また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1420867 全員に公開 ハイキング奥秩父

和名倉山〜ナシ尾根と二瀬尾根の周回

日程 2018年04月05日(木) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
埼大山寮に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間19分
休憩
22分
合計
7時間41分
S埼玉大学秩父山寮07:0408:26大洞ダム08:3310:14尻無ノ頭11:48和名倉山11:5712:09二瀬分岐(二瀬・山頂・仙波方面)12:20北ノタル13:24造林小屋跡13:2613:58反射板14:0214:40大洞橋14:45埼玉大学秩父山寮G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
埼大山寮 →大洞ダムまで5.6km 1時間20分
消費した水 約200ml(沢水のみ)
食べたもの レーズンサンド×2 あんぱん×1 おにぎり×1 柿の種 1000kcal
コース状況/
危険箇所等
(概要)ナシ尾根はスズタケの藪と倒木のオンパレード
大洞ダムを越えるとすぐに急登が待ち構えている。
トレースはあったもののすぐに消えた。
下りに使う場合はピンポイントでダム湖の橋に着かなければならないのでGPSがないと非常に辛い。
逸れてしまうと対岸に渡れない。急斜面なので横切るのもほぼ無理だろう。
藪はないので急斜面でも歩きやすい。

1400m付近にある枯れたスズタケの広場より上が特にひどい。楽なところがあるのを期待したが山頂までほぼ同じ状況。
マークリボンも多くぶら下がっているが、ほとんど信用できない。
本来なら尾根伝いが歩きやすいが、それに拘ることはなくやや外した方が藪や倒木が少ないときもある。 とにかくスズタケの藪と倒木に挑まないようにするのがポイント。

その他周辺情報武甲温泉(横瀬駅近く) 700円(+100円)・・ 貴重品ロッカーは100円
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

4月4日川越駅 仕事を終えてやってきました。
ここからレンタカーで出発です
2018年04月04日 21:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4月4日川越駅 仕事を終えてやってきました。
ここからレンタカーで出発です
1
秩父湖バス停 6時39分発三峰口行きのバス・・ 空気を運んで出発でした。
2018年04月05日 06:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父湖バス停 6時39分発三峰口行きのバス・・ 空気を運んで出発でした。
2
埼玉大学秩父山寮 建物前の駐車場は閉鎖されていましたが、隣に3〜4台停められる駐車場は開いていました。
2018年04月05日 07:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
埼玉大学秩父山寮 建物前の駐車場は閉鎖されていましたが、隣に3〜4台停められる駐車場は開いていました。
1
尖った山が気になる 「芋堀ドッケン」でしょうか?
2018年04月05日 07:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尖った山が気になる 「芋堀ドッケン」でしょうか?
1
サメ沢ゲート ここまでクルマで入れます。
2012年の地図ではもっと奥まで入れたようだが・・ ここまで埼大山寮から5.6km 1時間10分。
2018年04月05日 08:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サメ沢ゲート ここまでクルマで入れます。
2012年の地図ではもっと奥まで入れたようだが・・ ここまで埼大山寮から5.6km 1時間10分。
1
モノレール基地が見えてきた。
2018年04月05日 08:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノレール基地が見えてきた。
大洞ダムを渡ります。 無人だけれどカメラが付いていて監視されているだろうけど。
2018年04月05日 08:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大洞ダムを渡ります。 無人だけれどカメラが付いていて監視されているだろうけど。
2
下ノ廊下みたいだ。
2018年04月05日 08:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ノ廊下みたいだ。
4
横に逃げたのが良くなかった 結局は獣道でした
2018年04月05日 08:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横に逃げたのが良くなかった 結局は獣道でした
一応登山道あります 夜だと分からないでしょう。
2018年04月05日 08:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応登山道あります 夜だと分からないでしょう。
倒木多し 
2018年04月05日 09:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木多し 
2
小枝に足を引っかけて転ぶ・・ 左手を負傷
2018年04月05日 09:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小枝に足を引っかけて転ぶ・・ 左手を負傷
1
スズタケの広場 これは圧巻でした。
こんなの見たことがないけど、全てが生き返ったら・・と思うとゾッとする。
2018年04月05日 09:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スズタケの広場 これは圧巻でした。
こんなの見たことがないけど、全てが生き返ったら・・と思うとゾッとする。
7
確か雲取からの下山時にも良く見えたところだと思いますが、スズタケの広場だったのですね
2018年04月05日 09:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確か雲取からの下山時にも良く見えたところだと思いますが、スズタケの広場だったのですね
3
楽勝なように見えますが、スズタケに顔や手が引っかかれます。
2018年04月05日 10:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽勝なように見えますが、スズタケに顔や手が引っかかれます。
4
馬酔木ですが、小枝に見えてけっこう邪魔。 こんなのが延々に続きます。
2018年04月05日 10:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬酔木ですが、小枝に見えてけっこう邪魔。 こんなのが延々に続きます。
ここはマシな方ですが、これでもスズタケが鬱陶しい。
2018年04月05日 10:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはマシな方ですが、これでもスズタケが鬱陶しい。
夏に歩いたらどうなるのか・・ 体力と服が破れるだけかな
2018年04月05日 10:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏に歩いたらどうなるのか・・ 体力と服が破れるだけかな
行く手を阻まれた・・ 潜ったり逸れたりと忙しい。
2018年04月05日 10:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行く手を阻まれた・・ 潜ったり逸れたりと忙しい。
1
和名倉山が近い(これは前衛の山です)
2018年04月05日 10:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和名倉山が近い(これは前衛の山です)
2
ここでの作業を見てみたい
作業員はケーブルで毎日あがったのでしょう
2018年04月05日 11:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでの作業を見てみたい
作業員はケーブルで毎日あがったのでしょう
3
山頂が近いといえこの状況 楽に登らせてもらえません。
2018年04月05日 11:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が近いといえこの状況 楽に登らせてもらえません。
仁田小屋の道標 次回はこちら方面に下ってみたい。
2018年04月05日 11:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁田小屋の道標 次回はこちら方面に下ってみたい。
4
ようやく山頂・・ 格闘すること3時間半でした。
ダム湖から標高差1300mなので藪を考慮して3時間くらいかなあ と考えていたがほぼ予想通り。
2018年04月05日 11:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく山頂・・ 格闘すること3時間半でした。
ダム湖から標高差1300mなので藪を考慮して3時間くらいかなあ と考えていたがほぼ予想通り。
10
和名倉山から先は一般登山道です 去年5月に歩いているので余裕です。
2018年04月05日 12:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和名倉山から先は一般登山道です 去年5月に歩いているので余裕です。
1
大きな大木が行く手を阻む これを乗り越えるだけで手間です。
2018年04月05日 12:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな大木が行く手を阻む これを乗り越えるだけで手間です。
造林小屋跡で休憩・・ 水をすくって飲みました。
2018年04月05日 13:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
造林小屋跡で休憩・・ 水をすくって飲みました。
3
トロッコ軌道の崩壊現場 余裕で突破できます。
2018年04月05日 13:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トロッコ軌道の崩壊現場 余裕で突破できます。
見えにくいですが、尖った山は芋堀ドッケンでしょうか
2018年04月05日 14:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えにくいですが、尖った山は芋堀ドッケンでしょうか
反射板跡から770m標高差がありますが、40分で下り終えた。
2018年04月05日 14:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反射板跡から770m標高差がありますが、40分で下り終えた。
3
今回のレンタカー お疲れさまでした
2018年04月05日 14:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のレンタカー お疲れさまでした
4
天候調査 午前6時 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天候調査 午前6時 
1
天候調査 夕方5時
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天候調査 夕方5時
秩父市内(横瀬が最寄り駅)のへ あまりにもヤバかったので。
2018年04月05日 16:02撮影 by F-02H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父市内(横瀬が最寄り駅)のへ あまりにもヤバかったので。
1

感想/記録

和名倉山なんて2回目はないなあ
と思っていたが、唐松尾山からみたカバアの頭の景色を思い出しそれの予行演習という位置づけで実施

ナシ尾根はスズタケの藪が‥ のコメントが目立つ尾根だが、僕もスズタケの藪との格闘に終始した。
とにかく踏まれていないので登りにくい。
スズタケの藪も邪魔だが、倒木を跨いだり潜ったり右にも左にも行けない馬酔木の枝。
それらがこれぼど影響した山登りは初めてだった。
経験した登山道がない山々の代表格は五老峰や光岳(池口岳経由し)だが、いずれも藪は限定的だし踏み跡は一時的に失ってもすぐに復活した。
言ってみりゃこれらが合わさったものが延々に続く感じ。

東京から近い山で藪漕ぎ経験ができる貴重な山かもしれない。 もっとルートファイの経験を積んでみたい。

訪問者数:787人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ