また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1431583 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

◆長沢背陵をめぐる 、大ダワ林道〜雲取山〜芋ノ木ドッケ↓二軒小屋尾根◆奥多摩バリエーション◆

日程 2018年04月19日(木) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八丁橋駐車スペース。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間23分
休憩
1時間25分
合計
10時間48分
S八丁橋06:0606:53大ブナ別れ07:06富田新道入口10:47大ダワ10:5911:22雲取山荘11:2911:52雲取山12:0112:18雲取山荘12:1912:31大ダワ13:0713:46芋ノ木ドッケ13:5814:36モミソの頭14:3715:50富田新道入口16:02大ブナ別れ16:45八丁橋16:5216:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・・・最初に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回報告させていただいた大ダワ林道は廃道です。奥多摩だからと馬鹿にできません!だれも責任はとれませんので近況の資料程度で御閲覧してください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<登り 大ダワ林道>
ルートの8割くらいは崩落や土砂の堆積による不明瞭の連続でルーファイも必要です。イメージ以上に緊張感はございますので経験豊富な方が望ましいでしょう。
少しくらいならと考える方はやめた方がいいでしょう。

<長沢背陵区間は一般ルートですので特に不安はございません。>

<降り 二軒小屋尾根>
今回は降りで利用いたしましたがピンクテープ、赤テープがとても充実しており結構あてになります。テープ便りでも十分対応できますがおやっ?と思ったらすぐ自分の位置を確認できる準備だけは必須です。その程度で森林深さを堪能できます。バリエーションルート練習にいいのではないでしょうか。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

奥多摩小屋閉鎖のお知らせが各所に貼っています。
残念ですね。これからテン泊はどうなるのでしょうか?
2018年04月19日 05:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩小屋閉鎖のお知らせが各所に貼っています。
残念ですね。これからテン泊はどうなるのでしょうか?
本日は八丁橋駐車スペースより出発です。
2018年04月19日 06:03撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は八丁橋駐車スペースより出発です。
唐松谷林道分岐、あともう少し。
2018年04月19日 07:06撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松谷林道分岐、あともう少し。
今回のルート、大ダワ林道がちゃんと記載されています。
2018年04月19日 07:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のルート、大ダワ林道がちゃんと記載されています。
やっと日原林道も終わりです。
2018年04月19日 07:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと日原林道も終わりです。
長沢谷へ下降します。
2018年04月19日 07:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長沢谷へ下降します。
スゲー!ちゃんと橋がある。何度も掛けては流されの繰り返しでしたが今度はどうでしょうか?
2018年04月19日 07:27撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スゲー!ちゃんと橋がある。何度も掛けては流されの繰り返しでしたが今度はどうでしょうか?
今回のルート分岐に到着。
2018年04月19日 07:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のルート分岐に到着。
左、大ダワ林道。まっすぐ、二軒小屋尾根。
2018年04月19日 07:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左、大ダワ林道。まっすぐ、二軒小屋尾根。
ゴンエ尾根、取り付き下降地点。
2018年04月19日 07:44撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンエ尾根、取り付き下降地点。
以前よりも道の荒廃が進んでいますがまだ山道として認識できるレベル。
2018年04月19日 07:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前よりも道の荒廃が進んでいますがまだ山道として認識できるレベル。
大崩落地点手前トラロープ着。以前はまっすぐ行きましたが、
2018年04月19日 08:05撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大崩落地点手前トラロープ着。以前はまっすぐ行きましたが、
今回はトラロープの山側、テープ箇所細尾根沿いを大きく高巻きます。
2018年04月19日 08:11撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回はトラロープの山側、テープ箇所細尾根沿いを大きく高巻きます。
テープが何か所も付いているのでそれに沿って手を使って登っていきます。
2018年04月19日 08:14撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープが何か所も付いているのでそれに沿って手を使って登っていきます。
テープ沿いに途中から横移動すると崩落個所の上部まで来て見下ろす形になります。
2018年04月19日 08:16撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープ沿いに途中から横移動すると崩落個所の上部まで来て見下ろす形になります。
今度は下降点ですが横移動するとトラロープが張ってあり、ここまでくると行きすぎ。手前の細尾根にテープが付いているので手を使って下降します。
2018年04月19日 08:17撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は下降点ですが横移動するとトラロープが張ってあり、ここまでくると行きすぎ。手前の細尾根にテープが付いているので手を使って下降します。
下降ルートにも複数テープが巻かれているのでテープ沿いに下降してください。この細尾根の左手側は崩落地帯ギリなので気を付けて。
2018年04月19日 08:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下降ルートにも複数テープが巻かれているのでテープ沿いに下降してください。この細尾根の左手側は崩落地帯ギリなので気を付けて。
つつじがこんなにきれいに咲いているすぐ横は崩落地帯。
2018年04月19日 08:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つつじがこんなにきれいに咲いているすぐ横は崩落地帯。
細尾根を降りきり林道と合流です。トラロープあり。
2018年04月19日 08:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細尾根を降りきり林道と合流です。トラロープあり。
崩落地点を振り向きます。通過時間的に高巻きか?強行突破か?悩むところです。
2018年04月19日 08:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地点を振り向きます。通過時間的に高巻きか?強行突破か?悩むところです。
小雲取出合尾根への取付き下降地点。ここまでの大ダワ林道は土砂の堆積や小崩落はありますがまだ登山道と認識できると思います.........がここから先はヒドくなっていきます。
2018年04月19日 08:37撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雲取出合尾根への取付き下降地点。ここまでの大ダワ林道は土砂の堆積や小崩落はありますがまだ登山道と認識できると思います.........がここから先はヒドくなっていきます。
もうすっかり崩落してます。崩落箇所はいちいち写真撮っていられないほど複数あります。先の道型を見つけ、合わせて崩落個所を進んでいくようになります。
2018年04月19日 08:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすっかり崩落してます。崩落箇所はいちいち写真撮っていられないほど複数あります。先の道型を見つけ、合わせて崩落個所を進んでいくようになります。
崩落してなくても上からの土砂が堆積しており、蹴りこんで進みます。基本、ずっとこんな感じが続きます。
2018年04月19日 08:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落してなくても上からの土砂が堆積しており、蹴りこんで進みます。基本、ずっとこんな感じが続きます。
沢はいっぱいあるので水だけは豊富です。
2018年04月19日 09:08撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢はいっぱいあるので水だけは豊富です。
一部、朽ち果てていますがまだ木道としての機能はかろうじて果たしており、危なかしいながらも通れます。
2018年04月19日 09:36撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一部、朽ち果てていますがまだ木道としての機能はかろうじて果たしており、危なかしいながらも通れます。
1
ハシリドコロという花のようです。
2018年04月19日 09:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハシリドコロという花のようです。
1
本ルート唯一の道標も傾いています。
2018年04月19日 09:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本ルート唯一の道標も傾いています。
道標の対岸を見上げると保安林看板とピンクテープがあり看板の上段にルートがあったようですが崩落しています。適当によじ登り先進みます。
2018年04月19日 09:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標の対岸を見上げると保安林看板とピンクテープがあり看板の上段にルートがあったようですが崩落しています。適当によじ登り先進みます。
ここまでくると通行者がいないせいか道型がとても薄いです。
2018年04月19日 09:52撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでくると通行者がいないせいか道型がとても薄いです。
熊穴窪というポイント。ここは崩落&堆積物のせいで道は全く見当たりません。ルーファイにて進路をとってください。
2018年04月19日 10:05撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊穴窪というポイント。ここは崩落&堆積物のせいで道は全く見当たりません。ルーファイにて進路をとってください。
1
道型が現れました。ここからは最後まで道型はわかりますので大丈夫です。
2018年04月19日 10:19撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道型が現れました。ここからは最後まで道型はわかりますので大丈夫です。
いよいよ大ダワ林道ラストの柵。
2018年04月19日 10:50撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ大ダワ林道ラストの柵。
大ダワ到着!
これで大ダワ林道は終了となります。
2018年04月19日 10:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダワ到着!
これで大ダワ林道は終了となります。
1
ここからはひとまず男坂経由雲取山山頂めざします。
2018年04月19日 10:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはひとまず男坂経由雲取山山頂めざします。
雲取ヒュッテ小屋跡通過。
2018年04月19日 11:12撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取ヒュッテ小屋跡通過。
小屋跡から見る久々の眺望。
2018年04月19日 11:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋跡から見る久々の眺望。
雲取山荘着。若返りの湧き水をがぶ飲みします。
2018年04月19日 11:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山荘着。若返りの湧き水をがぶ飲みします。
三条ダルミ行きの巻道は現在通行禁止です。
2018年04月19日 11:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三条ダルミ行きの巻道は現在通行禁止です。
雲取山頂着ですがここから長沢背陵のスタートです。芋ノ木ドッケへ向かいます。
2018年04月19日 11:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山頂着ですがここから長沢背陵のスタートです。芋ノ木ドッケへ向かいます。
大ダワ着。ここで35分のランチ休憩して先へ進みます。
2018年04月19日 12:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダワ着。ここで35分のランチ休憩して先へ進みます。
1
大木がバンバン倒れているんですね。
2018年04月19日 13:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大木がバンバン倒れているんですね。
長沢背陵らしい道を進み...
2018年04月19日 13:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長沢背陵らしい道を進み...
ちょっとキツ目な坂を上がり...
2018年04月19日 13:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとキツ目な坂を上がり...
白岩山との分岐をすぎて...
2018年04月19日 13:28撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白岩山との分岐をすぎて...
岩交じり...
2018年04月19日 13:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩交じり...
急坂をもうひと登りすると.....
2018年04月19日 13:44撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂をもうひと登りすると.....
芋ノ木ドッケ到着!
2018年04月19日 13:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芋ノ木ドッケ到着!
こっちがてっぺん?
2018年04月19日 13:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちがてっぺん?
本日の長沢背陵の旅はもうおしまい。トラロープを超えて帰路の二軒小屋尾根を降ります。
2018年04月19日 13:56撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の長沢背陵の旅はもうおしまい。トラロープを超えて帰路の二軒小屋尾根を降ります。
最初はちょっと急な下りです。
2018年04月19日 14:02撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はちょっと急な下りです。
少し歩きやすくなると写真左手によりはっきりした尾根が並走しますが正解は右手の緩い尾根。
2018年04月19日 14:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し歩きやすくなると写真左手によりはっきりした尾根が並走しますが正解は右手の緩い尾根。
広い自然林が広がり、山深さを感じます。まだ新芽も出ていないのでもうちょっと遅い新緑時期か紅葉時期は素晴らしいと思います。
2018年04月19日 14:12撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い自然林が広がり、山深さを感じます。まだ新芽も出ていないのでもうちょっと遅い新緑時期か紅葉時期は素晴らしいと思います。
1726m付近。はっきりした尾根筋をしばらく進んでください。
2018年04月19日 14:17撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1726m付近。はっきりした尾根筋をしばらく進んでください。
モミソノ頭仮看板。
2018年04月19日 14:36撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミソノ頭仮看板。
1
モミソノ頭NEW看板。上手ですね。
2018年04月19日 14:37撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミソノ頭NEW看板。上手ですね。
1594mピークから下ったところ。はっきりした尾根が左右に分岐するところなのですが正解はど真ん中の緩い尾根。自分の位置を確認の上ピンク&赤テープ指示通りで進んでください。
2018年04月19日 14:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1594mピークから下ったところ。はっきりした尾根が左右に分岐するところなのですが正解はど真ん中の緩い尾根。自分の位置を確認の上ピンク&赤テープ指示通りで進んでください。
葉が全然ないのが残念な広くいい森ですよ。
2018年04月19日 14:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉が全然ないのが残念な広くいい森ですよ。
小屋跡のようで、伐採作業を今もしているようです。
2018年04月19日 15:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋跡のようで、伐採作業を今もしているようです。
朝来た大ダワ林道との合流です。
2018年04月19日 15:17撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝来た大ダワ林道との合流です。
帰り道に橋があるっていうのは心強いですね。
2018年04月19日 15:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道に橋があるっていうのは心強いですね。
ひと登りでやっと林道に上がってきました。道柱をよく見るとクモトリ谷って書いてありますね。
2018年04月19日 15:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひと登りでやっと林道に上がってきました。道柱をよく見るとクモトリ谷って書いてありますね。
ツバノ尾根取付き下降ポイント。現在はトラロープが張ってるだけとなっています。
2018年04月19日 16:17撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツバノ尾根取付き下降ポイント。現在はトラロープが張ってるだけとなっています。
日原林道ゲート着。
2018年04月19日 16:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日原林道ゲート着。
お疲れさまでした。今日もよく歩きました。
2018年04月19日 16:45撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れさまでした。今日もよく歩きました。
帰りに日原鍾乳洞先の通行止めゲート見てきました。
工事中看板はあるものの以前あった工事期間の看板、人立入禁止マーク、釣り&登山者立ち入り禁止の張り紙、がありません。ってことは.............☺
2018年04月19日 17:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに日原鍾乳洞先の通行止めゲート見てきました。
工事中看板はあるものの以前あった工事期間の看板、人立入禁止マーク、釣り&登山者立ち入り禁止の張り紙、がありません。ってことは.............☺
撮影機材:

感想/記録

タイトル名の通り、テン泊でなければ行くのがきつい長沢背陵を日帰りで雲取山からちょっとづつ順番につなげて棒ノ嶺までのシリーズ、今回がその第一弾としました。
そのまま登るだけだとつまらないのでできるだけバリエーションルートを経由して、長沢背陵をめぐる計画で今回は大ダワ林道&二軒小屋尾根という日原最深部よりの山行きでした。どちらも山深さを感じる素敵なルート。大人ですから多少の危険は.....
奥多摩の山は楽しいですよ。
次回以降も奥多摩好きな方のご参考になればと思います。
訪問者数:415人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ