また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1423781 全員に公開 ハイキング赤目・倶留尊高原

屏風岩公苑の桜と住塚山・国見山

日程 2018年04月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
屏風岩公苑駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間3分
休憩
27分
合計
2時間30分
S屏風岩公苑14:5015:42住塚山15:4515:56ゼニヤタワ15:5816:13国見山16:1716:30ゼニヤタワ17:02屏風岩公苑17:2017:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
◆住塚山・国見山の前に登った大洞山・尼ヶ岳
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1423780.html
◆2015年11月の住塚山・国見山
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-771926.html
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

屏風岩公苑を訪れると、葉桜が目立った三多気の桜とは異なり、こちらはまだまだ見頃のようです。
2018年04月08日 14:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩公苑を訪れると、葉桜が目立った三多気の桜とは異なり、こちらはまだまだ見頃のようです。
3
高さ200mの柱状節理の大岩壁を、薄紅色の繊細なグラデーションを伴ってヤマザクラが彩る様子は何とも見事。芝草の広がる園内をそぞろ歩き、
2018年04月08日 14:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高さ200mの柱状節理の大岩壁を、薄紅色の繊細なグラデーションを伴ってヤマザクラが彩る様子は何とも見事。芝草の広がる園内をそぞろ歩き、
2
鈴なりのアセビ越しにヤマザクラの古木を仰ぎ見て、
2018年04月08日 15:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴なりのアセビ越しにヤマザクラの古木を仰ぎ見て、
1
断崖絶壁を前に咲き競うミツバツツジとヤマザクラの眺めを楽しみます。
2018年04月08日 15:02撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
断崖絶壁を前に咲き競うミツバツツジとヤマザクラの眺めを楽しみます。
2
ひとしきり桜を鑑賞すると、住塚山を目指して急登に取り付きます。屏風岩頂上への分岐を過ぎて、
2018年04月08日 15:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひとしきり桜を鑑賞すると、住塚山を目指して急登に取り付きます。屏風岩頂上への分岐を過ぎて、
小刻みなアップダウンを経て、住塚山の頂上に到着します。
2018年04月08日 15:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小刻みなアップダウンを経て、住塚山の頂上に到着します。
2
この先は尾根伝いに国見山に向かいます。尾根の右手の斜面には雪がちらほらと。幹越しに国見山を眺めながら緩やかに下って、
2018年04月08日 15:53撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は尾根伝いに国見山に向かいます。尾根の右手の斜面には雪がちらほらと。幹越しに国見山を眺めながら緩やかに下って、
ゼニヤタワに降り立ち、
2018年04月08日 15:56撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゼニヤタワに降り立ち、
岩尾根を登り返します。ロープが張られた痩せ尾根を登り詰め、
2018年04月08日 16:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩尾根を登り返します。ロープが張られた痩せ尾根を登り詰め、
足下を見やれば、これは何スミレ?
2018年04月08日 16:10撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足下を見やれば、これは何スミレ?
1
見晴らしの良い国見山の頂上に到着します。
2018年04月08日 16:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしの良い国見山の頂上に到着します。
1
北方に広がるのは名張市街。東方にかけて見渡すと、兜岳、鎧岳の先に俱留尊山。その左肩越しには午前中に登った尼ヶ岳が見え隠れしています。
2018年04月08日 16:14撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方に広がるのは名張市街。東方にかけて見渡すと、兜岳、鎧岳の先に俱留尊山。その左肩越しには午前中に登った尼ヶ岳が見え隠れしています。
1
さらに南方へと目を移し、住塚山の彼方に台高・大峰の山々を見渡します。ひと息ついたら国見山の頂上を後にして、
2018年04月08日 16:14撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに南方へと目を移し、住塚山の彼方に台高・大峰の山々を見渡します。ひと息ついたら国見山の頂上を後にして、
1
ゼニヤタワまで引き返して左折し、作業道を下ると林道に出合い、
2018年04月08日 16:35撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゼニヤタワまで引き返して左折し、作業道を下ると林道に出合い、
過ぎの植林の中を登り返して若宮峠に達します。
2018年04月08日 16:50撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
過ぎの植林の中を登り返して若宮峠に達します。
この先は屏風岩の断崖を急降下して、
2018年04月08日 16:56撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は屏風岩の断崖を急降下して、
夕暮れ時の屏風岩公苑に戻ってきました。西から挿し込む夕陽を浴びてヤマザクラがキラキラと輝き、
2018年04月08日 17:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れ時の屏風岩公苑に戻ってきました。西から挿し込む夕陽を浴びてヤマザクラがキラキラと輝き、
1
柱状節理の大岩壁は陰影を際立たせて迫力を増します。
2018年04月08日 17:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柱状節理の大岩壁は陰影を際立たせて迫力を増します。
3
昼過ぎに眺めた際とはまた違った印象を見せる夕映えのヤマザクラ。
2018年04月08日 17:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼過ぎに眺めた際とはまた違った印象を見せる夕映えのヤマザクラ。
1
断崖絶壁とヤマザクラが織り成す情景に目を奪われます。
2018年04月08日 17:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
断崖絶壁とヤマザクラが織り成す情景に目を奪われます。
1
芝草の上にヤマザクラの古木が長い影を落とす園内を散策し、
2018年04月08日 17:18撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝草の上にヤマザクラの古木が長い影を落とす園内を散策し、
1
名残りの桜を愛でるのでした。
2018年04月08日 17:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残りの桜を愛でるのでした。
2
撮影機材:

感想/記録

 午前中に訪れた三多気の桜は落花盛んで葉桜が目立ち、消化不良となってしまったので、引き続き、屏風岩公苑の咲き具合を確かめに行くこととします。するとどうでしょう、こちらはまだまだ見頃。ひとしきり桜を鑑賞してから住塚山、国見山を巡って夕暮れ時の屏風岩公苑に戻ってくると、屏風岩の大岩壁と夕映えのヤマザクラが醸し出す情景は見事で、訪れた甲斐がありました。
訪問者数:245人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ