また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1429575 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

東洋一の大雪庇!守門岳!

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間23分
休憩
12分
合計
7時間35分
Sスタート地点07:1609:09保久礼小屋09:0909:54キビタキ避難小屋09:5410:49天狗岩屋清水10:5411:05大岳11:1311:37天狗岩屋清水11:3712:37キビタキ避難小屋12:3712:55保久礼小屋12:5514:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
07:16 スタート(0.00km) 07:16 - その他(6.22km) 11:22 - ゴール(12.40km) 14:51
コース状況/
危険箇所等
除雪終点の駐車スペースを目指し、朝6時半頃に到着したが駐車スペースから10台ほど路上駐車が伸びていた。その最後尾にこちらも駐車。その後も続々と路駐の列が伸びていった。登山口での路駐は緊急車両の妨げになると思うので普段はしないが、ここはどん詰まりなのでまあ問題ないのかな、と自分を納得させる。車を停めたのが「除雪終点」なので、以降はずっと雪道。この日の時点では大量の雪があり、下草の露出は一切なし。朝は雪がしまっていてあるきやすかったが、下山時には気温もあがり、だいぶゆるくなって踏み抜き多数、歩き辛いことこの上なし。正確には守門岳の山頂には行っておらず、大岳山頂まで。滑落や雪崩の危険個所はほとんどないが、前半は巨大なツリーホールがいくつかあるので、誤って落ちたら大変だと思われる(ひとりで登る自信はない)。山頂では雪庇の踏み抜きに注意が必要。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

登山口より、遥か先の守門岳を眺める。。。遠い。。。
2018年03月03日 07:44撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口より、遥か先の守門岳を眺める。。。遠い。。。
1
登ってる最中、振り返れば越後駒ヶ岳や八海山が常に見えます。
2018年03月03日 08:46撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってる最中、振り返れば越後駒ヶ岳や八海山が常に見えます。
2
この日は快晴。空に向かって登る感じがすごく好きです。
2018年03月03日 10:52撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日は快晴。空に向かって登る感じがすごく好きです。
1
東洋一といわれている守門岳の大雪庇。この翌週にはずいぶん崩れてしまったようだ。本当はこの写真の方向に縦走していく予定だったが、時間がないのでパスした。
2018年03月03日 11:40撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東洋一といわれている守門岳の大雪庇。この翌週にはずいぶん崩れてしまったようだ。本当はこの写真の方向に縦走していく予定だったが、時間がないのでパスした。
3

感想/記録
by YutaY

何とか雪庇が大きいうちに守門岳に来られてよかった。晴れると日中は暑い時期になってきた。厳冬期は終わり、春山の時期になってきた。
下山後は寿和温泉で入浴した。公営の施設と思われる。建物は立派だが泉質は微妙かも。。。
夜は小出インター近くの道の駅で車中泊。今季、冬用シュラフを購入したが結局テント泊では使用できておらず、車中泊で初めて使うことになった。
訪問者数:50人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ