また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1428059 全員に公開 ハイキング丹沢

丹沢湖北東部山域(ヘイロク沢左岸尾根から弥七沢ノ頭)

日程 2018年04月13日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:新松田駅から西丹沢行バスで学校入口バス停下車。
帰り:玄倉バス停から谷峨駅へ出て、JRに乗り継いで小田急線新松田駅へ。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間48分
休憩
29分
合計
5時間17分
Sスタート地点(学校入口BS)09:2209:25山北町役場三保支所09:3209:54登山口(尾根取付き)11:03戸沢ノ頭11:0611:25遠見山11:2611:35フナクボ(船窪・デエロ)11:47大杉山11:5612:05小割沢ノ頭(栗ノ丸)12:0612:15小割沢乗越(小割沢打越)12:53橅ノ平12:5513:01弥七沢乗越(弥七沢打越)13:05弥七沢ノ頭(ヤシチ沢ノ頭・トキオ山)13:1113:53仲ノ沢林道14:10小川谷出合(白井平)14:39ゴール地点(玄倉BS)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
殆どの区間がバリエーションルート。

■ヘイロク沢左岸尾根への取付き初っ端は踏み跡不明瞭だが上を目指せば問題なし。
■大杉山から956m点の区間では痩せ尾根、ザレ場などあり、過去に死亡事故、遭難騒ぎがあった由だが、注意して登れば問題なし。
■弥七沢ノ頭からの南東尾根の下りはテープありルートミスの心配はないと思われる。
仲ノ沢林道に下り立つ直前はまごつきやすい感じだが、テープが導いてくれる。

過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

車窓から丹沢湖。対岸の大きな擁壁の右橋付近が登山口になる。
2018年04月13日 09:11撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車窓から丹沢湖。対岸の大きな擁壁の右橋付近が登山口になる。
学校入口バス停下車。
2018年04月13日 09:17撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
学校入口バス停下車。
バス車窓からみた大きな擁壁
2018年04月13日 09:53撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス車窓からみた大きな擁壁
この石段から尾根に取りつく。
2018年04月13日 09:53撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この石段から尾根に取りつく。
2
475m点付近
2018年04月13日 10:14撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
475m点付近
620m圏辺りから低いネットフェンス現る。
2018年04月13日 10:44撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
620m圏辺りから低いネットフェンス現る。
ミツマタ
2018年04月13日 10:49撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツマタ
戸沢ノ頭
2018年04月13日 11:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸沢ノ頭
戸沢ノ頭山名標
2018年04月13日 11:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸沢ノ頭山名標
1
息抜き、癒し。
2018年04月13日 11:13撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息抜き、癒し。
遠見山。ピークらしくない。
2018年04月13日 11:22撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠見山。ピークらしくない。
845m点(小割沢ノ頭) 山名標は分からず。
2018年04月13日 12:05撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
845m点(小割沢ノ頭) 山名標は分からず。
この辺痩せ尾根
2018年04月13日 12:17撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺痩せ尾根
慎重に通過した
2018年04月13日 12:41撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に通過した
956m点付近
2018年04月13日 12:52撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
956m点付近
低いネットフェンス現る。
2018年04月13日 13:25撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低いネットフェンス現る。
林道着地はもうすぐ。黄色のテープが目印。
2018年04月13日 13:46撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道着地はもうすぐ。黄色のテープが目印。
ここで林道に下り立った。鬘につかまり擁壁をズリ下りた。
2018年04月13日 13:53撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで林道に下り立った。鬘につかまり擁壁をズリ下りた。
1
アトピー性皮膚炎が治ったといわれる水場。
2018年04月13日 14:04撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アトピー性皮膚炎が治ったといわれる水場。
ゴールの玄倉バス停はすぐそこ。
2018年04月13日 14:37撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールの玄倉バス停はすぐそこ。
ユーシンへは通行できないとの告知あり。
2018年04月13日 14:38撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユーシンへは通行できないとの告知あり。
撮影機材:

感想/記録

■「バリエーションハイキング」に掲載の丹沢湖北東部の山域の(ヘイロク沢左岸尾根から弥七沢ノ頭)のルートを歩くことにした。このルートのうち、大杉山から弥七沢ノ頭の区間は、10年前に「静かなる尾根歩き」掲載のコースで中川橋BSから箒沢公園橋BSまで歩いた時のと被る。その時の弥七沢ノ頭は956m点のところとされていた。今回の掲載地図略図では956m点から2つ先のコブが弥七沢ノ頭となっている。山名標に従ったものとなっているが辺りをざっと探してみたが山名標を見つけることは出来なかった。

■今日歩いたルートでは殆ど展望は望めなかったが、大杉山も広く見晴らしはない。ここから先の尾根道は10年前に間違いなく歩いているのだが、殆ど全くと言ってよいほど道に記憶がない。この大杉山から弥七ノ頭までの区間は痩せ尾根、緊張を要する個所などもあり、この辺りでは過去に死亡事故や遭難騒ぎもあった由で記憶のかけら位あってもいいと思うのだが。
訪問者数:161人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 ザレ 左岸 水場 遭難 簡易標識 ノ頭
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ