また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1429800 全員に公開 山滑走甲信越

針ノ木雪渓

日程 2018年04月16日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間5分
休憩
58分
合計
7時間3分
Sスタート地点06:5008:16大沢小屋08:2110:07マヤクボ沢分岐10:3012:30マヤクボのコル13:0013:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪渓上部ノドにデブリあり
その他周辺情報大町温泉郷 薬師の湯(JAF割で100円引き600円)

写真

沢に下りて最初の堰堤
右奥に大沢小屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢に下りて最初の堰堤
右奥に大沢小屋
2
アイゼン装着して同行者待ち
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼン装着して同行者待ち
2
針ノ木峠と蓮華岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木峠と蓮華岳
5
マヤクボのコルまで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マヤクボのコルまで
2

感想/記録

総合案内センター裏からシールで登り始める。初めは木の中を進み、堰堤を巻いて篭川に降りる。そこからは広い雪渓をひたすら登る。ノドの部分でデブリがあり、急斜面で狭いので板を担いでデブリの中を歩いた、クトーがあれば登れそう。
針ノ木峠との分岐からアイゼンを装着してマヤクボ沢へ。雪面は柔らかく登りやすいが、板を担いでの急斜面で体力は消耗。針ノ木岳山頂は諦め、マヤクボのコルを目指すことに。
雪面はフィルムクラストで最高の雪で滑りやすい。大沢小屋辺りまではストップ雪もガタガタもなく快適。そこからは雪面もガタガタになり、右岸を意識してお帰りの為の滑走。
雨や寒さの影響もなく快適な滑走でした〜
訪問者数:732人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 雪渓 右岸 コル 堰堤
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ