また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1431603 全員に公開 ハイキング奥秩父

ちょっとだけ遠回りした 大菩薩嶺 〜夏への抜け道〜

日程 2018年04月20日(金) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
勝沼ICから県道218号で上日川峠まで。
40分程度。
帰りは県道201号で降りたが、218を使った方が多分早いし安全だと思います。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間47分
休憩
36分
合計
3時間23分
S上日川峠10:1410:31小屋平バス停(石丸峠入口)11:15石丸峠11:1611:26熊沢山11:2811:37大菩薩峠11:5612:06親不知ノ頭12:1012:12賽ノ河原12:24神部岩12:2712:33雷岩12:41大菩薩嶺12:48雷岩13:15福ちゃん荘13:2113:34上日川峠13:3513:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
地面の危険個所は無し。
登山口→石丸峠、石丸峠→大菩薩峠までのルートは少し迷いやすいです。
登山道が変わったらしく、結構新しめの看板が設置されていました。
国土地理院のマップは古いままなので、現地の標識や慣れている方ならご自身の直感を優先してルートを決めた方が良いと思います。
その他周辺情報上日川峠に公衆トイレあり。
ペーパーも置いてあるのを見ました。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

ロッヂ長兵衛までの全線開通した翌週の金曜日AM10時時点で一番近い駐車場が7割くらい。
ここ以外にも広大な駐車場が複数ある。
2018年04月20日 10:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロッヂ長兵衛までの全線開通した翌週の金曜日AM10時時点で一番近い駐車場が7割くらい。
ここ以外にも広大な駐車場が複数ある。
ロッヂ長兵衛から入山。
2018年04月20日 10:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロッヂ長兵衛から入山。
1
まずは石丸峠へ。
2018年04月20日 10:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは石丸峠へ。
最初は緩い下り坂を進む。
2018年04月20日 10:18撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は緩い下り坂を進む。
この辺の山域は苔が多い。
南アルプスみたいな感じ。
2018年04月20日 10:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺の山域は苔が多い。
南アルプスみたいな感じ。
1
途中何度か沢を渡ります。
雨上がり直後はどうなっているか分かりません。
2018年04月20日 10:28撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中何度か沢を渡ります。
雨上がり直後はどうなっているか分かりません。
3
途中で車道に二回出ます。一回目。
2018年04月20日 10:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で車道に二回出ます。一回目。
車道二回目。
2018年04月20日 10:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道二回目。
30分程度で明るい尾根に出る。
2018年04月20日 10:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分程度で明るい尾根に出る。
石丸峠までの後半はずっと開けた尾根道。
すごく気持ちがいい。
2018年04月20日 11:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石丸峠までの後半はずっと開けた尾根道。
すごく気持ちがいい。
3
ここは冬季だとかなり怖いトラバースになりそう。
2018年04月20日 11:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは冬季だとかなり怖いトラバースになりそう。
3
石丸峠が見えた!
2018年04月20日 11:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石丸峠が見えた!
2
風が気持ちよすぎます!
2018年04月20日 11:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が気持ちよすぎます!
2
ここまでくるとさすがにでかい!
2018年04月20日 11:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでくるとさすがにでかい!
6
石丸峠到着!
2018年04月20日 11:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石丸峠到着!
3
石丸峠から尾根伝いに大菩薩峠を目指す。
ここでルートミス。
写真中央に見える笹が無いベルト部を上がるのは間違い。
左に延びる道を行くのが正解です。
(最終的には合流しますが、標識の矢印の向きに惑わされないようにしたい。)
2018年04月20日 11:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石丸峠から尾根伝いに大菩薩峠を目指す。
ここでルートミス。
写真中央に見える笹が無いベルト部を上がるのは間違い。
左に延びる道を行くのが正解です。
(最終的には合流しますが、標識の矢印の向きに惑わされないようにしたい。)
1
大菩薩峠到着。
定番のアングル。
2018年04月20日 11:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩峠到着。
定番のアングル。
4
南アルプス。
甲斐駒から聖まで全部見えていたのにやっぱりこのカメラだと映らないみたい。
2018年04月20日 11:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス。
甲斐駒から聖まで全部見えていたのにやっぱりこのカメラだと映らないみたい。
2
石丸峠までは人がほとんどいなかったけど、大菩薩峠から先は一気に人が増えた感じ!
とは言え、会った人は全員で20から30人くらい。
2018年04月20日 11:39撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石丸峠までは人がほとんどいなかったけど、大菩薩峠から先は一気に人が増えた感じ!
とは言え、会った人は全員で20から30人くらい。
2
このカメラの特性がわかってきた。
逆光になるほどに色が抜けてしまう。
暗いところに明るさがあってしまい、少しでも明るいところは白くなる。
2018年04月20日 11:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このカメラの特性がわかってきた。
逆光になるほどに色が抜けてしまう。
暗いところに明るさがあってしまい、少しでも明るいところは白くなる。
2
こんな景色を眺めながらランチ。
気持ちいい!
2018年04月20日 11:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな景色を眺めながらランチ。
気持ちいい!
3
これからこの尾根を進んでいきます。
2018年04月20日 11:56撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これからこの尾根を進んでいきます。
ランチを済ませ大菩薩嶺に向けて歩みを進めます。
2018年04月20日 11:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランチを済ませ大菩薩嶺に向けて歩みを進めます。
これから進んでいく道。
見るからに気持ちよさそう!
2018年04月20日 12:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進んでいく道。
見るからに気持ちよさそう!
八ヶ岳が見えてきた。
2018年04月20日 12:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳が見えてきた。
2
八ヶ岳ズーム!
2018年04月20日 12:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳ズーム!
3
ここら辺は風が抜けて最高に気持ちいい!
2018年04月20日 12:11撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここら辺は風が抜けて最高に気持ちいい!
3
今回のルートで唯一の岩場。ショボかった。
2018年04月20日 12:17撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のルートで唯一の岩場。ショボかった。
今日初めて雲を見た気がする。
2018年04月20日 12:18撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日初めて雲を見た気がする。
2
最後の急斜面。
2018年04月20日 12:22撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急斜面。
2,000メーターのビューポイントから振り返る。
写真左側の霊山を歩いてきた。
2018年04月20日 12:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2,000メーターのビューポイントから振り返る。
写真左側の霊山を歩いてきた。
3
この山を降りたらもっと近くで富士山を見に行こう!
2018年04月20日 12:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山を降りたらもっと近くで富士山を見に行こう!
3
雷岩から。
写真映えしなかったので、お姉さん方3名のお背中をお借りいたしました。
2018年04月20日 12:35撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷岩から。
写真映えしなかったので、お姉さん方3名のお背中をお借りいたしました。
7
大菩薩嶺到達!
何も見えないし、風も抜けず良い場所ではないので10秒で撤退。
2018年04月20日 12:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺到達!
何も見えないし、風も抜けず良い場所ではないので10秒で撤退。
3
雷端から大菩薩嶺までの間は地面がぬかるんでいた。
こういうところは許された範囲でできるだけ高いところは歩いた方が歩きやすいです。
2018年04月20日 12:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷端から大菩薩嶺までの間は地面がぬかるんでいた。
こういうところは許された範囲でできるだけ高いところは歩いた方が歩きやすいです。
1
雷岩から上日川峠に向けて下山開始!
2018年04月20日 12:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷岩から上日川峠に向けて下山開始!
このルートはとてもよく整備されていて歩きやすい!
2018年04月20日 12:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルートはとてもよく整備されていて歩きやすい!
2
福ちゃん荘に到着!
2018年04月20日 13:19撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福ちゃん荘に到着!
3
福ちゃん荘から上日川までの道はこんな感じ。
とても整理されていて歩きやすい。
2018年04月20日 13:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福ちゃん荘から上日川までの道はこんな感じ。
とても整理されていて歩きやすい。
福ちゃん荘から長兵衛までは車道と登山道がほぼ平行して走っている。
どちらを降りても距離や時間はほとんど変わらなそう。
でもやっぱり登山道を降りるべきでしょう!
2018年04月20日 13:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福ちゃん荘から長兵衛までは車道と登山道がほぼ平行して走っている。
どちらを降りても距離や時間はほとんど変わらなそう。
でもやっぱり登山道を降りるべきでしょう!
2
ロッヂ長兵衛まで下りてきた!
2018年04月20日 13:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロッヂ長兵衛まで下りてきた!
下山完了!
終始気持ちよかった!
2018年04月20日 13:34撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山完了!
終始気持ちよかった!
2
帰りに富士山を見るために河口湖に行ってみた!
やっぱり富士山でかい!
2018年04月20日 14:59撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに富士山を見るために河口湖に行ってみた!
やっぱり富士山でかい!
2
まだ五合目から上は冠雪している。北斜面だしね。
2018年04月20日 15:01撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ五合目から上は冠雪している。北斜面だしね。
4
湖面を抜ける風が凄くきもちよかった
2018年04月20日 15:01撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖面を抜ける風が凄くきもちよかった
3
定番のソフトクリームで富士山に乾杯!
2018年04月20日 15:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定番のソフトクリームで富士山に乾杯!
2
富士と言う名前が付く山が日本全国に200カ所以上あるらしい。
自分の地元はこの辺かな!
2018年04月20日 15:19撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士と言う名前が付く山が日本全国に200カ所以上あるらしい。
自分の地元はこの辺かな!
2
シメとしてふじやま温泉に寄ってみた!
まぁ、いい場所だと思うけど1,400円はちょっと高いかも?
2018年04月20日 16:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シメとしてふじやま温泉に寄ってみた!
まぁ、いい場所だと思うけど1,400円はちょっと高いかも?
2
撮影機材:

感想/記録

今週もまたゆるハイク!
それでも直登直降ではあまりに楽すぎて、遊歩道しか歩けない感じだったので、石丸峠を経由。
石丸峠へ向かうルートやそこから大菩薩峠のルートは少し迷いやすいですが、登山道らしい雰囲気で、後半は視界も開けて富士山や南アルプスの山々を一望できるのでオススメです!

今回たどったルートとは逆周りをしている方の方が多いように感じました。
個人的には太陽に背を向けて登るのが好きです。
そらの青さを感じながら登りたいから・・・。

あと、印象的だったのがこの山はとても女性が多いということ。
一般的な登山道の男女比率ってたいてい6対4くらいに思えるけど、ここは3対7くらいに感じました。
理由は不明。

10時過ぎに入山したときには、さわやかな春の陽気だったけど、大菩薩峠の先は初夏の雰囲気を全身に感じた。
人を待たずに季節だけはどんどん先へと進んでいく。
この日が特別暑かったのかもしれないけど、やっぱり山に登った時がいちばん季節を感じる瞬間です!
訪問者数:462人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/1/23
投稿数: 1
2018/4/22 13:01
 Thank you!
背中をお貸ししたお姉さんです(笑)
今回の山行で唯一の3人揃っての写真! ありがとうございます。とても嬉しいです。
登録日: 2012/11/18
投稿数: 41
2018/4/22 22:52
 Re: Thank you!
先ほど、慣れないスマホの画面からメッセージを送ったら変な送り方をしてしまったようです。
天気が良くて最高の登山日和でしたね!
こちらこそありがとうございました。
おかげさまでとても良い写真が撮れました!
またどこかでお会いできることを楽しみにしております♪

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

直登 撤退 クリ ロッヂ 温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ