また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1419924 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

川苔山・本仁田山・ゴンザス尾根

日程 2018年04月03日(火) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
奥多摩駅<バス>川乗橋<歩>山行<歩>奥多摩駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間32分
休憩
34分
合計
7時間6分
S川乗橋BS08:2509:00細倉橋09:0509:45百尋ノ滝09:5010:55足毛岩の肩11:35川苔山11:4712:40鋸尾根下部12:42大ダウ13:28本仁田山13:4014:07チクマ山(筑摩山)14:10ゴンザス尾根分岐15:10ゴンザス尾根登山口15:31奥多摩駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 筆記用具 ガイド地図(ブック) 保険証 携帯 時計 タオル ストック

写真

9年ぶりの川苔山。奥多摩駅からのバスはガラガラ、川乗橋BSで下車したのは、高齢女性と私だけ。「崩落等で通行止めなのかしら?」と聞かれ、「平日だからでは・・・」と答えた。ゲートが閉まっているのは以前から車両侵入を防止するため・・・。
2018年04月03日 09:02撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9年ぶりの川苔山。奥多摩駅からのバスはガラガラ、川乗橋BSで下車したのは、高齢女性と私だけ。「崩落等で通行止めなのかしら?」と聞かれ、「平日だからでは・・・」と答えた。ゲートが閉まっているのは以前から車両侵入を防止するため・・・。
百尋の滝までの沢沿いのコースは美しく、楽しい。
2018年04月03日 09:10撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百尋の滝までの沢沿いのコースは美しく、楽しい。
途中の小滝。
2018年04月03日 09:14撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の小滝。
橋に倒れた木、枯れたのではなく、根元が崩れたようだ。
2018年04月03日 09:23撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋に倒れた木、枯れたのではなく、根元が崩れたようだ。
百尋の滝。先月、千足→天狗の滝→大岳山→海沢大滝等を歩いたが、やはり海沢大滝より立派。
2018年04月03日 09:48撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百尋の滝。先月、千足→天狗の滝→大岳山→海沢大滝等を歩いたが、やはり海沢大滝より立派。
3
足毛岩の肩。9年前は北回りで川苔山に登ったが、今回は、南回りのコースを歩く。
2018年04月03日 10:55撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足毛岩の肩。9年前は北回りで川苔山に登ったが、今回は、南回りのコースを歩く。
大ダウ方面は登山道崩落のためロープで通行止め。
2018年04月03日 10:56撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダウ方面は登山道崩落のためロープで通行止め。
川苔山(「川川乗山)山頂。先客1名のみ。付近の道標に「乗林道通行止め」の表示があり、今日問題なく通行したため、いつまでも掲出せず撤去すべきと思った。(帰宅しネットで状況理解)
2018年04月03日 11:35撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川苔山(「川川乗山)山頂。先客1名のみ。付近の道標に「乗林道通行止め」の表示があり、今日問題なく通行したため、いつまでも掲出せず撤去すべきと思った。(帰宅しネットで状況理解)
1
分岐。鳩ノ巣駅方面へ向かう。ここにも「乗林道通行止め」の表示あり、怠慢では・・・と。
2018年04月03日 11:52撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐。鳩ノ巣駅方面へ向かう。ここにも「乗林道通行止め」の表示あり、怠慢では・・・と。
大ダワ・本仁田山分岐。「この先岩場 通行注意」の表示あり。
2018年04月03日 12:03撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダワ・本仁田山分岐。「この先岩場 通行注意」の表示あり。
舟井戸コースを下る予定が、やや歩きづらい鋸尾根を下ってしまった。途中、鋸尾根喫、曲の標識があった。
2018年04月03日 12:38撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舟井戸コースを下る予定が、やや歩きづらい鋸尾根を下ってしまった。途中、鋸尾根喫、曲の標識があった。
大ダワ。コブタカ山・本仁田山方面へ向かう。
2018年04月03日 12:42撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダワ。コブタカ山・本仁田山方面へ向かう。
大ダワと足毛岩間のルートに×が記載。
2018年04月03日 12:44撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダワと足毛岩間のルートに×が記載。
大ダワの祠。ここにも通行不可の表示あり。
2018年04月03日 12:44撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダワの祠。ここにも通行不可の表示あり。
通行不可のロープ。
2018年04月03日 12:45撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通行不可のロープ。
本仁田山山頂。もう少し趣のある山名標識にならないものか。途中のコブタカ山は確認できなかった。
2018年04月03日 13:28撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本仁田山山頂。もう少し趣のある山名標識にならないものか。途中のコブタカ山は確認できなかった。
本仁田山付近のアセビ。
2018年04月03日 13:30撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本仁田山付近のアセビ。
3
今回はゴンザス尾根を下るので、花折戸尾根方面へ向かう。鳩ノ巣駅登山口の橋封鎖の表示あり。
2018年04月03日 13:42撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回はゴンザス尾根を下るので、花折戸尾根方面へ向かう。鳩ノ巣駅登山口の橋封鎖の表示あり。
筑摩山(チクマ山)
2018年04月03日 14:06撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筑摩山(チクマ山)
ゴンザス尾根と花折戸尾根の分岐。ここを直進する。
2018年04月03日 14:12撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンザス尾根と花折戸尾根の分岐。ここを直進する。
ヤマつつじ?
2018年04月03日 14:49撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマつつじ?
2
本仁田山・ゴンザス尾根登山。チクマ山からやや不明瞭なところもあった。NHK施設からは道なりに大きくジグザグを下る。新氷川トンネルを出た地点から走り、発車1分前に乗車。計画より1時間強短縮。
2018年04月03日 15:09撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本仁田山・ゴンザス尾根登山。チクマ山からやや不明瞭なところもあった。NHK施設からは道なりに大きくジグザグを下る。新氷川トンネルを出た地点から走り、発車1分前に乗車。計画より1時間強短縮。

感想/記録

9年前、川苔山から赤杭山を経由し古里駅に下った。次は、川苔山から棒ノ折山、白谷沢を経由し飯能側に行きたいと考えていたが、所要時間と体力の関係から実現せず今日に至った。
今回は、本仁田山と地図を見て気になっていたゴンザス尾根を計画し、やや疲れたが実行でき満足できた。
川乗林道通行止めの件は、まったく知らず、ヤマレコの2月の山行記録でも何のコメントもなく通行していた。また、今回、川乗橋BSでバスを下車する際も運転手、車掌から何の注意もなく、通行の際も問題なかった。
帰宅後、奥多摩ビジターセンターサイト(h30.3.25現在)で、4.27まで
通行止めとなっていることを知った。
通行可能となった時点で通行止めを解除すべきと考えるとともに、通行できたから良かったものの、我ながら事前確認をしなかったことを猛省。
訪問者数:555人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ