黒百合平方面分岐到着
8:14 渋の湯、黒百合平分岐到着
9:13 黒百合ヒュッテ到着

9:20 黒百合ヒュッテ出発
9:26 中山峠到着
10:44 東天狗岳到着

10:57 東天狗岳出発
11:06 東西天狗岳鞍部に到着
11:22 西天狗岳到着

11:29 西天狗岳出発
12:14 第二展望台到着

12:36 第二展望台出発
13:05 第一展望台到着
13:38 枯尾の峰、唐沢鉱泉分岐到着
14:11 唐沢鉱泉登山口到着
コース状況/
危険箇所等
3/21、22の降雪で新しい積雪が20cm程度
全線にトレースがあって、踏み固められている
東天狗岳への急登後の岩場では注意が必要
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) ヘッドランプ GPS 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

唐沢鉱泉と桜平の分岐
カーナビで唐沢鉱泉と設定しておいたら、ここに案内してくれた
この先の路面状態、道幅はここと変わらず平らで広い
2018年03月25日 06:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉と桜平の分岐
カーナビで唐沢鉱泉と設定しておいたら、ここに案内してくれた
この先の路面状態、道幅はここと変わらず平らで広い
駐車場には余裕があり、場所は選び放題
2018年03月25日 06:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場には余裕があり、場所は選び放題
駐車場からすぐに登山口
2018年03月25日 06:45撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場からすぐに登山口
唐沢鉱泉
たいへん立派な施設だ
2018年03月25日 06:45撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉
たいへん立派な施設だ
西天狗岳を目指すため、右に進む
2018年03月25日 06:45撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳を目指すため、右に進む
ここで西天狗への矢印は右を指しているのに、そのまま直進してしまう
もちろん西天狗には到着しません
2018年03月25日 06:45撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで西天狗への矢印は右を指しているのに、そのまま直進してしまう
もちろん西天狗には到着しません
ピンボケですが、ここが黒百合平への登山口
これを見ても西天狗に向かうつもりでいます
2018年03月25日 06:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンボケですが、ここが黒百合平への登山口
これを見ても西天狗に向かうつもりでいます
赤色の橋
あれ?レコでは黒色の橋だったような!
だめです、思考回路は停止している
迷わず前進
2018年03月25日 06:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤色の橋
あれ?レコでは黒色の橋だったような!
だめです、思考回路は停止している
迷わず前進
橋を渡った後にアイゼンを装着
今日はお互い持ちうる最大の10本爪
2018年03月25日 07:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡った後にアイゼンを装着
今日はお互い持ちうる最大の10本爪
トレースは一定以上の幅を持つ道になっているので歩きやすい
ここをスノーシューで歩く人はいないようだ
2018年03月25日 07:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースは一定以上の幅を持つ道になっているので歩きやすい
ここをスノーシューで歩く人はいないようだ
春分の日に降った新雪分が段になっている
降ってなかったら地面が露出していたのか?
2018年03月25日 07:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春分の日に降った新雪分が段になっている
降ってなかったら地面が露出していたのか?
金属の階段は完全露出
2018年03月25日 07:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金属の階段は完全露出
少し視界が開けた
2018年03月25日 07:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し視界が開けた
シラビソの林を抜けて行く
2018年03月25日 07:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラビソの林を抜けて行く
木の橋を渡る
2018年03月25日 07:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の橋を渡る
たっぷりの積雪でいい景色
2018年03月25日 07:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たっぷりの積雪でいい景色
渋の湯、黒百合平分岐に到着
2018年03月25日 08:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋の湯、黒百合平分岐に到着
こちらは渋の湯方面
圧雪の幅が少し広い
こちらから入られる方の方が多いのかな
2018年03月25日 08:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは渋の湯方面
圧雪の幅が少し広い
こちらから入られる方の方が多いのかな
樹林帯にも日差しが
まだ強い紫外線は遠慮しておきます
2018年03月25日 08:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯にも日差しが
まだ強い紫外線は遠慮しておきます
左手に稜線が見えた
2018年03月25日 09:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に稜線が見えた
初めて麓が見えた
霞が濃いのはしかたない
2018年03月25日 09:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めて麓が見えた
霞が濃いのはしかたない
今度は右手にも
黒百合平は近いか?
2018年03月25日 09:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は右手にも
黒百合平は近いか?
テントが見えた!
黒百合平に到着だ
2018年03月25日 09:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントが見えた!
黒百合平に到着だ
擂鉢池からの下りはまるでゲレンデのよう
2018年03月25日 09:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
擂鉢池からの下りはまるでゲレンデのよう
テント泊の方達がたくさん
2018年03月25日 09:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント泊の方達がたくさん
中山峠に向かう
2018年03月25日 09:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠に向かう
黒百合ヒュッテを振り返る
2018年03月25日 09:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテを振り返る
黒百合ヒュッテから中山峠への道はこんな
ヒュッテ手前より少しだけ積雪量が多い
2018年03月25日 09:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテから中山峠への道はこんな
ヒュッテ手前より少しだけ積雪量が多い
中山峠到着
2018年03月25日 09:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠到着
中山方面
2018年03月25日 09:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山方面
山梨県側が初めて見える
2018年03月25日 09:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山梨県側が初めて見える
東天狗岳が見えた
2018年03月25日 09:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳が見えた
少し急になってもステップが出来ているので安心
2018年03月25日 09:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し急になってもステップが出来ているので安心
岩場に入るが、岩にアイゼンを引っかけないようにするだけで簡単に通過できる
2018年03月25日 09:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場に入るが、岩にアイゼンを引っかけないようにするだけで簡単に通過できる
東天狗のにせピークと西天狗岳
2018年03月25日 09:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗のにせピークと西天狗岳
いよいよ、東天狗岳への急登が始まる
皆さんここで準備を整えて出発
自分はここでネックウォーマーを着けておけばと後から後悔した
2018年03月25日 09:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ、東天狗岳への急登が始まる
皆さんここで準備を整えて出発
自分はここでネックウォーマーを着けておけばと後から後悔した
ここの傾斜が伝わるでしょうか
時々地吹雪のように氷の粒がほほに当たって痛い
風だけでもほほが痛い
2018年03月25日 10:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの傾斜が伝わるでしょうか
時々地吹雪のように氷の粒がほほに当たって痛い
風だけでもほほが痛い
ニュウ方面を振り返る
2018年03月25日 10:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニュウ方面を振り返る
急登ですが歩きにくくはない
風が強くなければ
2018年03月25日 10:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登ですが歩きにくくはない
風が強くなければ
一瞬、「ピークに行かなくてもいいかな」と思える程強風で登りがつらい
2018年03月25日 10:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬、「ピークに行かなくてもいいかな」と思える程強風で登りがつらい
歩いてきたトレースが見えない程、この先は急になっている
浅間山が見えてる
2018年03月25日 10:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきたトレースが見えない程、この先は急になっている
浅間山が見えてる
左から車山、蓼科山、北坡
2018年03月25日 10:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から車山、蓼科山、北坡
雪面に出来たエビの尻尾
2018年03月25日 10:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪面に出来たエビの尻尾
人と岩の角度で急登の様子が
2018年03月25日 10:31撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人と岩の角度で急登の様子が
岩に付くエビの尻尾
2018年03月25日 10:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩に付くエビの尻尾
急登を登り終えた
2018年03月25日 10:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を登り終えた
デッキブラシのようになってる
2018年03月25日 10:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デッキブラシのようになってる
にせピークを右に巻いてここから再び岩場になる
この後に少し注意の必要な場所があった
2018年03月25日 10:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
にせピークを右に巻いてここから再び岩場になる
この後に少し注意の必要な場所があった
本物のピークが見えた
2018年03月25日 10:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本物のピークが見えた
西天狗もすぐそこだ
2018年03月25日 10:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗もすぐそこだ
にせピークの巻き道を見下ろす
2018年03月25日 10:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
にせピークの巻き道を見下ろす
もうすぐ東天狗岳山頂
2018年03月25日 10:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ東天狗岳山頂
渋の湯から来られた方達に撮っていただきました
2018年03月25日 10:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋の湯から来られた方達に撮っていただきました
1
根石岳方面への下りを見下ろす
2018年03月25日 10:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳方面への下りを見下ろす
北八ヶ岳の全容
2018年03月25日 10:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳の全容
硫黄岳、赤岳、阿弥陀岳
2018年03月25日 10:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳、赤岳、阿弥陀岳
西天狗岳に向かいます
2018年03月25日 11:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳に向かいます
東天狗岳を振り返る
左は黒百合ヒュッテへの巻き道
2018年03月25日 11:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳を振り返る
左は黒百合ヒュッテへの巻き道
西天狗岳への登り道
2018年03月25日 11:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳への登り道
直登
地味にしんどい
2018年03月25日 11:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登
地味にしんどい
登り切って東天狗岳を振り返る
2018年03月25日 11:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切って東天狗岳を振り返る
阿弥陀岳がよく見えるようになった
2018年03月25日 11:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳がよく見えるようになった
西天狗岳の山頂に到着
2018年03月25日 11:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳の山頂に到着
こっちの方が絵になる
2018年03月25日 11:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちの方が絵になる
パノラマで
2018年03月25日 11:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマで
唐沢鉱泉に向けてここを下る
2018年03月25日 11:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉に向けてここを下る
西天狗を振り返る
ここを登るのはきつそう、右回りでよかった
2018年03月25日 11:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗を振り返る
ここを登るのはきつそう、右回りでよかった
急斜面を下る
2018年03月25日 11:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を下る
振り返るが急なので、既にピークは見えない
2018年03月25日 11:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るが急なので、既にピークは見えない
まだまだ下る
2018年03月25日 11:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ下る
岩場が終了
2018年03月25日 11:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場が終了
蓼科山はいい形
2018年03月25日 11:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山はいい形
あのピークは展望台か?
登り返しがありそう
2018年03月25日 11:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あのピークは展望台か?
登り返しがありそう
樹林帯に入る
2018年03月25日 11:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に入る
やっぱり登り返し
2018年03月25日 12:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり登り返し
第二展望台に到着
2018年03月25日 12:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二展望台に到着
第二展望台からパノラマで
2018年03月25日 12:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二展望台からパノラマで
西天狗を振り返るがピークは見えていない
2018年03月25日 12:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗を振り返るがピークは見えていない
この辺りから樹林他の急斜面を下る
2018年03月25日 12:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから樹林他の急斜面を下る
深い、深い踏み抜き跡
2018年03月25日 13:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い、深い踏み抜き跡
第一展望台に到着
2018年03月25日 13:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一展望台に到着
ずいぶん下って来た
2018年03月25日 13:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずいぶん下って来た
絶景ももう見納め
2018年03月25日 13:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景ももう見納め
枯尾の峰、唐沢鉱泉分岐
2018年03月25日 13:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯尾の峰、唐沢鉱泉分岐
雪は最後まで腐ることなく快適だった
2018年03月25日 14:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪は最後まで腐ることなく快適だった
なんだ、ここが西天狗への分岐点か
朝、自分の中では登山開始されてなかったみたい
2018年03月25日 14:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだ、ここが西天狗への分岐点か
朝、自分の中では登山開始されてなかったみたい
鉱泉は鉄分が多いのか赤色
2018年03月25日 14:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉱泉は鉄分が多いのか赤色
黒色の橋を渡ると唐沢鉱泉に到着
2018年03月25日 14:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒色の橋を渡ると唐沢鉱泉に到着
撮影機材:

感想/記録

以前から気になっていてhiroshi21さんのレコを拝見して、今シーズン中に行くことを決めていた唐沢鉱泉からの天狗岳にやっと行くことが出来た。

3日前に麓でもまとまった降雪があったので、アプローチおよび登山道の状態が心配であったが、朝には早速レコ登録があり、林道に積雪なしトレースもばっちりと確認。

アプローチと駐車場が心配で、車高が低いながらも4WD車を用意して臨んだ。が、林道はきれいに整地・除雪されており、路面に積雪・凍結および凹凸もなく普通の乗用車で問題なく通行出来た。
駐車場に積雪はあったがFF車なら問題ない状況だった。
到着時-6℃、10台くらいは駐車可能な状況で、下山時は4,5台くらいの駐車。多くの方が前日からの宿泊者だったようだ。

GoolgMapで下調べした所では、諏訪南IC利用が最速だったのでカーナビの案内を無視してそこを利用したが、戻る距離が以外と長かった。
混雑のない早朝は諏訪ICを使った方が良いと思った。
ただし、諏訪南ICから八ヶ岳方面を見る景色はすばらしく、沿道もリゾート地の雰囲気があり満足した。

カーナビで唐沢鉱泉を設定したところ唐沢鉱泉と桜平の分岐に案内されることになったが、唐沢鉱泉の案内板が道中に複数あり、案内板に従って道なりに進めむことで容易に到着した。
この辺りはストリートビューで道路を見ることが出来ないため、急坂やすれ違いに困るような狭い道路でないかと心配していたが、全体に林道としては十分に道幅が広く、平らで目立った轍も急なヘアピンカーブ等もなく、走りやすい道だった。
ただし、積雪や凍結、雪解け水による道路のえぐられ等がある場合には注意が必要だと思う。

唐沢鉱泉登山口からすぐに西天狗岳への分岐が登場する。が、「西天狗」の文字に反応出来ず直進してしまい、黒百合ヒュッテから東天狗岳、西天狗岳の時計回りの、計画とは逆の周回となってしまったが、なだらかな登りは我々には向いていたのかも知れない。
ミスコースに気付いたのは、登り始めて30分以上経過して、急登のはずだけど登りが緩いなと思いGPSトラッキングを確認した時だった。
ソロだともう少し緊張感を持っているかもしれないが、複数だと気がゆるゆる・だらだらで困ったもの。

黒百合ヒュッテへの登りでは積雪が10cm〜20cm位でとても歩きやすかった。

中山峠から東天狗岳への急登では、強風で時折氷の粒が顔面に飛び、しばらくほほの痛みが続いていて一瞬、ピークに行かず引き返してもいいかなと思えた。
急登を終えて岩場に入ると少し注意すべき場所もあったが、トレースに従って進むことで問題は無かった。

東天狗岳山頂ではそれまでより風が弱く、ゆっくりと眺望を楽しむことが出来た。
写真を撮影して下さった方達は、唐沢鉱泉へのアプローチが心配で渋の湯から来られていた。
風はこれ以降、強くなることはなく弱いままだった。

西天狗岳は今回初登頂で、東天狗からとはまた違う景色が楽しめた。
西天狗から唐沢鉱泉への下りは急斜面が多いものの、歩きにくいことはなかった。ただし、途中で振り返ると登って行く気はしなかった。
「登りを楽しみたい方は左回りで」と書かれたレコを思い出し、コースを間違えたことが結果幸いしたのだと思った。
ただし、今回のしくじりは、きちんと反省し、次回以降に生かさねば。

西天狗岳から唐沢鉱泉への下りではとてもテンションの高い3名のパーティーに道を譲り、1名の方とすれ違ったのみで、午後のこのコースはとても静かだった。

今まで黒斑山、北坡拇で雪山ハイクを楽しんで来たが、初めてこれが雪山登山なのかと実感し、他の山友とも共有したいなとしみじみ思った。

西天狗岳に居たころからずっとヘリコプターの音が聞こえていることに気付いた。
帰宅してから事故のことを知りとても驚いた。
犠牲者のご冥福をお祈り致します。
訪問者数:342人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/9/4
投稿数: 75
2018/3/28 19:10
 お疲れ様でした(*^^*)
この度はせっかくお声掛け頂きましたのに参加出来ず申し訳ありませんでした。
雪山ハイクから一歩進んだ雪山登山だったようで、とても楽しそうですね( 艸`*)

私はどうやらこの日は運がない日だったようで、お二人にご迷惑をお掛けせずに済んだと思うようにしましたよw
またいつか、雪山にご一緒させて頂けるよう頑張ります(*^^*)
登録日: 2015/7/4
投稿数: 27
2018/3/28 21:54
 Re: お疲れ様でした(*^^*)
いつもありがとうございます。

好天に恵まれて、下山後もうかれていてすみませんでした。
でも、一緒に来れたらなと思ういい山行でした。
自分はずっと初級のままなので、またおつきあい下さい。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ