また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1420686 全員に公開 雪山ハイキング東海

銚子ヶ峰−願教寺山周回 ---> 銚子ヶ峰ピストン

日程 2018年04月03日(火) 〜 2018年04月04日(水)
メンバー , その他メンバー3人
天候初日 -- 晴れ
二日目-- 曇り 時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間30分
休憩
30分
合計
6時間0分
S白山中居神社08:3011:00石徹白登山口11:3011:50石徹白の大杉14:30神鳩ノ宮避難小屋
2日目
山行
5時間40分
休憩
40分
合計
6時間20分
神鳩ノ宮避難小屋05:0005:50母御石06:20銚子ヶ峰07:20神鳩ノ宮避難小屋07:4009:20石徹白登山口09:4011:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
稜線に巨大クラック多数。
その他周辺情報満天の湯
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

雪代を集めて速し 石徹白川。  いい雰囲気です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪代を集めて速し 石徹白川。  いい雰囲気です。
1
所々 路面が出てますが まだまだ沢山の残雪。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々 路面が出てますが まだまだ沢山の残雪。
林道の斜面を行く相棒達。 落ちたらただでは済まない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の斜面を行く相棒達。 落ちたらただでは済まない。
1
山にも春が・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山にも春が・・・
約2.5時間、グズグズの雪に苦戦して やっと登山口着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約2.5時間、グズグズの雪に苦戦して やっと登山口着。
相変わらずの存在感です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらずの存在感です。
日本海に近い山は ブナがいっぱい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本海に近い山は ブナがいっぱい。
1
グズグズの雪で疲れたので 腰掛けたい・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グズグズの雪で疲れたので 腰掛けたい・・・
1
風もなくいい天気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風もなくいい天気。
背中に見えるは願教寺山かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背中に見えるは願教寺山かな?
小屋到着。(14:30)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋到着。(14:30)
1
春ですね〜、 暮れなずんでいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春ですね〜、 暮れなずんでいます。
2
朝、 母御石手前まで上がってきました。大きなクラックが入って少々危険。 後ろの黒いのが母御石。 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝、 母御石手前まで上がってきました。大きなクラックが入って少々危険。 後ろの黒いのが母御石。 
高さが3mぐらい。右側はもう少しすると崩落するかも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高さが3mぐらい。右側はもう少しすると崩落するかも。
母御石の上まで上がってきました。 黒い雲が垂れ下がっています。風はないけれど あまりいい天気ではなく 行き先も雲の中。この後 山頂まで行って視界も悪くなって撤退決定。(山頂もガスで全く展望なし)

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
母御石の上まで上がってきました。 黒い雲が垂れ下がっています。風はないけれど あまりいい天気ではなく 行き先も雲の中。この後 山頂まで行って視界も悪くなって撤退決定。(山頂もガスで全く展望なし)

小屋まで降り、 ゆっくりコーヒーブレークをして・・・。 少し 青空がのぞいていた。でも 安全第一で 悔いはなし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋まで降り、 ゆっくりコーヒーブレークをして・・・。 少し 青空がのぞいていた。でも 安全第一で 悔いはなし。
1
長い同じ林道の斜面を帰るのは チョットつまんない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い同じ林道の斜面を帰るのは チョットつまんない。
往には見た覚えのない 石徹白の”玉子石”。 絶妙のバランスだ。 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往には見た覚えのない 石徹白の”玉子石”。 絶妙のバランスだ。 
キクザキイチゲが法面に咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キクザキイチゲが法面に咲いていた。

感想/記録

仲間より4月5-6日で 銚子ヶ峰-願教寺の周回登山(神鳩ノ宮泊)に誘われていたが、 天気が怪しいということで3-4日に繰り上げて山行実施した。4日の天候も怪しかったが ダメなら銚子ヶ峰までと云う事で出掛けたが、 強烈に暖かいというより 暑い日になってしまい、 雪ぐされを心配したが 案の定であった。
神社から登山口の除雪作業が行われており、 今週中ぐらいに終了とのこと。 ・・・だけれどもまだ山側の雪の状態が不安定なのでおそらくすぐには通行の許可は出ないであろうと思われる。 私たちが入った日は1/3ぐらいまで除雪されており、 翌日には半分以上は終わっていた。
登山口までツボ足で歩き 登山口よりアイゼンを使用した。 全行程で雪ぐされのため くるぶしまで沈み込みがあり、 体力を奪われ、 アイゼンを効かしてサクサクと歩くと云う目論見は完全にはずれた。
それでも順調に歩けたが とにかく暑く、 半袖Tシャツで歩いたが、 それでも暑かった。
同行者3人とも健脚ぞろいで、 私は必至のパッチで付いてゆくのに精いっぱいで、 しかも私は汗かきで途中からは足がつりそうになり大変だった。
しかし すでに銚子ヶ峰には数回上がっているが、 この早春の林道が不通の時期は初めてであり、青葉の広がった時期とは全く違う景色は素晴らしかった。 (霞がきつく 遠望が効かなかったのは残念だったけれど・・・) 
ほぼ予定通り 14:30に 神鳩ノ宮避難小屋に到着、 早速コーヒーを皆でいただき しばし歓談。
夕食に 皆で鍋を突っつき 19;00頃には就寝。 小屋は相変わらずとてもきれいで快適。(ここにお世話になるのは2回目) 夜、9:00頃 外に出てみると満点の星で ひょっとしたら明日も好天かと思われたが、3:30起床してみると かなり雲が広がっていた。 ともかく朝食を済ませ 5:00に出発し 銚子ヶ峰に向かう。 風もなく 相変わらず あたたかく、雪も朝からグズグズ。 初めから2人はワカン、 一人はアイゼン、もう一人はスノーシューで出発。
小屋辺りからも見えていたが 母御石の手前で 雪に大きくクラックが入って少々危険な状態。先頭の一人は私がそこに着く前に 右の急斜面をトラバースしていってしまった。私はまだ大丈夫そうな左のクラックの間を抜け露出した笹の急斜面を数メートルよじ登って母御石の上に出た。 雨が降ったり 暖かさでもう少し雪が緩むとこのクラックから下の雪が崩落するかもしれない危険な状態だった。
ほどなく銚子ヶ峰の頂に到着。 しかし 残念にもガスが広がり全く展望はなかった。
この先の周回路にも大きなクラックがあると思われ、 ガスで視界が無い状態では先に進むのは危険と思われ、 また周回路は長いので緩んだ雪の上を歩く体力も心配ということで 残念だが ここで撤退を決めた。 小屋まで戻り、 のんびりとコーヒーブレークを楽しんで 景色を愛でながら下ったが 下りの林道歩きが結構堪えた。 久々のグループ登山で楽しかった。
訪問者数:397人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ