また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1418982 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 十勝連峰

下ホロカメットク山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2018年03月31日(土) ~ 2018年04月01日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候3月31日 晴れ
4月1日  曇り〜時々小雪&小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道流失地点手前まで除雪されていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間7分
休憩
0分
合計
4時間7分
Sスタート地点11:1415:21宿泊地(標高810m)
2日目
山行
7時間53分
休憩
2時間27分
合計
10時間20分
宿泊地(標高810m)05:4408:32スキーデポ地(標高1380m)08:4809:54下ホロカメットク山10:2710:59スキーデポ地(標高1380m)11:2112:26宿泊地(標高810m)13:4216:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コースタイムで1日目休憩0分となっていますが数回休みました。
その他周辺情報くったり温泉レイク・イン
所在地: 〒081-0154 北海道上川郡新得町字屈足808番地
電話: 0156-65-2141
1000円で食事つきのプランを利用しました。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

林道流失場所の手前まで除雪されていました。
トラロープが張ってありました、それを利用してトラバース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道流失場所の手前まで除雪されていました。
トラロープが張ってありました、それを利用してトラバース。
3
長い林道歩きの始まりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い林道歩きの始まりです。
4
デブリのある所もありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリのある所もありました。
1
クマゲラの食痕。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマゲラの食痕。
3
樹間から目指す下ホロカメットク山がわずかに顔を見せてくれた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間から目指す下ホロカメットク山がわずかに顔を見せてくれた。
トムラウシ山、本当は前トムラウシ山に行きたかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシ山、本当は前トムラウシ山に行きたかった。
1
下ホロカメットク山、まだまだ遠いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ホロカメットク山、まだまだ遠いです。
2
この小沢の橋を渡ると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この小沢の橋を渡ると
シートカチ第六支線林道の入口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シートカチ第六支線林道の入口。
その林道に入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その林道に入ります。
1
下ホロカメットク山の見える場所(標高810m)にテントを設営しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ホロカメットク山の見える場所(標高810m)にテントを設営しました。
1
お一人飲めない方には申し訳ない時間です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お一人飲めない方には申し訳ない時間です。
12
4月1日出発。
朝、山が見えた時もあったのですが雲に隠れてしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4月1日出発。
朝、山が見えた時もあったのですが雲に隠れてしまいました。
6
この辺りの白樺、肌の白さが綺麗でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りの白樺、肌の白さが綺麗でした。
1
林道を離れ林の中へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を離れ林の中へ。
春山のお決まり羆の足跡。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春山のお決まり羆の足跡。
7
スキーアイゼンも使っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーアイゼンも使っています。
1
林を抜け見通しが良くなった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林を抜け見通しが良くなった。
1
標高1380m付近でアイゼンに履き替えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1380m付近でアイゼンに履き替えた。
ここから標高差300m弱を登れば頂上だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから標高差300m弱を登れば頂上だ。
3
アイゼンが小気味よく効く。
写真提供:hakuro-4さん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンが小気味よく効く。
写真提供:hakuro-4さん
2
一歩入魂の登りが続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一歩入魂の登りが続く。
5
最後は初登頂の3人が先に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は初登頂の3人が先に。
3
takeuraさん、hakurou-4さん、nakkorinさんおめでとうございます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
takeuraさん、hakurou-4さん、nakkorinさんおめでとうございます。
12
小雪が舞い展望は得られませんでしたが嬉しい頂上でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雪が舞い展望は得られませんでしたが嬉しい頂上でした。
22
スキーデポ地着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーデポ地着。
山キチのッマさん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山キチのッマさん
6
hakurou-4さん
滑り出し付近はまだよかったのですが、下るにつれ滑りずらい雪面状況でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
hakurou-4さん
滑り出し付近はまだよかったのですが、下るにつれ滑りずらい雪面状況でした。
5
林道に出ました、この辺りは先頭は漕いで漕いでの腕力勝負、後続はほぼ自動運転でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出ました、この辺りは先頭は漕いで漕いでの腕力勝負、後続はほぼ自動運転でした。
1
テントを撤収、ゆっくりティータイム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントを撤収、ゆっくりティータイム。
3
ゴールまで沿面距離9.2kmの林道を帰ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールまで沿面距離9.2kmの林道を帰ります。
2
スキーを担いで越えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーを担いで越えました。
2
帰ってきて振り返っています。
ごくろうさまでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰ってきて振り返っています。
ごくろうさまでした。
4

感想/記録

メンバー:takeuraさん、hakurou-4さん、nakkorinさん、山キチのッマさん、yamakichiことプチ山キチの5名。

山行計画は前トムラウシ山でしたが、道道718号 忠別清水線が曙橋を過ぎた所で通行止めとなっていました。3月1日から雪崩の恐れで規制が実施されていたとのことで、山行を計画する時に調べておけばと反省させられました。
ゲート前で思案、山キチのッマさんと私が経験のある下ホロカメットク山に計画変更しました。
下ホロカメットク山は展望の良い山ですが、今回は雲に遮られ展望を楽しむことが出来ず残念な頂上でした。
頂上からの展望は前回のレコに数枚の写真があるので興味のある方は覗いてください。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-300403.html
もう登らなくても良い山と思っていた山キチのッマさん、ごくろうさまでした。私は十勝岳温泉からの日帰りを含め3回目でしたが、その度に過去の思い出がよみがえり、山は何回登ってもいいな〜と思いました。

感想/記録

重いザックで歩けるか不安だった車中、「通行止め」を見てUターンして
帰る?チョッピリ安心も、yamakichiリーダーの素早い判断で目的の山変更、長い林道歩き頑張りました。テントの中での夕食、初めて食べる料理
、これが美味しく、コックのツマさん、yamakichiさんに感謝!翌朝、薄曇りの中、スキーアイゼンで高度上げ、スキーをデポしアイゼンに替える。時々見えていた周囲の山も見えず、それでも初めての山に気合が入る。視界悪いが風がないのが幸い、頂上に立つ事が出来た。記念写真、おやつを食べ地獄の下山に備える。なんとか無事下山する、メンバー全員に感謝、有難う御座いました。

感想/記録

富良野岳の山頂から見える尖がり山が下ホロカメットクと知ったのは随分前の事です。あれから何年たったのか...。そのピークに立てた事が本当に嬉しいです。
山頂の往復は、アイゼンがしっかりと効いていて安心して歩く事が出来ました。スキーは下手さ全開で下りるのがやっと、テント撤収後の長い林道は《とにかく頑張れば何とかなる!》そう思うと少し気が楽になりました。足腰の疲れは楽しさの余韻と思うと今もまだ楽しさを味わっています。
皆さん大変お世話になりました。有難うございます。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1250人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ