また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1420513 全員に公開 ハイキング京都・北摂

北山・天ヶ岳

日程 2018年04月04日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴 曇
アクセス
利用交通機関
電車バス
国際会議場-(バス)-戸寺
国際会議場 地下鉄
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間37分
休憩
14分
合計
8時間51分
S大原(戸寺)バス停07:2808:03江文峠11:13天ヶ岳11:2716:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

大原の手前の戸寺で降りる。東側の比叡山方面から京都トレイルが下りてきている。それを辿り西へ。
2018年04月04日 07:17撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大原の手前の戸寺で降りる。東側の比叡山方面から京都トレイルが下りてきている。それを辿り西へ。
2
手前が金毘羅、後ろが焼杉か?
2018年04月04日 07:19撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前が金毘羅、後ろが焼杉か?
大原からの東海自然歩道と合流。先京都トレイルと自然歩道は同じルートになる。
2018年04月04日 07:31撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大原からの東海自然歩道と合流。先京都トレイルと自然歩道は同じルートになる。
1
江文峠で車道合流少し下がると、又左への山道を静原へ
2018年04月04日 07:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
江文峠で車道合流少し下がると、又左への山道を静原へ
静原に入ると点滅信号のある小学校前を北へ。
2018年04月04日 08:18撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静原に入ると点滅信号のある小学校前を北へ。
道なりに進み林道が二股になる。西又へ
2018年04月04日 08:51撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道なりに進み林道が二股になる。西又へ
林道がいくつも分岐していくが、ここは右へ、古いコンクリ橋だ。それを詰めていく。今まで伐採されているので見とうしは良い。
2018年04月04日 09:13撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道がいくつも分岐していくが、ここは右へ、古いコンクリ橋だ。それを詰めていく。今まで伐採されているので見とうしは良い。
林道が尽きて10分程直登。目的の尾根筋の鞍部に着く。
 
2018年04月04日 09:37撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道が尽きて10分程直登。目的の尾根筋の鞍部に着く。
 
疲れてきたら勝手にピーク近しと思うがそれなりにまだまだあった。
2018年04月04日 10:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れてきたら勝手にピーク近しと思うがそれなりにまだまだあった。
予定したコースで天ヶ岳(778M) もう少し先になると大原の先の小出石からシャクナゲ尾根を辿るルートが人気になる。今日はただ一人。。
2018年04月04日 11:10撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定したコースで天ヶ岳(778M) もう少し先になると大原の先の小出石からシャクナゲ尾根を辿るルートが人気になる。今日はただ一人。。
2
早速鞍馬へのルートへ三回目か?尾根筋の距離は長い。下り一方で途中の小さいピークは25千では忠実に辿っておりが実際は巻いている
2018年04月04日 12:23撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速鞍馬へのルートへ三回目か?尾根筋の距離は長い。下り一方で途中の小さいピークは25千では忠実に辿っておりが実際は巻いている
鞍馬駅へのルートは採らず静原へ。
2018年04月04日 12:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍馬駅へのルートは採らず静原へ。
水谷コースになっている。レスキューポールもあるが、全くの荒れた谷筋。倒木、小さいがけ崩れ、全く整備されていない。それほど危険はないが・・・
只この道を辿ると静原に出る。そこから大原か叡電の市原に出るのは車道歩きがそれなりにあり不人気の様だ。
2018年04月04日 13:09撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水谷コースになっている。レスキューポールもあるが、全くの荒れた谷筋。倒木、小さいがけ崩れ、全く整備されていない。それほど危険はないが・・・
只この道を辿ると静原に出る。そこから大原か叡電の市原に出るのは車道歩きがそれなりにあり不人気の様だ。
途中で鞍馬(京都トレールと自然歩道)への道に出くわす。
2018年04月04日 13:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で鞍馬(京都トレールと自然歩道)への道に出くわす。
車道に出でる前人家の石垣の下にある△による。△(谷ヶ市:207,2M)
2018年04月04日 13:44撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に出でる前人家の石垣の下にある△による。△(谷ヶ市:207,2M)
車道に出る。もう一つの岩倉へのルートを辿る予定だ。疲れもあり迷ったが頑張る。
2018年04月04日 14:10撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に出る。もう一つの岩倉へのルートを辿る予定だ。疲れもあり迷ったが頑張る。
1
静原と岩倉を結ぶ昔からの道だったようだ。標識もあり道も確りとしている。
2018年04月04日 14:22撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静原と岩倉を結ぶ昔からの道だったようだ。標識もあり道も確りとしている。
車を使わず京都市街から便利な地域だ。瓢箪崩、箕ノ裏ヶ岳を尾根で辿る道だ。個々には登っているが結ぶルートは歩いていない。いずれ又・・
2018年04月04日 14:31撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車を使わず京都市街から便利な地域だ。瓢箪崩、箕ノ裏ヶ岳を尾根で辿る道だ。個々には登っているが結ぶルートは歩いていない。いずれ又・・
ジグザグの道を下り林道に出る。後はトコトコ岩倉へ。住宅街を抜けるのはかなりの距離で通り雨に会う。
2018年04月04日 14:51撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジグザグの道を下り林道に出る。後はトコトコ岩倉へ。住宅街を抜けるのはかなりの距離で通り雨に会う。
落花盛ん 水もにびっしりと浮かぶ桜花
2018年04月04日 16:12撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落花盛ん 水もにびっしりと浮かぶ桜花
1
地下鉄国際会議場乗り場
2018年04月04日 16:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地下鉄国際会議場乗り場
1
撮影機材:

感想/記録

天ヶ岳は何回か登っている。北山にしては割と交通の便は良く登られている。今までは一般ルートで登っていた。ネットを参考に藪ルートで辿る。標識、テープ、踏み跡はないが尾根筋を外さなければ間違う事は無い。昔からの北山愛好者のルートだ。
訪問者数:356人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ